ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「分配器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「分配器」に関する情報が集まったページです。

一次元プラズモン回路で構成:
東京工大とNTT、高周波信号の量子化分配器を実現
東京工業大学とNTTの共同研究グループは、一次元プラズモン回路による高周波信号の量子化分配器を実現した。今回の研究成果は量子コンピュータ用制御回路などに応用できるという。(2021/1/13)

100億年でやっと1秒ずれる精度:
理研ら、精度18桁の可搬型光格子時計を開発
理化学研究所(理研)と東京大学は、「100億年で1秒のずれ」に相当する18桁精度を有する可搬型光格子時計を、島津製作所と共同で開発。これを東京スカイツリーに設置し、アインシュタインの一般相対性理論を検証した。(2020/4/9)

メーカー5社に聞いた:
【緊急調査】新型コロナ対策支援における3Dプリンタ活用
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に伴い、重症患者の治療に必要とされる人工呼吸器、さらには診察・治療のための検査キットや医療用マスク、防護具などが不足している。こうした状況を受け、今積極的に支援活動を展開し、その輪を広げようと、さまざまな施策を打ち出しているのが3Dプリンタメーカーだ。(2020/4/9)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
テレワークや新生活に 固定ネット回線代わりに使えるモバイル通信サービス
最近、テレワークに注目が集まっています。その中で、自宅のネット回線を検討する人も増えていると思います。固定回線代わりにモバイル通信サービスを使うのは、どうなのでしょうか?(2020/3/15)

スマートファクトリー:
品質検査を自動化して全数検査に、ベンチャーの「光コム技術」が量産、普及へ
自動化された全数検査の“普及”へ――。ハードウェアベンチャーのXTIA(クティア、旧社名:光コム)は、ニコンやJUKI、双日、INCJから総額17億円を調達し、「光コム技術」の事業拡大に乗り出す。出資の内訳は、ニコンが8億円、INCJが6億円、JUKIが2億円、双日が1億円となる。(2020/2/27)

山市良のうぃんどうず日記(168):
わが家/筆者もようやく、ADSLとガラケーから卒業
前回は1人暮らしを始めた子どものために、筆者が準備した毎月の更新管理の簡素化と緊急時のリモート対応環境を紹介しました(もし子どもの方がPCが得意なら逆方向で)。この機会にわが家と筆者の通信環境も見直すことに。ADSLサービス終了の通知が来ているけどどうしようと考えている方の参考になればと思いレポートします。先に言っておくと、わが家のインターネット環境と筆者の携帯電話の具体的な月額料金が出てきますが、他の多くの方とは状況が大きく異なるだろうことは無視してください。(2019/12/18)

日産は車両火災4件:
ホンダ、日産 それぞれ50万台リコール エアバッグと電源装置に不具合
ホンダと日産自動車はそれぞれ約50万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。ホンダは「フィット」など計10車種49万4546台。日産は「セレナ」など計7車種49万1345台。(2019/6/28)

日産「セレナ」など49万台リコール 車両火災4件が発生
セレナやキューブ、三菱に供給したデリカD:3などが含まれます。(2019/6/27)

FAニュース:
タッチスクリーンを採用したマルチフィールドテスタOTDR
横河計測は、ハンドヘルド型OTDR「AQ1200」シリーズの後継機「AQ1210」シリーズのマルチフィールドテスタOTDRを発売した。コンパクトなサイズ、タッチスクリーンの採用に加え、長時間バッテリーを搭載する。(2019/3/13)

セイコーエプソン S2D13V70:
車載映像機器向けインタフェース変換IC
セイコーエプソンは、車載映像機器向けインタフェース変換IC「S2D13V70」を発表した。eDPの映像信号をOpenLDIに変換し、現行の車載ディスプレイに対して高速で高解像度の映像を入力可能にすることから、車載ディスプレイ開発の効率化に貢献する。(2019/3/1)

4K:
どうなる4K放送!? 開始まで1カ月を切ったが認知度は低いまま……
2018年12月1日午前10時から「新4K・8K衛星放送」がスタート。もう1カ月もないが、業界内では頭の痛い問題がある。それは、4Kに対する認知度が依然として低いことだ。(2018/11/9)

