ニュース
» 2015年12月03日 22時28分 UPDATE

センスが問われます:色を塗ると絵が飛び出す“3Dぬり絵”

KADOKAWAがクロマデプス方式の立体視を活用した3Dぬり絵ブックを発売。色の塗り方で立体感が変わる。

[ITmedia]

 KADOKAWAは12月3日、「描いて飛び出すぬり絵ブック 世界の美しい街」を発売した。簡単な指示にしたがって配色を決めて塗り、付属の「特製3Dメガネ」を装着して見ると、 絵がページから立体的に飛び出して見えるという。

ts_nurie01.jpg 「描いて飛び出すぬり絵ブック 世界の美しい街」

 クロマデプス方式の立体視を活用したぬり絵。クロマデプスは、専用メガネを使い、対象の色相(クロマ)の変化を奥行きの違いとして捉えるもので、例えば背景に溶け込ませたい部分には寒色を使い、飛び出させたい部分に暖色を塗ると、「手描きの絵に驚くほどの奥行きが生じる」(同社)。アナグリフなど視差の異なる2枚の絵を使う方式と異なり、専用メガネが持つプリズム効果によって1枚の絵から左右の絵を分離するため、メガネのないときでも普通に絵として楽しめる。

ts_nurie02.jpgts_nurie03.jpg 塗るときは発色の鮮やかな色鉛筆やマジックペンがオススメ

 ぬり絵の著者は、英国在住のイラストレーター、ハンナ・デービス氏。同氏が頭の中でイメージした都市の風景やランドマークを細かいタッチで描いたという。なお、塗り方によって飛び出し方も変わるため、KADOKAWAでは「塗るだけではなく、どう塗るかのセンスも問われるぬり絵」としている。センスに自信のある方は是非。価格は1400円(税別)。

関連キーワード

イラスト | 3Dメガネ | 立体視


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.