ニュース
» 2016年03月29日 16時22分 UPDATE

米AUDEZEからLightning接続の平面磁界・全面駆動型ヘッドフォン「EL-8 Titanium」登場

アスクは、米AUDEZE製の平面磁界・全面駆動型ヘッドフォン「EL-8 Titanium」を発売する。iPhoneやiPadと直結するLightning接続タイプだ。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 アスクは3月29日、米AUDEZEの平面磁界・全面駆動型ヘッドフォン「EL-8 Titanium」(200-E8-1117-00/AS-AD020)を発表した。予想市場価格は9万9800円(税別)で、4月1日に発売する。

平面磁界・全面駆動型ヘッドフォン「EL-8 Titanium」(200-E8-1117-00/AS-AD020)
MFi認証を取得し、iPhoneやiPadなどのLightningコネクターに直結できる「Cipher Lightningケーブル」を付属しており、マイクリモコン部に24bit対応のDACとDSP、デジタルアンプを内蔵している
Cipher Lightningケーブルが付属する

 BMWのデザイン部門「BMW Group DesignWorks USA」とのコラボレーションによる密閉型ヘッドフォン。iPhoneやiPadなどのLightningコネクターに直結できる専用のオーディオケーブルを付属し、マイクリモコン部に24bit対応DACとDSP、デジタルアンプを内蔵した。また、10バンドイコライザー機能を備えた独自のiOSアプリにも対応する。

 音質面では、AUDEZEが新たに導入した独自の平面磁気技術「Fluxor Magnetic Technology」により、”最高級ネオジウム磁気回路のほぼ倍”となる高い磁束密度を実現したという。同社は「ポータブルオーディオプレーヤー、スマートフォンでも十分に動作する高感度再生と軽量化を実現した」とコメントしている。

 また業界初の「Uniforceダイヤフラム」を採用。振動板全体に均一化された磁場を生成し、劇的な歪みの減少に加え、高い解像度と改良されたイメージングをもたらすという。

 そのほか、空気の流れによって帯域バランスを調整する独自技術「Fazor Technology」を採用。より正確な音像、音場の再現に加え、位相応答やより広範囲にフラットな周波数特性の確保が可能になったとしている。

 主な仕様は、周波数特性が10〜5万Hz、感度が100dB/1mW、インピーダンスが30Ω。重量は460g。Cipher Lightningケーブル、ヘッドフォンケーブル(2m)、3.5mmステレオミニプラグ変換アダプターが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう