ニュース
» 2016年03月04日 17時03分 UPDATE

DXアンテナ、4K/8K実用化放送に対応する分配器や分岐器、混合器などを4月から展開

DXアンテナは3月4日、2018年に実用放送が予定されている衛星放送(BS左旋、110度CS左旋)を使った4K放送に対応できる分配機や混合機などを4月から販売する。

[ITmedia]

 DXアンテナは3月4日、2018年に実用放送が予定されている衛星放送(BS左旋、110度CS左旋)を使った4K放送に対応できる分配機や混合機などを4月から販売すると発表した。

ts_dx04.jpg BS左旋、110度CS左旋対応のテレビ端子と分配機

ts_dx01.jpg 4K/8Kを加えた新たな放送と受信周波数

 今後、4K/8Kの多くのサービスが提供されるBS電波(左旋)、110度CS電波(左旋)は、新たな周波数と変調方式で送信されるため、現在のテレビ受信システムでは受信できない。視聴するためには、BS/110度CSアンテナのほか、混合器、ブースター、分配器、直列ユニット、分波器、ケーブルなど全ての受信機器を新設または交換する必要があるという。

ts_dx02.jpg 交換が必要な機器

 DXアンテナでは、各機関(BL、JCTEAなど)で実施されている4K/8Kにおけるテレビ受信システムの検証結果を経て、規格の方向性が決定される2016年3月をめどに、第1弾として4K/8K対応分配器、直列ユニット、混合器を4月1日から販売し、そのほかの機器も6月以降に順次展開する。「4K/8K対応機器は、一部の機器を交換しただけでは放送を受信できないため、一部機器の先行販売は行わず、規格の方向性が決定する4月1日からシステム機器として順次発売する」(同社)。

ts_dx03.jpg DXアンテナが発売する4K/8K放送対応機器(全32種)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.