福田昭のデバイス通信(162) imecが語る最新のシリコンフォトニクス技術(22):
896Gbpsの伝送帯域を実現する超高速光送受信モジュール(前編)
今回は、16チャンネルの光送受信モジュール(光トランシーバー)の試作例を紹介する。試作した光トランシーバーは、1チャンネル当たり56Gbpsの速度で光信号を変調する。つまり、16チャンネルの合計では、896Gbpsの帯域幅を実現できることになる。(2018/9/11)

福田昭のデバイス通信(161) imecが語る最新のシリコンフォトニクス技術(21):
超高速光送受信モジュールの構成例
今回は、超高速光送受信器(光送受信モジュール)の構成例を紹介する。(2018/9/4)

福田昭のデバイス通信(156) imecが語る最新のシリコンフォトニクス技術(16):
100Gbpsを超える光ファイバー高速伝送へのアプローチ
今回は、100Gビット/秒(bps)と極めて高速な変調信号を光ファイバーで伝送する実験結果を紹介する。(2018/7/30)

PHOENIX CONTACT PoEフルラインアップ:
IEEE 802.3bt対応のPoE接続機器
フエニックス・コンタクトは、PoE(Power over Ethernet)の新規格IEEE 802.3btに対応したPoE接続機器「PoEスイッチ」「PoEインジェクタ」「PoEスプリッタ」を発売した。(2018/7/13)

超高速ネットワークの挫折と復活【第3回】
超高速ネットワークが越えられない「400Gbpsの壁」
普及まで長い道のりを経た“10Gbps級”ネットワーク。時代は既に、より高速な規格を求めていた。(2017/12/28)

ドリンクホルダーに設置できるタンブラーデザインのUSBシガーチャージャーが登場
ミスターカードはコーヒータンブラーのようなデザインを採用し、車のドリンクホルダーに設置できるUSBシガーチャージャー「DEMITASSE CAR CHARGER」を発売。USBポートを2つ用意し、シガーソケット分配器で12Vアクセサリーを増設できる。(2017/9/28)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K HDRプロジェクターの最前線! 「4K olmpAc」報告
先端画質研究会「4K olympAc」の第7回目が開催され、エプソン、ソニー、JVCの4K HDRプロジェクターの一斉比較した。「4K HDRが活用されるべきはホームシアター」という麻倉氏はどう見たのか?(2017/8/5)

次世代の4K/8K衛星放送“左旋”を見るには?
(2017/4/6)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
次世代放送まであと1年! 活発な動きを見せる8K最前線(前編)
(2017/4/4)

映像系など苦手案件の取りこぼしは、SIビジネス崩壊の象徴?:
PR:「SIerとして勝ち残る」ための、販売代理店の選び方・使い方
クラウドの浸透、企業ニーズの高度化などを受け、「運用保守とセットにした製品販売」を軸にした従来型SIビジネスは崩壊するといわれて久しい。今、企業がSIerに求めているのは、共にビジネスを考え、共にシステムを作ってくれる“パートナー”としての役割だ。だが、それを認識していても、実績がない苦手案件は外部に丸投げしてしまうSIerが多い。ノウハウや実績がない以上、仕方のない部分もあるが、SIerの生き残りが問われている中で、苦手領域を放置しておくのも得策とはいえないのではないだろうか。では一体どうすればよいのか?――映像系製品を扱う販売代理店に、客観的見地からSIer生き残りのポイントを聞いた。(2017/1/23)

情報処理能力を飛躍的に拡大する新たな道筋:
異なる光周波数の二光子干渉、阪大らが初観測
大阪大学大学院の井元信之教授らによる研究グループは、周波数領域の光スプリッターを実現し、異なる光周波数(異波長)の二光子干渉に初めて成功した。(2016/4/21)

SIM通:
どこがスゴイ?日本通信の「固定電話をスマホで使えるサービス」
日本通信が発表した、スマートフォンから固定電話の番号で発着信できるサービス。いったいどんな仕組みなのか、解説します。(2016/3/18)

