ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人間工学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人間工学」に関する情報が集まったページです。

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「16インチMacBook Pro」登場 プロ向けに再構築された新モデルを速攻レビュー
Appleがまたも新しい「Pro」モデルを投入。今度は大型化して性能を大幅に引き上げた「16インチMacBook Pro」だ。いち早く実機のインプレッションをお届けする。(2019/11/13)

心地よさの秘密は? AirPods Proの考え抜かれたUX
Appleの担当者から直接ブリーフィングを受けた筆者が、AirPods Proの「心地よさ」に迫る。(2019/10/31)

キューブ型でかわいい 手のひらサイズのカラープリンタ「PrinCube」に注目が集まる
どこにでも持ち運びが可能!(2019/10/29)

ハロー、自作キーボードワールド 第1回前編:
なぜ日本で「自作キーボード」が流行り出したのか そのきっかけを振り返る
日本で自作キーボードが盛り上がった経緯や、自作キーボードの魅力、2019年版自作キーボード入門法などを前後編でまとめた。(2019/10/21)

PR:イケてるオフィスはどう作る? 生産性を上げる最新オフィス事情
働き方改革が進むなか、オフィスデザインそのものを再考する「オフィス改革」に取り組む企業が増えている。オフィス家具メーカー、産業医、IT機器メーカー、それぞれの立場から見た“ワークスペース”のトレンドを聞いた。(2019/9/19)

産業用ロボット:
遠隔サポート、生産情報の見える化に対応するロボットコントローラー
ダイヘンは、ロボットの導入から高度な自動化まで幅広いニーズに対応するロボットコントローラー「FD19」を発売した。ロボットに関する情報を同社のサービスセンターと通信し、ロボットの状態を遠隔で的確に把握する。(2019/9/12)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
最新鋭ドライブシミュレータに見たバーチャルとリアルの曖昧な境界
日産の最新型ドライブシミュレータを体験して考えたこと。(2019/7/26)

VRニュース:
アウディが新車の生産プロセスをVRで検証、ドイツとメキシコのやりとりにも活用
Audi(アウディ)は2019年7月19日、電気自動車(EV)「e-tron GT」を生産するネッカーズルム工場のにおいて、組み立てプロセスと関連する物流プロセスの検証を全てVR(仮想現実)上で行ったと発表した。VR活用により拠点を超えたコラボレーションが容易になり、リソースの節約も達成できたとしている。生産設備や建屋まで3次元スキャンすることが生産ラインのVR化の基盤になったという。(2019/7/25)

ITはみ出しコラム:
ノートPCとスマホのバッテリーが膨らんでしまった理由
2018年4月末に買った仕事用のノートPC。最近キーボードがゆがんでいる気がしてよく見たら、内蔵のバッテリーが膨らんでしまっていました。(2019/7/14)

折りたたみ傘サイズの携帯椅子 気軽に伸ばして使えるシンプルなT字型
目立ちすぎないシンプルデザインがよさげ。(2019/7/8)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
3つのユーザーグループで考える、生産性を高めるためのデバイス配備とは?
テクノロジーは企業が目標を達成する上で大きな役割を果たすが、古いPCを使用していたり適切なデバイス配布が行われていなかったりすると、生産性は著しく損なわれる。ワークライフバランスを向上させる、ITへの適切な投資の形とは?(2019/6/19)

スマートファクトリー:
“人”の働きを自然に助ける“日本らしい”スマート工場へ、産総研が団体設立
産業技術総合研究所は2019年6月10日、「『人』が主役となるものづくり革新推進コンソーシアム(Consortium for Human-Centric Manufacturing Innovation、以下HCMIコンソーシアム)」の設立総会を開催し、同コンソーシアムでの取り組み内容を発表した。(2019/6/12)

Xiaomi系ゲーミングスマホ「Black Shark2」6月7日発売 価格は9万9880円
TAKUMI JAPANは、6月7日にゲーミングスマートフォン「Black Shark2」を発売。快適なゲーム環境を維持するため、端末温度が高くなる場所を冷却する液冷システムなどを搭載している。日本初上陸を記念し、先着3000人限定で公式ゲームパット+プロテクターケースをプレゼントする先行予約販売キャンペーンを実施する。(2019/5/29)

Beats版AirPods「Powerbeats Pro」、そのこだわりは?
Beats by Dr. Dreによる完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」。そのハンズオンレポート。(2019/4/24)

え? 「VRゴーグル」標準装備!? アウディが自動運転の未来カー「Audi AI:ME」を世界初披露
クルマが家庭と職場に次ぐ「第3の生活の場」になる。(2019/4/15)

東京メトロのスタンダードなのに:
昭和から続く「おむすび型」吊り手が、丸ノ内線新型車両で消えた理由
東京メトロのスタンダードな吊り手に「おむすび型」がある。昭和の時代に人間工学の観点から開発されたもので、つかみやすい。丸ノ内線新型車両2000系に採用されなかった理由とは?(2019/4/13)

