ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マクロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マクロ」に関する情報が集まったページです。

古田雄介の週末アキバ速報:
“往年の名機”風の超小型PC&こぴぺ専用キーが登場!
「あ、Windows 11なんだ」と思わずこぼしてまう超小型PCや、赤軸のマクロキーを2〜3個並べたコピペ専用キースイッチなど、インパクトの大きな新製品が登場している。(2024/2/17)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:「6つのメガトレンド」に照準 2023年の難局を切り抜け、長期成長の基盤を固めたMicrochip
5GやIoT、データセンター、eモビリティなど「6つのメガトレンド」にフォーカスして事業展開を進めるMicrochip Technology。2023年は世界的に半導体需要が減速する中にあっても、長期的成長に向けた戦略を推進し、難局を突破した。引き続き需要の先行きが見えない2024年だが、マクロ経済環境が好転した際に機を逃さない万全の態勢を整備し、主要メガトレンド分野における顧客の課題を解決するトータルシステムソリューションを強化しているという。今回、同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/2/8)

セキュリティニュースアラート:
Excel経由でのマルウェア感染に要注意 Fortinetが新たな手口を公開
FortinetはExcelファイルを通じて情報窃取型マルウェアを配布する新たな手口を発表した。この攻撃はExcelファイル内のVBAマクロから始まり、最終的にWebブラウザのデータまでを窃取する。(2024/2/8)

自作キーボード即売会「キーケット」、チケット発売 見どころ情報も明らかに 本格的なモデルから風変わりなマクロパッドまで個性派が勢ぞろい
日本初の自作キーボード即売会「キーボードマーケット トーキョー」の詳細な情報が、2月3日に公開された。チケットが同日正午に発売となる他、参加サークルや企業の出展情報も一部明らかになった。(2024/2/3)

技術、経済、社会、政治情勢に注目:
AI、規制、インフレ――2024年のデジタル動向を左右するマクロ情勢とは? IDCアナリストが解説
IDCのアナリストがブログ記事で、2024年のデジタル動向を左右するとみられるさまざまなマクロ情勢を取り上げ、解説を加えた。(2024/2/1)

ダイヤテック、左右分割デザインを採用したエルゴノミクスキーボード 10個のマクロキーも利用可能
ダイヤテックは、省スペース設計の左右分割型エルゴノミクスキーボード「Majestouch Xacro M10SP」を発売する。(2023/10/12)

サンドボックスやウイルス対策ソフトウェアなどで検知できない可能性:
「検知ツールにはPDFに見える、悪性マクロ付きWordファイル」を使った攻撃が登場 JPCERT/CC
JPCERT/CCは、悪性なWordファイルをPDFファイルに埋め込む新しい攻撃手法を確認した。実質的にはマクロ付きWordファイルだが、サンドボックスやウイルス対策ソフトウェアなどでは埋め込まれた悪性なマクロを検知できない恐れがある。(2023/8/24)

タイコエレクトロニクスジャパン 代表取締役社長 鶴山修司氏:
PR:ミクロの接点をつないでマクロの真価に昇華する、コネクティビティ技術で価値を発揮し続けるTE Connectivity
コネクティビティとセンサ分野におけるグローバル企業であるTE Connectivity。2023年5月、これまで同社の日本/ASEAN地域 オートモーティブ事業本部長を務めてきた鶴山修司氏が日本法人であるタイコエレクトロニクスジャパンの社長に就任した。ICや電子部品の進化と同時にそれらをつなぐコネクティビティ技術の重要性が増す中、鶴山氏はTE Connectivityの強みをどう捉えているのか。日本での戦略とともに聞いた。(2023/8/21)

Razer、マクロ専用キーを備えたUSB有線ゲーミングキーボード「BlackWidow V4」
米Razerは、USB有線接続に対応したメカニカルゲーミングキーボード「Razer BlackWidow V4」を発表した。(2023/7/27)

変化するサイバー攻撃手法【第4回】
「マクロ悪用」はもう古い? サイバー攻撃は“驚くべき進化”を遂げた
サイバー攻撃の手法は、近年すさまじいスピードで進化している。これによりセキュリティチームに及ぶ影響とは。セキュリティベンダーの調査を基に解説する。(2023/7/12)

