ニュース
» 2015年10月13日 14時18分 UPDATE

協力ゲー:アルスラーン戦記のボードゲーム、タカラトミーから登場

タカラトミーが、アニメ「アルスラーン戦記」の世界観を再現したボードゲームを発売。プレイヤー全員で勝利を目指す協力型ゲームだ。

[ITmedia]

 タカラトミーは10月13日、原作・田中芳樹氏、漫画・荒川弘氏の歴史ファンタジー「アルスラーン戦記」の世界観を再現したボードゲーム「アルスラーン戦記 ボードゲーム 盤上演義」を発表した。17日から全国の玩具専門店や量販店、オンラインショップなどで販売する。希望小売価格は6000円(税別)。

photo 「アルスラーン戦記 ボードゲーム 盤上演義」©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

 各プレイヤーが作中に登場するキャラクターを担当し、カードやコマを使いながら各ステージのクリアを目指す協力型のボードゲーム。詳細なルールはまだ明かされていないが、プレイヤー全員が勝利するか敗北するかのいずれかがゲームの終了条件となる。

photo パッケージのイメージ

 ゲームデザインはホビージャパンの景山太郎氏が担当しており、「初心者から上級者まで楽しむことができ、アナログゲームファンにも満足してもらえるよう戦略性・やりこみ度の高いゲームデザインにした」という。ゲーム内で使うカードは、描きおこしイラストを多数収録している。

photo ゲーム内で使うカードは、描きおこしイラストを多数収録

 プレイ人数は2〜4人で、プレイ時間は約30分(4ステージ収録で、1ステージ約30分)。対象年齢は15歳以上。本体サイズは220(幅)×60(奥行き)×300(高さ)ミリ。キャラクターカード×13、パルスカード×42、イベントカード×36、キャラクターコマ×16、コマ台座×6、敵部隊コマ×50、サイコロ×2、ステージボード×4、マーカーチップシート×2、ルールシート×1が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.