PR:コンドームだけじゃない! 知らないところでお世話になってるオカモト商品のすごさを聞いた
ゴム! プラスチック! ゴム! プラスチック!(2019/3/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Mazda3に見るマツダの第7世代戦略
北海道上川郡剣淵町のテストコースで開催されたマツダの雪上試乗会にMazda3が用意された。筆者はすでに北米での試乗会で運転して、十分以上に驚いた後なのだが、さらにもう一度驚かされた。(2019/3/11)

メカ設計ニュース:
人間工学に基づいた使いやすい制汗デオドラント剤の容器を共同開発
パナソニックとマンダムは、マンダムが発売する「制汗デオドラント剤ロールオン」の容器を共同で開発した。使用シーンや使用行動などにおけるマンダムの知見と、人間工学などのパナソニックの知見を融合させた。(2019/3/1)

MWC19 Barcelona:
Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」、間近で見た印象は? 写真でじっくり解説
Huaweiが折りたたみスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表。プレスカンファレンスの終演後、HUAWEI Mate Xの実機を間近に見て、撮影することができた。実機に触れることはできなかったが、ケース越しに見たMate Xの印象は……。(2019/2/25)

セルラーLPWA:
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
「5G NR Phase 1(3GPP Release 15)」の標準仕様が完成し、5G(第5世代移動通信)はまた一つ、大きなマイルストーンに到達した。その中で、注目を集めているのが5GにおけるLPWA(Low Power Wide Area)、具体的には「NB-IoT」「LTE-M」の位置付けだ。(2019/1/18)

MONOist IoT Forum 東京2018(後編):
未来は予測できる、GAFAの隙間技術で勝負することが日本企業の生きる道
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2018年12月18日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。後編ではVALUENEX 代表取締役社長の中村達生氏によるランチセッション「大量の情報を俯瞰して未来を拓く」とその他の講演内容について紹介する。(2019/1/15)

ウェアラブルニュース:
保護メガネメーカーが作ったスマートグラス、ソニーのホログラム導光板を採用
スポーツ用アイウェアや産業用保護メガネなどを手掛ける山本光学は、軽量かつデタッチャブル式のスマートグラス「Versatile(バーサタイル)」を開発したと発表した。(2019/1/15)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
実は生産性が低かったマルチタスク型社員――人間工学で考える効果的な改善策
近年の研究では、マルチタスクは生産性を向上させるどころか、最大40%も低下させる可能性があることが分かっている。一方でプロフェッショナルな業務は流動的かつ複雑で、マルチタスクが避けられない。彼らをどうサポートすればいいのか。(2019/6/19)

4つのテーマを分析
「2018年初頭のIoTトレンド予想」は的中した? “答え合わせ”と2019年予想
「IoTは激動を迎えるだろう」と考えた2018年初頭の予想はどれだけ的中したか。「セキュリティ」「産業IoT」「通信事業者との連携」「ウェアラブルデバイス」という4つのテーマで、答え合わせと2019年以降を予想する(2018/12/16)

時代は“尻” 「お尻型枕」がクラウドファンディングに登場、目標金額を達成し発売へ
海外にもなかなかの猛者がいるようで……。(2018/12/2)

車載情報機器:
クルマの操作に関する音声認識は自前で、だからこそ「ハーイ、メルセデス」
メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、東京都内で会見を開き、コンパクトカー「Aクラス」の新モデルを発表した。音声認識機能を充実させた新開発のインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)」を初めて採用したモデルとなる。(2018/10/19)

指を置くだけでロック解除 指紋センサー内蔵ディスプレイ、ファーウェイが新型スマホで採用
ディスプレイに指紋センサーを内蔵したスマートフォンを中国Huaweiが発売する。(2018/10/17)

OKAMURA Design Space R企画展:
新居千秋氏が4室の茶室を配し、“糸”と照明色で日本建築のスケールと光を再現
オカムラデザインスペースRで、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コンセプトに毎年開催されてる企画展が第16回目を迎え、2018年10月17日まで開催されている。今展では、建築家・新居千秋氏(東京都市大学客員教授)を招き、「Somesthetic-身体性-」をテーマに作品を展開した。(2018/10/10)

建設・測量生産性向上展:
計測スピード最大200万点/秒のポータブルレーザースキャナー、3次元点群データを2分で生成
ライカジオシステムズは、計測用のポータブルタイプのレーザースキャナー「Leica RTC360 3D レーザースキャナー」を2018年秋に発売する。(2018/9/21)

ケーブルなしで快適音楽! 最新のBluetoothイヤフォンを比較する(左右分離タイプ編)
イヤフォンマイク端子を備えないスマートフォンの増加に伴い、Bluetoothイヤフォンのラインアップが充実してきている。この記事では、「完全ワイヤレス」として最近話題になることも多い、左右分離(独立)タイプのBluetoothイヤフォンを紹介する。【訂正】(2018/9/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
富士重工とSUBARUのフォレスター
SUBARUが7月中旬に新型フォレスターを発売した。と書き出すと「なぜ9月も半ばなのに、今それが記事になるのか?」と思う人もいるかもしれない。実は新型フォレスターのパワートレーンは2種類で、そのうち「e-BOXER」と名付けられたマイルドハイブリッドモデルがこの9月14日に追加発売になったのだ。出来栄えはどうなのか、意見を述べたい。(2018/9/18)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

