ニュース
» 2015年10月13日 16時30分 UPDATE

ついにハイレゾ対応:フォステクス、ハイレゾ対応DAC内蔵アンプやスピーカーを10月中旬発売

DAC内蔵小型アンプ「PC200USB-HR」がFOSTEX(フォステクス)から1万7800円(税別)で登場。別売P802-Sとの組合せでコンパクトで低価格なハイレゾ対応システムが構築できる。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 フォステクスカンパニーは10月13日、FOSTEX(フォステクス)ブランドからパーソナル・アンプ「PC200USB-HR」、ボリュームコントローラー「PC100d-HR」、バックロードホーンスピーカーシステム「BK40H」を発表した。価格はPC200USB-HRが1万7800円、PC100d-HRが9800円、BK40Hがペアで1万2800円(すべて税別)。いずれも、10月中旬発売予定。

PC200USB-HR

hm_fo01.jpg PC200USB-HR

 本製品は、2014年発売のPC200USBをベースにハイレゾに対応化、アンプ部も従来の5ワット+5ワットのアナログから、15ワット+15ワットのデジタルアンプへと強化している。別売のハイレゾ対応スピーカーシステム「P802-S」(2015年発売、価格はペアで1万円)との接続でコンパクトなハイレゾ対応PCオーディオシステムの構築が可能になった。

 再生周波数特性は20〜4万Hz(8オーム時)、インピーダンスは32オーム以上、全高調波ひずみ率は0.1%。インタフェースは3.5ミリステレオミニ×1、USBコネクターB。対応サンプリング周波数は32、44.1、48、88.2、96kHz/16、24bit。

hm_fo02.jpg

 本体サイズは95(幅)×86(奥行き)×52(高さ)ミリ、重量は約363グラム(機材含まず)。USBケーブル(1メートル)、スピーカーケーブル(1.5メートル)×1セット、ACアダプターが付属する。

PC100d-HR

hm_fo03.jpg PC100d-HR

 PC100d-HRはDAC搭載ボリュームコントローラー。角型光デジタル入力(S/P DIF)を搭載し、ハイレゾにも対応した。

 DAC部は、最高192kHz/24bitまで対応。ハイレゾ音源の入力も可能だ(PCM方式のみ対応)。出力はRCAピン端子に加え、3.5ミリステレオミニ(最大出力20ミリワット+20ミリワット)も搭載。ヘッドフォンアンプとしても利用できる。

 本体サイズは66(幅)×70(奥行き)×44(高さ)ミリ、重量は約210グラム。ACアダプター、電源用USBケーブル、RCAピンケーブルが付属する。

BK40H

hm_fo04.jpg BK40H

 BK40Hは、コンパクトサイズのバックロードホーンスピーカー。3ピースの木製エンクロージャーを採用し、リアルな中域とサイズを超えた低音再生を実現するという。本体カラーはブラックとホワイトの2色展開。

hm_fo05.jpg BK40Hはスラントデザインを採用

 40ミリ径フルレンジスピーカーを採用する。2個の大型マグネットを搭載して駆動力を高めた。定格入力は2ワット(最大入力6ワット)、インピーダンスは8オーム。再生周波数帯域は100〜3万2000Hz、感度は78db/ワット(1メートル)。

 本体サイズは、73(幅)×166(奥行き)×209(高さ)ミリ、重量は約950グラム(1台あたり)。スピーカーケーブル(1.5メートル)×2本が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.