ニュース
» 2016年02月23日 16時28分 UPDATE

累計350万個を販売したアイテムが復活:オリジナル缶バッチが作れる新型「Canバッチgood!」、バンダイから3月26日発売

オリジナル缶バッチを製作できるバンダイの玩具「Canバッチgood!」が復活。本体を小型化したほか、画像加工用のサイトも用意した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 バンダイは2月23日、オリジナル缶バッチが作れる玩具「Canバッチgood!」(カンバッチグー)を発表した。価格は3700円(税別)で、3月26日に発売する。同社が2002年から発売、累計350万個を販売したという「Canバッチgood!」シリーズの新製品となる。

hm_ba01.jpg オリジナル缶バッチが作れる玩具「Canバッチgood!」(カンバッチグー)
hm_ba03.jpg 製作手順のイメージ。左より順に、素材をセット、ハンドルを回し、完成だ

 直径3cmのバッチが作れる缶バッチマシーン。従来品「NewCanバッチgood!」(2009年発売)と比較して本体デザインをシンプルな形状に変更、サイズを小型化した。さらに、写真やイラストを加工できる「Canバッチgood!専用デザインサイト」を用意。手持ちのスマートフォンやPCを使ってさらにデザインをカスタマイズできるようになった。なお、加工データはPDF形式となりプリンター出力が必要だ。

hm_ba04.jpg 専用デザインサイトのイメージ。出力データはPDF形式となり、プリンターで利用できる。なお、プリンターは別途用意する必要がある

 セット内容は、本体、デザインシート1枚、テンプレート1個、(バッチ)上下パーツ各10個、安全ピンパーツ10個、透明シート10枚、取扱説明書。手動ハンドルを用いるため電池は不要だ。

hm_ba02.jpg セット内容

 また補充用パーツとして「3cmバッチ素材セット」(1200円、バッチ素材15個分)、「3cmバッチ素材いっぱいセット」(2000円、バッチ素材30個分)も同時発売する(すべて税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.