初代iPhoneのUI設計は困難を極めた
元Appleヒューマンインタフェース担当デザインディレクターの会話メモが公開された。(2018/8/29)

ロジクール初の縦型マウス「MX Vertical」は税別1万2880円
ロジクールが「ロジクール MX Vertical」の国内製品発表会を開催。握手をするときのようにマウスをホールドするユニークな形状の意図を解説した。国内の参考価格は税別1万2880円。(2018/8/27)

サンワ、エルゴノミクス形状のトラックボール内蔵キーボード
サンワサプライは、キーレイアウトを左右に分離したエルゴノミクス設計のUSBキーボード計2製品を発売する。(2018/8/24)

専門知識が重要
「未来の会議室」にはIT部門の知恵と管理能力が求められる
企業が「未来の会議室」を評価している。エンドユーザーにとっての使い心地が一貫した会議室を作り出すには、IT部門はこのプロジェクトを主導する必要がある。(2018/8/10)

エレメーカーが展望する車の未来:
自動運転、カーシェア……車の未来を照らすスタンレー
自動車のヘッドランプを始めとして、各種の光デバイスに関して高い技術力を持つスタンレー電気。同社で先進技術担当取締役を務める貝住泰昭氏に、未来の自動車で生まれる光デバイスのビジネスチャンスを聞いた。(2018/7/3)

【マンガ】「PCのマウスの感度は、“あの世界的ネズミキャラ”で測る」って知ってた?
ハハッ!(2018/6/28)

ロジクールマウス愛好家に朗報 名機「M950」と「M905」が3年ぶりの完全復刻
復刻版は製品名の末尾に「t」が付いているだけで、仕様は元の機種とまったく同じ。(2018/6/19)

医療機器ニュース:
勝てば製品化費用1億円、トヨタの下肢まひ者向け補装具の開発コンテスト
トヨタ・モビリティ基金が主催する下肢まひ者向け補装具の開発コンテスト「モビリティ・アンリミテッド・チャレンジ」は、約2カ月後の2018年8月15日に応募締め切りを迎える。モビリティ・アンリミテッド・チャレンジは開発支援資金として、上位チームに総額400万ドル(約4億4200万円)を提供する取り組みだ。(2018/6/19)

Appleがタッチ画面MacBookを考えていない理由
何度も繰り返される質問「MacBookはタッチ対応にならないの?」に対する回答。(2018/6/11)

人とくるまのテクノロジー展2018:
自動運転車の実現に必要な「10の協調」
自動運転は実現した際に「自動車」という工業製品の枠を超えた影響を及ぼす可能性を秘めているが、その実現には必要な「10の協調」が存在する。人とくるまのテクノロジー展で行われた、経済産業省・丸山晴生氏の講演から紹介する。(2018/5/29)

Anker、新しいオーディオブランド「Soundcore」を発表
Ankerは家電ブランドとして展開しているEufyに加え、新オーディオブランドとしてSoundcoreを投入する。(2018/4/30)

自動車部品メーカー・東プレはなぜ高級キーボードを作り始めたのか 「REALFORCE」17年の進化の歴史
なぜREALFORCEは、「高級キーボード」という概念がなかった時代に生まれたのか。(2018/5/5)

15度の“プレリクライニング”:
ピーチ、19年からRECARO製シート導入 足元快適、背中にフィット
ピーチが、19年から独RECARO Aircraft Seating製のシート「SL3510」を導入する。快適性が高くスリムな構造のシートで、一般的なエコノミークラス向けシートよりも約40%軽い。機内での顧客満足度を高める狙い。(2018/4/12)

“音楽”と“周囲の音”を同時に聞けるイヤフォン「Xperia Ear Duo」発売 使い勝手は?
ソニーモバイルが、耳をふさがないイヤフォン「Xperia Ear Duo」を4月21日に発売する。周囲の音も聞きながら音楽を楽しむ「デュアルリスニング」スタイルを提案。国内向けには、音声でLINEのメッセージを送信できる機能を搭載した。(2018/4/12)

耳をふさがないスマートなワイヤレスイヤフォン ソニーモバイルが「Xperia Ear Duo」発売
ソニーモバイルコミュニケーションズが左右独立型のスマートヘッドセット「Xperia Ear Duo」を発表。耳をふさがない構造により音楽や音声情報を聞きながら、周囲の音にも注意が向けられる。(2018/4/11)

サンワ、手首を傷めないエルゴ形状マウス2製品
サンワサプライは、自然な角度で保持が可能なエルゴノミクス形状を採用したブルーLEDセンサー採用マウス計2モデルを発表した。(2018/3/26)

5分で分かるIoT時代の製造ITツール(3):
5分で分かるIoT時代のデジタル製造
IoT時代を迎えて製造業のためのITツールもその役割を変えつつある。本連載では、製造ITツールのカテゴリーごとに焦点を当て、今までの役割に対して、これからの役割がどうなっていくかを解説する。第3回はCAMをはじめとするデジタルマニュファクチュアリング(デジタル製造)のツールを取り上げる。(2018/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。