ニュース
» 2016年02月01日 17時48分 UPDATE

シャープ、「AQUOS 4K NEXT」など5シリーズ9機種でHDR対応ファームウェアアップデートを開始

シャープは「AQUOS 4K NEXT」など5シリーズ9機種に対して新ファームウェアの提供を開始した。Ultra HD Blu-ray DiscがサポートするHDR(ハイダイナミックレンジ)映像信号入力に対応する。

[ITmedia]

 シャープは2月1日、液晶テレビ“AQUOS”(アクオス)の一部機種について、HDR信号に対応するための新ファームウェアアップデートを開始した。デジタル放送ダウンロードによるソフトウェア更新のほか、USBメモリーを介したソフトウェア更新、サーバからの直接ダウンロードが可能だ。

ts_4knext01.jpg 「LC-80XU30」は独自の“4原色”技術と8Kアップコンバート回路により、4Kパネルを用いながら8K解像度の表示能力を持つという「AQUOS 4K NEXT」の80V型

 対象は、XU30ライン(LC-80XU30)、XG35ライン(LC-70XG35)、XD35ライン(LC-60XD35)、US30ライン(LC-60US30、LC-52US30)、U30ライン(LC-58U30,LC-55U30、LC-50U30、LC-40U30)の5シリーズ9機種。Ultra HD Blu-ray DiscがサポートするHDR(ハイダイナミックレンジ)映像信号入力に対応する。

tb_lc70xg01.jpg 「LC-70XG35」は、「AQUOS 4K NEXT」の70V型モデル

 なお、HDR信号入力に対応するのは「入力1」のみ。Ultra HD Blu-ray DiscをHDR映像で視聴する場合には、設定メニューの「外部端子設定」から「対応信号モード切換」で「フルモード(HDR)」を選択すればいい。このほか、新しいファームウェアではHybridcastの動作も改善されるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.