データセンターへの投資が活発に:
「ChatGPT」の躍進、半導体市場の次なるけん引役に
OMDIA シニアコンサルティングディレクターの南川明氏は、半導体市場やマクロ経済が今後、各国のグリーン関連投資や生成系AIの普及に伴うサーバ投資などにより、右肩上がりに成長すると予測した。(2023/7/4)

変化するサイバー攻撃手法【第2回】
「Officeマクロ」原則ブロックが生んだのは“安全性だけ”ではなかった
「Microsoft Office」のマクロがデフォルトで無効になったことにより、Officeマクロを悪用したサイバー攻撃は減少傾向にある。攻撃者は新しい手法として、何に目を付けているのか。(2023/6/28)

Cybersecurity Dive:
VBAマクロ型の次は何が流行する? 攻撃者の動きで読むマルウェア配布のトレンド
MicrosoftがVBAマクロのブロックし始めてから、サイバー犯罪者たちは新たな攻撃手法を模索するようになった。(2023/6/24)

変化するサイバー攻撃手法【第1回】
Microsoft Officeの「マクロ原則ブロック」がもたらした利点と“想定外の変化”
Microsoftは、「Microsoft Office」におけるマクロ機能をデフォルトでブロックするようポリシーを変更した。これにより、ユーザーやサイバー攻撃者にどのような変化をもたらしたのか。(2023/6/22)

モバイルエッジ機器向けAI技術:
東工大ら、PIM型NNアクセラレーターのマクロを開発
東京工業大学と工学院は、モバイルエッジデバイスに搭載可能な、PIM(プロセッシングインメモリ)型ニューラルネットワーク(NN)アクセラレーターのマクロを開発した。動作時と待機時の電力消費が極めて小さく、高い演算能力とエネルギー効率を実現できるという。(2023/4/28)

Gartner Insights Pickup(300):
2020年代にビジネスの再構築を促す6つのマクロ要因
経営幹部は、2020年代もビジネスと技術の戦略の見直しを迫られている。本稿では、ビジネスの再構築を促す6つのマクロ要因を紹介する。(2023/4/28)

東プレが静電容量無接点スイッチ採用の新マウス「RM1 Mouse」を発表 耐久性を強化&マクロ機能も追加
東プレは、静電容量無接点スイッチを採用した新モデル「RM1 Mouse」を発表した。(2023/4/24)

無限大のマクロで使い勝手も良好! 65%キーボード「FILCO Majestouch Xacro M3A」を使った感想
2022年11月、ダイヤテックから65%メカニカルキーボード「FILCO Majestouch Xacro M3A」が発売された。この記事では、シルバー軸の英語配列モデルと静音赤軸の日本語配列モデルの2台を実際に打ってみて、どんな感じなのか率直な感想を述べようと思う。(2023/5/15)

Emotetが3カ月ぶりに活動再開 Officeマクロに要警戒
CofenseがEmotetの活動再開を伝えた。この3カ月間は休眠状態にあったが、2023年3月7日に活動の再開が観測された。請求書を模した悪意あるMicrosoft Officeファイルが使われており、注意が必要だ。予測稼働期間は現時点では不明だ。(2023/3/9)

OneNoteが新たなマルウェア感染経路に 具体的な手口と対処法
Microsoft OneNoteを悪用したサイバー攻撃が発見された。VBAマクロに変わる新たなマルウェア感染の侵入経路としてサイバー攻撃者の間で悪用が進んでいるものとみられる。(2023/3/7)

「VSTO」がVBAマクロに代わる新たな攻撃ベクトルとして注目されるワケ
Microsoft OfficeのVBAマクロという攻撃手段を失ったサイバー攻撃者にとってVisual Studio Tools for Office(VSTO)が新しい攻撃ベクトルになる可能性が出てきた。この技術を悪用したベクトルはまだほとんどのセキュリティベンダーが検出できていない。(2023/2/4)

PayPal、約2000人(約7%)のレイオフを発表
PayPalは、全従業員の約7%に当たる約2000人をレイオフすると発表した。困難なマクロ経済環境に対処するためとしている。(2023/2/1)

