ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バンダイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バンダイ」に関する情報が集まったページです。

ガシャポン史上最大級のマジンガーZが登場 内部メカ・外装・パイルダーの3種コンプで約20センチの胸像が完成
2020年のゴールデンウィークごろに発売予定。(2020/2/22)

40周年のガンプラ、ついに「ガンダリウム合金モデル」登場
BANDAI SPIRITSは、ガンプラ40周年を記念して「ガンダリウム合金モデル 1/144スケール RX-78-2ガンダム」を発売する。エプソンアトミックスの協力を得て「最新の金属成型技術で精製した」という。(2020/2/21)

仮面ライダーゼロワン、「腹筋崩壊太郎の腹筋」がまさかの商品化 腹筋パーツ職人が丹精を込めて作った逸品
2月2日放送の第21話での再登場直後に発表されました。(2020/2/3)

異色の融合「超合金 ガンダム★ハローキティ」現る シャアザクも“キティ仕様”に
BANDAI SPIRITSが「超合金 ガンダム★ハローキティ」と「超合金 シャア専用ザクII★ハローキティ」を7月から順次発売。価格はいずれも7480円(税込)。(2020/1/30)

セーラームーンをスウィーツで表現! セーラームーンの「名刺ホルダー」で、オフィスでも乙女のポリシーを身に着けたい
パステルカラーにときめく。(2020/1/25)

放送ギリギリ限界アニメ「異種族レビュアーズ」第3話先行カット公開 あまりにも早すぎる「女体化」回の時来たる
展開の速さがつよい。(2020/1/22)

放送ギリギリ限界アニメ「異種族レビュアーズ」第2話先行カット公開 “乳牛系”のミノタウロスが登場
“乳牛系”とは。(2020/1/16)

メカ設計メルマガ 編集後記:
モノづくり視点でも注目したい「ガンプラ」40周年プレミアムイヤー
あの「ガンプラ」が買えなかったことをずっと後悔しています……。(2020/1/7)

シュテルンビルト市民になれる日が来るとは 「タイバニ」世界に住んで日常にヒーローを感じるWebサービスが突如登場
その名も「V(バーチャル)レジデンス」。(2019/12/26)

『ダイの大冒険』再びアニメ化 2020年秋に放送
ダイやポップとまた会える。(2019/12/21)

ドラゴンボールZとミズノの野球用品がコラボ ベジータチックな戦闘態勢のキャッチャーができあがる
コリジョンルールに引っかかったりして。(2019/12/20)

アニメ「おねがいマイメロディ」の大人向けグッズが登場 アニメの名シーンからウサミミ仮面も参上
すきすきすー! ふわふわふー!(2019/12/20)

「新テニスの王子様」×スピンズコラボ! スクールテイストのアイテムで今すぐモブ女子生徒になれそうなやつ
5校モチーフのアイテムが登場。(2019/12/20)

覚えておけ、通りすがりの仮面ライダーの腕時計だ 「ディケイド」の変身ベルトがアナログウォッチに
重厚なベルトのデザインをそのまま腕時計へ。(2019/12/13)

あなた…「覚悟して着てる人」ですよね ビジネスでも使える「ジョジョ」のスーツ、ジョルノ・ブチャラティの2モデル
ジョジョスーツを着る覚悟はいいか?(2019/12/13)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

クワトロの愛機「百式」がファッションアイテムに 金ぴかパンツの尻に「百」!
縁起がいいかもしれない。(2019/12/6)

マシリトが行く!【中編】:
「これさぁ、悪いんだけど、捨ててくれる?」――『ジャンプ』伝説の編集長が、数億円を費やした『ドラゴンボールのゲーム事業』を容赦なく“ボツ”にした真相
鳥山明氏の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』の担当編集者だったマシリトこと鳥嶋和彦氏はかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイに対して、数億円の予算を投じたゲーム開発をいったん中止させた。それはいったいなぜなのか。そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。“ボツ”にした経緯と真相をお届けする。(2019/12/5)