DXアンテナ、4K/8K実用化放送に対応する分配器や分岐器、混合器などを4月から展開
DXアンテナは3月4日、2018年に実用放送が予定されている衛星放送(BS左旋、110度CS左旋)を使った4K放送に対応できる分配機や混合機などを4月から販売する。(2016/3/4)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
「SoC」or「SoC」?統合へのさまざまな道
1つのダイに複数機能を実装するSoC(System on Chip)化の波は高まるばかりです。アーキテクトはダイ間接続とマルチダイパッケージングの動向に注意を払い、コストや消費電力、将来性までも視野に入れた選択をしなければなりません。(2016/2/10)

テック、4K対応のHDMI分配器/切り替え器2機種を発売
テックは、4K解像度への対応をうたったHDMI分配器「THDSP14D-4K」、HDMI切り替え器「THD42MSP2-4K」の2製品を発表。いずれも4K/30Hz出力までサポートする。(2015/8/20)

「みちびき」活用:
衛星信号だけで精密測位、「みちびき」LEX信号デコーダ
コアが準天頂衛星「みちびき」の信号を利用する、測位信号受信機「LEXデコーダ」の販売を開始した。衛星信号だけで数cm単位での精密測位を可能にする。(2015/8/17)

城下工業、「SW Desktop-Audio」シリーズのクロックジェネレーター「SWD-CL10」に水晶発振器を追加する有償アップグレード
コンパクトコンポ「SW Desktop-Audio」シリーズのクロックジェネレーター「SWD-CL10」に有償オプションが登場。3万円でより高精度なOCXO(恒温槽付高精度水晶発振器)を追加実装する。(2015/7/10)

最新モデルホットレビュー:
4K放送時代の便利アイテム――エイム電子のHDCP 2.2対応分配機「AVS-4K22-104」を試す
4Kコンテンツも次第に増え始め、AVシステムに手を加えたいと考えている人も多いことだろう。今回はエイム電子から登場したHDCP 2.2に対応する初の4分配機をピックアップ。その使い勝手から分配時の画質まで、詳細にチェックしていこう。(2015/6/26)

HDCP 2.2対応出4K放送を分配できるHDMIスプリッター、エイム電子から
エイム電子はHDMI分配機「AVS-4K22-104」を発売した。4Kテレビや4K放送で必須となったHDCP2.2に対応し、4K放送の信号を4台のテレビやプロジェクターなどに分配できる。(2015/6/10)

バラして見ずにはいられない:
「VAIO Phone」は世界に羽ばたけるか? スマホ低コスト化の理想と現実
何かと話題となった日本通信とVAIOのSIMフリースマホ「VAIO Phone」を分解。いったいどんなパーツと製造技術が使われているのか、そして気になるコスト感について迫った。(2015/5/29)

キーサイト N8834A:
最大40chの波形捕捉が可能に、オシロで複数レーンを同時に測定
キーサイト・テクノロジーの「N8834A」は、Infiniiumリアルタイムオシロスコープを複数台接続して、最大40チャネルまで拡張できるマルチスコープアプリケーションである。(2015/4/14)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第31回 損失
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第31回は、信号が伝送線路を伝播するとき、信号の一部が熱となり信号のエネルギーの一部が失われてしまう「損失」について取り上げる。(2015/4/1)

コレガ、4K対応のHDMI分配器「CG-VSHH02」など2製品を発売
コレガは、4KまでのHDMI出力を2台/4台のディスプレイに同時出力できるHDMI分配器「CG-VSHH02」「CG-VSHH04」を発売する。(2015/3/27)

CCENT/CCNA 試験対策 2014年版(5):
究極の入門 プライベートIPアドレスとパブリックIPアドレス
プライベートIPアドレスとパブリックIPアドレスの操作と必要性について、新米ネットワークエンジニアが調べました。(2014/12/25)

“リビングNAS”の作り方:
ASUSTOR製NASでアレなメディアライブラリを構築する
連載第3回では、ASUSTOR製NASキット「AS-202TE」にXBMCをインストールしてメディアプレーヤーとして活用する方法を紹介。(2014/10/3)

新型VHSビデオ!:
DXアンテナ、VHSビデオをDVDへダビングできる 「DXR170V」
DXアンテナは、地上デジタルチューナーを内蔵したビデオ一体型DVDレコーダ「DXR170V」を発売した。(2014/7/2)