編集部コラム:
需要減でもなお「足りない」半導体/レガシー技術、レガシースキルとの決別/VBAマクロ無効化問題
今年後半によく読まれた記事から、2022年のIT業界事情を振り返ります。(2022/12/30)

基本からしっかり学ぶRust入門(18):
宣言的マクロと手続き的マクロ――Rustのマクロ機能を使ってみる
メタプログラミングの手法に、C/C++言語で普通に使われているマクロ機能があります。最終回である今回は、それらより安全な実装となっているRustのマクロ機能について。(2022/12/23)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価指標]macro-F1/micro-F1、多クラス分類のマクロ平均/マイクロ平均とは?
用語「macro-F1」「micro-F1」「マクロ平均」「マイクロ平均」について説明。macro-F1は、多クラス分類タスク(問題)に対する評価指標の一つで、クラスごとに計算したF1スコアの平均値を意味し、その値が1.0に近いほど分類を予測する機械学習モデルの性能が高い。(2022/12/19)

NASAの画像を悪用したサイバー攻撃【後編】
Microsoft Officeでマクロ自動実行はNG? “あれ”があったら要注意
NASAのジェームズ・ウェッブ望遠鏡が撮影した画像を悪用したサイバー攻撃が発見された。この攻撃では“珍しい手法”を用いるという。その内容とは。(2022/11/9)

Emotetが日本での活動を再開 警告回避に向けた新たな手法を確認
JPCERT/CCは2022年11月2日に、Emotetの感染を促す電子メールを日本で確認したと発表した。電子メールの添付ファイルでマクロを有効化させるための新たな攻撃手法も確認したと報告している。(2022/11/8)

Amazon.comは新規雇用凍結、StripeとLyftは大規模レイオフ
Amazon.comは向こう数カ月にわたり新規雇用を凍結すると発表した。「以上なマクロ経済環境に直面している」。StripeとLyftは大規模レイオフを発表した。(2022/11/4)

「秀丸エディタ」、JavaScriptによるマクロに対応
サイトー企画がテキストエディタ「秀丸エディタ」の最新バージョン(Ver9.19)を配信。JavaScriptによるマクロに対応するなど、新機能を搭載している。(2022/10/31)

ダイヤテック、マクロ機能も標準搭載した65%レイアウト採用の小型メカニカルキーボード
ダイヤテックは、コンパクトな65%レイアウトを採用したメカニカルキーボード「Majestouch Xacro M3A」シリーズを発売する。(2022/10/19)

「Office 2016」でVBAマクロを実行できない不具合 Microsoftが更新プログラムを公開
Microsoftが、「Office 2016」でファイル名やフォルダー名に2バイト文字が含まれている場合に、VBAマクロを実行できない不具合に対する更新プログラムを公開した。(2022/8/23)

謎の「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回問題【後編】
「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回を専門家が“愚案”と非難する当然の理由
Microsoftが「Microsoft Office」におけるVBAマクロ原則ブロック方針を一時撤回したことを受け、セキュリティ専門家からは「理解し難い」との声が聞こえる。その理由とは何か。(2022/8/12)

VBAマクロを手動でブロックする方法【後編】
Microsoft Officeで「VBAマクロ」をブロックするシンプルな方法
「Microsoft Office」が初期設定でVBAマクロをブロックするかどうかにかかわらず、ユーザー企業は手動でVBAマクロをブロックできる。その手順を説明する。(2022/8/10)

Tech TIPS:
いきなり開くな! マクロ付きExcelファイルの安全性を確かめる方法
取引先などからメールの添付でマクロ付きExcelファイルが送られてきた場合、どのように対処しているだろうか? 場合によっては「Emotet」などのウイルスの可能性もある。安全にマクロ付きExcelファイルを確認するにはどうすればいいのか、その方法を紹介する。(2022/8/5)

謎の「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回問題【前編】
「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回をMicrosoftに決断させた“真犯人”とは?
Microsoftが「Microsoft Office」で進めていたVBAマクロ原則ブロック方針を一時的に撤回したことで、ユーザーやセキュリティ専門家の間に戸惑いが広がっている。一時撤回の背景にある“謎”を追う。(2022/8/5)