マシリトが行く!【前編】:
『ジャンプ』伝説の編集長が、『ドラゴンボール』のゲーム化で断ち切った「クソゲーを生む悪循環」
『ドラゴンボール』の担当編集者だったマシリトはかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイのプロデューサーに対して、数億円の予算を投じたそのゲーム開発をいったん中止させるという、強烈なダメ出しをした。ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。「クソゲーを生む悪循環」をいかにして断ち切ったのか?(2019/12/4)

「lainというコンテンツが生き延び続けていく。それを見守りたい」 serial experiments lainファンイベント「クラブサイベリア layer:03」レポート
制作陣も登壇した「クラブサイベリア layer:03」の様子をレポート。(2019/12/1)

遊☆戯☆王カード「強欲な壺」がガチの陶芸品に 美濃の職人が1つ1つ手塗りした逸品
あの禁止カードを本気で立体化。(2019/11/29)

親から子へのクリスマスプレゼント、一番人気は「ぬいぐるみや人形」平均予算は約8700円 バンダイが調査
家族みんなで楽しめそうだからと、テレビゲーム関連の回答も伸びているとのことです。(2019/11/21)

絵本『モチモチの木』のスマホカバーがバンダイから登場! ワイヤレス充電器・バッテリー・Tシャツも発売
モチモチの木が青色LEDで光ってる…。(2019/11/21)

「モチモチの木」のスマホグッズ、バンダイが発売
「プレミアムバンダイ」が絵本の「モチモチの木」をモチーフにしたスマートフォンケースや充電器を販売する。(2019/11/19)

おジャ魔女どれみの魔法アイテムがアクセサリーに変身! 玩具再現アクセサリーシリーズが大人の魔法
あのころ買ってもらえなかったやつ〜!(2019/11/11)

カードゲーム「バトスピ」、公式サイトのデッキ公開機能の悪用に注意喚起 公序良俗に反する長文がデッキ名として公開
編集部の調べでは、デッキ名が800文字近くの怪文書じみたテキストになっているケースが確認されました。(2019/11/8)

バンダイ、ビスケット型のスピーカー玩具「ビスチャ」を来春に発売 アプリで声を追加
バンダイは、スマホアプリと連携するビスケット型のスピーカー玩具「Bischa(ビスチャ)」とキャラクターぬいぐるみ「ビスぬい」を2020年春に発売する。キャラクターぬいぐるみに取り付けて使う玩具。アプリでキャラクターボイスを購入すると、ぬいぐるみがおしゃべりしているように感じられるという。(2019/11/8)

「いきなり!ステーキ」のガシャポン 本物を3Dスキャンして“シズル感”再現
バンダイが「いきなり!ステーキ」のステーキを再現したミニチュア玩具を発売する。(2019/11/8)

プレイステーションとセガサターン、バンダイがまさかのプラモ化 外から見えない基板まで忠実に再現
コントローラーやメモリーカードも含め、5分の2スケールで再現。(2019/11/7)

ルンバ、ガシャポンになる
バンダイは、ロボット掃除機「ルンバ」シリーズを7分の1スケールで再現した「ガシャポン iRobot Roomba」を11月第2週に発売する。全4種で価格は1回300円(税込)。(2019/11/6)

おジャ魔女どれみのルームウェア&ナイトブラが予約開始 ガーリーなデザインとパステルカラーでハッピーラッキーが届きそう
淡い色がかわいいテキスタイルに注目。(2019/11/5)

お膝の上に蒲田くん! 「シン・ゴジラ」第2形態のPCクッションがキモカワで気になる
巨災対に連絡しなきゃ。(2019/11/3)

「仮面ライダーゼロワン」ヒューマギアのなりきりアイテム登場 筋トレと演技力次第で誰でも腹筋崩壊太郎
イズ・或人・迅のボイス再生機能付き耳当て。ヒューマギアに印刷されているバーコード柄のシールも付属します。(2019/11/1)

気が変わった、お金ない……「代引き」で受け取り拒否のトラブル相次ぐ サービス中止の企業も
商品の配達時に代金と引き換える「代引き」サービスをめぐるトラブルが目立っている。注文した利用者が、商品が届いたのに「気が変わった」と受け取りを拒否する悪質なケースもあり、店側の経営を圧迫している。(2019/10/30)

