ニュース
» 2015年10月22日 15時30分 UPDATE

「秋のヘッドフォン祭 2015」に出展:クリプシュ、カナル型イヤフォン「Xシリーズ」を刷新し11月中旬に発売――ハイレゾ対応「X20i」など4機種

フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)のカナル型イヤフォンの新Xシリーズ4製品を発表した。価格は2万7800円前後(税別)から。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)のカナル型イヤフォンXシリーズを刷新、4製品を11月中旬に発売する。価格はすべてオープンプライス。10月24日から東京・中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭2015」にて各製品を試聴できる。

ハイレゾ対応の「X20i」

hm_kl01.jpg ハイレゾ対応の「X20i」

 X20iは、新開発の高周波スーパーツィータ―「KG-125」と、フルレンジバランスド・アーマチュア型(以下、BA型)ドライバー「KG-926」を搭載したハイエンド製品。重量は22グラムとコンパクトながら、再生周波数特性は5〜4万Hz、感度は111dB、インピーダンスは50オームを実現し、同社は「世界最小プレミアムハイレゾイヤフォン」とうたう。市場想定価格は、7万2800円前後(税別)。本体カラーはブラックのみ。

 ウーファー部にはSonionのAcuPassテクノロジーを採用したことで、「ウーファーとの干渉が極小化され、より広い帯域幅のスムーズなレスポンスを実現した」という。

 ハウジングには、丈夫で軽量な耐蝕性(たいしょくせい)の高いサージカルステンレスを採用する。ケーブル部は新開発のReferenceケーブルで、交換可能なネジ式同軸のSSMCXコネクタを採用し、リケーブルに対応。MFi認証の3ボタンリモコンマイクが付属する。プラグ形状は3.5ミリステレオミニだが、バランスモードタイプのケーブルも今後リリース予定だ(発売時期未定)。

 本革ウォレット、ケーブルクリップ、6つの異なるサイズの新設計「Over Ear Tips」が付属する。

X12i

hm_kl02.jpg X12i

 X12iは、上位機X20iにも採用されているフルレンジのBA型ドライバー「KG-926」1基を搭載したX11iの後継モデル。市場想定価格は、4万5000円前後(税別)。本体カラーはブラックのみ。

 再生周波数特性は5〜1万9000Hz、感度は110dB、インピーダンスは50オームで、重量は15グラム。プラグ形状は3.5ミリステレオミニタイプで、MFi認証の3ボタンリモコンマイクが付属する。キャリングケース、ケーブルクリップ、5つの異なるサイズの「Over Ear Tips」が付属する。

XR8i

hm_kl03.jpg XR8i

 XR8iは、BA型ツィータ―「KG-723」とダイナミック型ウーファー「KG-065」を採用したハイブリッドモデル。「ハウスミュージックやトランス、EDMサウンドなどのリスニングに最適」という。市場想定価格は、3万6800円前後(税別)。本体カラーはブラックのみ。

 逆タマゴ型の楕円形をおしだしたような形状と中心軸をずらして斜上に向けて取り付けられたノズルによって「小型イヤフォンのよう装着感」をうたう。また、亜鉛ダイカストと一体成型されたエラストマー複合材を採用した2層構造ハウジングで設計され、高い耐久性を誇る。

 再生周波数特性は10〜2万Hz、感度は110dB、インピーダンスは50オーム、重量は25グラム。プラグ形状は3.5ミリステレオミニタイプで、MFi認証の3ボタンリモコンマイクを装備。キャリングケース、ケーブルクリップ、5つの異なるサイズの「Over Ear Tips」が付属する。

X6i

hm_kl04.jpghm_kl05.jpg 「X6i」ブラック(写真=左)、ホワイト(写真=右)

 X6iは、シングルBA型ドライバー「KG-723」を搭載したエントリーモデル。市場想定価格は2万7800円前後(税別)。本体カラーはブラックとホワイトの2種類。

 上位機のXR8iと同様に、亜鉛ダイカストと一体成型されたエラストマー複合材を採用した2層構造ハウジングで設計、高耐久性を実現した。

 再生周波数特性は10〜1万9000Hz、感度は110dB、インピーダンスは50オーム、重量は18グラム。プラグ形状は3.5ミリステレオミニタイプで、MFi認証の3ボタンリモコンマイクを装備。キャリングケース、ケーブルクリップ、5つの異なるサイズの「Over Ear Tips」が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.