この頃、セキュリティ界隈で:
Microsoftのマクロ遮断に攻撃側が対抗、防御をかいくぐるマルウェア感染の手口とは
Microsoftが「Emotet」などのマルウェア対策としてマクロを遮断する措置を講じているが、これを受けて攻撃側がISO(.iso)やRAR(.rar)などのコンテナファイルを使い始めている実態が浮かび上がった。(2022/8/3)

VBAマクロ無効化が効果絶大 サイバー犯罪者の攻撃手法に起きた“大きな変化”とは?
Microsoftは2022年2月、Microsoft OfficeにおけるVBAマクロのデフォルト無効化の方針を発表した。Proofpointによれば、この取り組みはサイバー犯罪者の攻撃手法に大きな変化をもたらしたという。(2022/8/1)

VBAマクロを手動でブロックする方法【前編】
Microsoftが「VBAマクロ」原則ブロックを一時撤回 その理由とは?
「Microsoft Office」の初期設定で、VBAマクロの実行をブロックする設定変更を進めていたMicrosoftが、一時的にその方針を撤回した。なぜ撤回したのか。そのリスクとは。(2022/8/2)

ビット・トレード・ワン、自由にマクロ割り当てができる8キー搭載USBキーパッド
ビット・トレード・ワンは、ショートカットやマクロ割り当てを行える小型設計のUSBキーパッド「UICreator」の取り扱いを開始。(2022/7/29)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(14):
いろいろな形状の領域最適化をやってみよう
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。最終回となる連載第14回では、リンク部品とベアリングサポートを題材に、領域最適化を行う。(2022/7/26)

差し戻されたMicrosoft OfficeのVBAマクロ無効化機能、再び復帰
Bleeping Computerによれば、Microsoftは「Microsoft Office」のVBAマクロ機能を再び無効化したと発表した。同機能は順次無効化が発表されていたが、ユーザーに発表がないまま一時的にロールバックされていたため話題を集めていた。(2022/7/23)

VBAマクロ機能の無効化が“ひっそりと”ロールバック いつ戻るのか?
インターネットからダウンロードした「Microsoft Office」ファイルのVBAマクロ機能の無効化がロールバックされていたことがユーザーの指摘で発覚した。Microsoftはこれを「一時的なもの」と説明している。(2022/7/12)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(13):
領域最適化の実践
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第13回では、LISAとExcelのマクロプラグラムを使って、実際に領域最適化を行う。(2022/7/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタル化の2周目対応に失敗すると撤退も、もっとも好ましい対応は創造型の両利き――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
マクロ的には既存企業は強いが、常に少数の企業は破綻している。一方、急成長する少数の新興企業も存在する。2000年以後の破綻企業は、デジタル化への対応失敗企業が多く、全企業が切迫度は異なるがデジタル化対応を求められている。(2022/7/4)

PayPay、PPAPの受信を停止 今後はクラウドストレージ経由でファイル共有 Emotet対策で
PayPayがPPAPの受信を7月13日に停止する。WordやExcelのマクロファイルを添付したメールの受信も取りやめに。今後は「Box」「PrimeDrive」など、クラウドストレージ経由でのファイル共有を受け付ける。(2022/6/22)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(12):
領域最適化のアルゴリズムについて考える
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第12回では、前回に引き続き「領域最適化」をテーマに具体的なアルゴリズムについて考えながら、その理解を深めていく。(2022/6/22)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(11):
領域最適化の基本的な考え方を理解する
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第11回では、トポロジー最適化のような派手さはないが、とても実用的な技術である「領域最適化」について、その基本的な考え方を解説する。(2022/6/15)

OfficeにRCEを引き起こすゼロデイ脆弱性 マクロ無効化を回避する動きも確認
Microsoft Officeにリモートコードの実行を可能にするゼロデイ脆弱性が発見された。同脆弱性は研究者によって「Follina」と呼ばれている。Microsoftから公開された緩和策を迅速に適用してほしい。(2022/6/1)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(10):
チェッカーフラグ対策付きトポロジー最適化の実践
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第10回では、チェッカーフラグ対策付きトポロジー最適化を実践するとともに、対策のないトポロジー最適化結果との比較を行う。(2022/5/24)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(9):
トポロジー最適化のチェッカーフラグ対策
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第9回では、チェッカーフラグ状の濃淡とグレーの濃淡をなくす方法を紹介する。(2022/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。