1万円切りで8出力:
店頭でのディスプレイ比較に使えるかも――「1入力8出力 HDMI分配器」
上海問屋が、1入力8出力のHDMI分配器を発売した。価格は8999円。(2014/7/2)

配線はスッキリ:
会議で重宝しそうな2画面同時切り替え――「2入力2出力 HDMI切替分配器」
上海問屋が、2入力/2出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3499円。(2014/5/22)

フリースケール MM9Z1J638:
A-Dコン、マイコン、CAN通機能を統合、フリースケールのバッテリセンサー
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(以下、フリースケール)の「MM9Z1J638」は、リチウムイオン電池や鉛蓄電池の状態を監視するためのバッテリセンサーである。2次電池の状態をより正確にモニタリングしておくことで、電池の故障を早期に予測することができるという。車載用電子部品向け品質規格である「AEC-Q100」の認証も取得している。(2014/4/24)

アナログ・デバイセズ NatureVue/ADV8005:
2160p対応の高精細ビデオ信号処理プロセッサ
アナログ・デバイセズは2014年1月8日、480iから2160pまでのさまざまなディスプレイ解像度に対応したビデオ信号処理プロセッサ「NatureVue/ADV8005」を発表した。(2014/1/8)

カスケード接続も可能:
サンワサプライ、高解像度対応のサイネージ向けディスプレイ分配器
サンワサプライより、同時2出力/4出力対応の業務シーン向けディスプレイ分配器が登場。2048×1536ドットまでの高解像度ディスプレイを使用でき、複数台導入してさらに台数を増やせるカスケード接続もサポートする。(2013/12/24)

マイクロウェーブ展2013:
製造現場で高周波部品の特性を計測、MRFのポータブル測定装置
エム・アールエフは、Mini-Circuits製の高周波部品やポータブル測定システムなどを展示した。ポータブル測定システムは製造現場での高周波計測に向けたものである。また、ロスが少なく放熱特性に優れたTELEDYNE製の高周波回路用基板なども来場者の注目を集めた。(2013/12/3)

これだけあれば十分:
4入力8出力対応――「HDMIマトリクス切替分配器」
上海問屋が、4入力/8出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3万9999円。(2013/11/28)

3D映像も4つまで分配、テックのHDMI分配器「THDSP14D」
テックは、HDMI分配器「THDSP14D」を発売する。フルHD映像はもちろん、3D映像も最大で4台までのディスプレイに同時出力できる。(2013/11/13)

音に触る、粘土をこねるように:
KORGがモジュラーシンセを再発明、「littleBits」向けキットを開発
電源、センサー、モーターなどのモジュールを磁石で組み合わせ、さまざまな電子回路を遊びながら学べる「littleBits」向けに、楽器メーカーのコルグ(KORG)は独自開発のアナログシンセサイザーをモジュール化したキット「littleBits Synth Kit」を販売すると発表した。(2013/11/6)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
メジャー飛び級で日本野球界への退路を断たれた男の天国と地獄――田澤純一
「田澤ルール」というものをご存じだろうか。日本のドラフトを拒否してメジャーに挑戦した田澤投手は、帰国しても2年間は日本のプロ野球チームと契約できないのだ。(2013/10/31)

ゲーマーに福音となるか? 「DTS Headphone:X」の新技術を体験
ごく普通のヘッドフォンで最大11.1chのサラウンド音響を実現するDTSの「DTS Headphone:X」。しかも今回は、事前の処理なく「リアルタイムにHeadphone:X化する」(同社)という。(2013/9/24)

週末アキバ特価リポート:
定価の9割引、いやそれ以上か……? サーバ向け製品の「奇跡に近いジャンク市」
「通常だとウン万円する」というRextron製のPC切替機やサーバ用ディスプレイなどのジャンク品が、BUY MORE秋葉原本店に入荷。なんと100円〜2000円で売られている。ニッチすぎ……ていうか安すぎ!(2013/9/7)

磁石で合体するイヤフォン、CAVジャパンが「スカンクジュース」を発売
イヤフォン部分とピンジャック部分のコードをマグネットで接続できる“マグネットスプリッタ・イヤフォン”「SKUNK JUICE(スカンクジュース) FG100」が登場。(2013/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。