ニュース
» 2015年12月11日 11時00分 UPDATE

米Cypher LabsからBA型ドライバー3基搭載のIEM「C6iem V2」が登場

ミックスウェーブは、米Cypher Labsの「C6iem V2」を12月15日に発売する。これまでポータブル用のDACやアンプを販売してきたCypher Labsが送り出した、初めてのIEM(インイヤー・モニター)だ。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ミックスウェーブは12月11日、米Cypher LabsのIEM(インイヤー・モニター)「C6iem V2」(CYP-5999)を12月15日に発売すると発表した。価格はオープンプライス、市場想定価格は9万4500円(税別)。同社初となるバランスド・アーマチュア型(BA型)ドライバーを3基搭載するモデルだ。

hm_cy01.jpg 米Cypher LabsのIEM(インイヤー・モニター)「C6iem V2」(CYP-5999)。フェイスプレートはカーボン調デザインを採用
hm_cy02.jpg

 ドライバー構成は、Low×1、Mid×1、High×1の3Wayで、「豊かな重低音を目指したサウンドデザイン」(同社)となっている。筐体(きょうたい)は、人間工学に基づき3Dプリンターで正確に作り上げ、長時間の着用でも疲れないという。

 再生周波数特性は20〜1万8000Hz、入力感度は119dB/1mW、インピーダンスは36オーム。ケーブル長は約120センチで、入力端子は3.5ミリステレオミニ、出力端子は2pin端子。重量は約24g。キャリングケース、ソフトケース、イヤーチップ、クリーニングツール、1/4変換アダプター、保証書などが付属する。

hm_cy03.jpg 付属品

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.