ニュース
» 2015年12月17日 12時57分 UPDATE

フォステクス、ハイレゾをシンプルに楽しむ「FSシリーズ」を発表――第1弾はDACとアクティブスピーカー

フォステクスカンパニーから24bit/96kHz対応の据え置き型D/Aコンバーター「FS-3DA」、およびアクティブスピーカー「FS-4AS」が登場。デスクトップでシンプルにハイレゾ音源再生を楽しめる。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 フォステクスカンパニーは、”ハイレゾをシンプルに楽しむ”がコンセプトの新シリーズ「FS」を発表した。第1弾として、据え置き型のDAC「FS-3DA」およびアクティブスピーカー「FS-4AS」を12月下旬に発売する。価格は、FS-3DAが1万9000円、FS-4ASがペアで3万9000円(どちらも税別)。

DAC「FS-3DA」

 FS-3DAは、最大96kHz/24bit(PCM)まで対応するUSBバスパワー駆動のDAC。ヘアライン加工を施した美しいアルミ製筺体(きょうたい)と削り出しボリュームノブを採用する。

hm_fo01.jpg DAC「FS-3DA」
hm_fo02.jpghm_fo03.jpg 前面(写真=左)、背面(写真=右)

 デジタル2系統(USBと角型オプティカル)、アナログ1系統の入力端子を装備。本体サイズは150(幅)×121(奥行き)×41(高さ)ミリで、重量は約700グラム。USBケーブル(1メートル)、RCAケーブル(1.5メートル)が付属する。

アクティブスピーカー「FS-4AS」

 FS-4ASは、アンプを内蔵した2Wayバスレフ方式のスピーカー。100ミリ径ウーファーと19ミリ径のソフトドームツイーターを搭載し、クラスDアンプによるバイアンプ駆動を行う(ウーファー用は25ワット、ツイーター用に16ワット)。本体カラーはブラックとホワイトの2種類を用意した。

hm_fo04.jpg アクティブスピーカー「FS-4AS」
hm_fo05.jpg 背面

 本体サイズと重量は1台あたり、150(幅)×192(奥行き)×237(高さ)ミリ、約3.3キロ。ACケーブル(2メートル)、RCAケーブル(1.5メートル)が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.