ニュース
» 2015年09月03日 18時28分 UPDATE

ヤマハ、FM補完放送に対応した据置型AM/FMチューナー「T-S501」「T-S1100」

ヤマハは据置型のFM/AMチューナー「T-S501」「T-S1100」を11月上旬に発売する。FM補完放送にも対応。

[ITmedia]

 ヤマハは9月3日、FM補完放送にも対応した据置型のFM/AMチューナー「T-S501」「T-S1100」を発表した。プリメインアンプなどと組み合わせて使用する単体コンポーネント。11月上旬に発売予定で、価格は「T-S501」が3万5000円、「T-S1100」は7万5000円(税別)。

ts_yamahat03.jpg 「T-S501」(左)と「T-S1100」(右)

 身近なオーディオソースとして人気のFM放送だが、今年になってアナログ地上波テレビの“跡地”(90.1M〜95MHz帯)を使用してAMラジオ局の放送を楽しめる「FM補完放送」が始まり、「トラディショナルな単品コンポでも対応した製品を求める声が多かった」(ヤマハ)という。

ts_yamahat01.jpg 「T-S501」

 そこでヤマハでは、2009年に発売した「T-S500」のFMチューナーをワイドバンド対応とした「T-S501」、およびこれをベースに音質とデザインを見直したハイグレードモデルとして「T-S1100」を開発。いずれも単体機ならではの音質に加え、アナログライクな操作感覚が楽しめるアルミ製チューニングダイヤル、シルバーヘアライン加工仕上げのフロントパネルなどを採用している。

ts_yamahat02.jpg 「T-S1100」はサイドウッド付き

 さらに「T-S1100」には大型の高剛性シャーシや鋳鉄製レッグ、インレット式電源などの専用チューニングを追加。ピアノブラック仕上げのサウドウッドも備え、同社のオーディオコンポーネント「S3000」シリーズなどとのマッチングを図った。

 「T-S501」のサイズは435(幅)×87(高さ)×306(奥行き)ミリ。重量は3.2キログラム。一方の「T-S1100」は435(幅)×94(高さ)×450(奥行き)ミリ。重量は5.8キログラム。どちらもFM簡易アンテナ、AMループアンテナ、ステレオピンケーブルが付属する。

関連キーワード

ヤマハ | アンテナ | オーディオ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.