気が変わった、お金ない…「代引き」で受け取り拒否のトラブル相次ぐ サービス中止の企業も
 商品の配達時に代金と引き換える「代引き」サービスをめぐるトラブルが目立っている。注文した利用者が、商品が届いたのに「気が変わった」と受け取りを拒否する悪質なケースもあり、店側の経営を圧迫している。自宅で簡単に買い物できるインターネットショッピングの利用世帯は4割に迫る勢いだが、モラル低下もあり、サービス中止に踏み切る企業も出てきた。(大渡美咲)(2019/10/28)

寡占市場での勝ち残り術:
エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由【後編】
エポック社のカプセルトイ「カプセルトイができるまで」をご存じでしょうか。成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品。そんな斜め上を行く「カプセルトイができるまで」の誕生秘話やカプセルトイづくりの難しさについて、担当者に話を聞いてきました。(2019/10/8)

全身2号ライドウォッチづくめの「仮面ライダーゲイツ」新フォーム解禁 「ジオウ」スピンオフVシネマに登場
敵役はアナザーディエンドも公開、チノナマコ? 何のことやら。(2019/10/12)

ザクのプログラミング教材、きょう予約開始 「CEATEC 2019」にも出展
「ザクII」のキットを組み立てながらプログラミングを学べる教材「ZEONIC TECHNICS」の予約受付が、10月11日午後8時に始まる。(2019/10/11)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バンダイの「動くザク」を取材しに行ったら完全に「分かってる人」が出てきて最終的に「分かってますねえ……」と意気投合しました
ザクを組み立てて動かせる「ZEONIC TECHNICS」について、ガンダムオタク丸出しで取材してきました。(2019/10/11)

寡占市場での勝ち残り術:
エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由【前編】
エポック社のカプセルトイ「カプセルトイができるまで」をご存じでしょうか。成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品。そんな斜め上を行く「カプセルトイができるまで」の誕生秘話やカプセルトイづくりの難しさについて、担当者に話を聞いてきました。(2019/10/3)

今日書きたいことはこれくらい:
「ドラゴンボール 大魔王復活」はなぜ『ドラゴンボール』のゲーム化として最高だったのか
なぜ「神龍の謎」のシステムをそのまま引き継がなかったのか?(2019/10/6)

アニメ「アイカツ!」全178話+劇場版3作を収めたディスク31枚のメガ盛りBlu-ray BOX発売 お値段4万9800円
重そう。(2019/10/3)

「おジャ魔女どれみ」×THE KISSコラボ! 大人かわいい、でも同世代には確実にわかるデザイン
ピンクゴールド×カラフルな石がかわいい全5種。(2019/10/3)

新しい同居人かな? 「転生したらスライムだった件」リムル様の超特大ぬいぐるみが誕生
もしもの時に助けてくれそう。(2019/10/2)

アニメ「ノエイン もうひとりの君へ」が期間限定無料配信 赤根監督の新作「星合の空」放送開始を記念して
やったー!(2019/10/1)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

3人のレジェンドライダーが「仮面ライダージオウ」スピンオフに集結! 平成2号ライダー勢ぞろいに注目せよ
待たせたな! カイザ、アクセル、バースが「ジオウ」に参戦するぞ。(2019/9/29)

「ザクII」を動かすプログラミング教材、20年3月発売 約10万円
「機動戦士ガンダム」の世界観を楽しみながらプログラミングを学べる教材「ZEONIC TECHNICS」が2020年3月に発売。価格は9万8890円(税込)。(2019/9/27)

今日書きたいことはこれくらい:
なぜ「キン肉マン マッスルタッグマッチ」は対戦ゲームにおける極めて重大なマイルストーンなのか?
ビデオゲーム業界に「キャラ性能差」を持ち込んだのは誰だったのか、という話。(2019/9/23)

宇宙(そら)へ挑む“ガンプラ” 五輪応援に極限環境対応の工夫詰め込む
2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、「ガンダム」と「シャア専用ザク」の小型模型を宇宙に上げる計画が進行している。宇宙からガンダムがメッセージを送るのだ。宇宙は想像を超える過酷な環境で、「市販されているガンダムのプラモデル(ガンプラ)をロケットに載せればいい」とはいかない。4日にお披露目された両機の模型には、「地球連邦軍V作戦」並みの工夫が詰まっていた。(2019/9/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。