ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BMW」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BMW」に関する情報が集まったページです。

名前めっちゃつよそう! BMW、限定3台のスーパー激レア車「ゴールデンサンダー」発売
8シリーズの美しい限定車です。(2020/7/22)

Apple、車のデジタルキーに対応した「iOS 13.6 ソフトウェア・アップデート」を配布開始
BMWの最新機種で、iPhoneをデジタルキーに使えるようになった。(2020/7/16)

車載情報機器:
中古車でもパーソナライズ可能に、BMWが新たなOTA計画を発表
BMWは2020年7月2日、2020年第3四半期以降の車載ソフトウェアのアップグレードについて発表した。(2020/7/6)

iPhoneとApple Watchを鍵にできるBMW車種一覧
BMW、はiPhone/Apple Watchをデジタルキーとして使用可能な車種を発表。(2020/6/24)

「鼻、デカっ!」「悪夢のような現実」「いや、よく見るとかっこいい」 新しいBMW 4シリーズ、どう? SNSで賛否両論
かっこいい? だめ?(2020/6/11)

ガソリン車と電気自動車、どっちが速いのか BMW「M8」とポルシェ「タイカン」で実車対決、その結果は……?
どちらも600馬力を超えるハイパフォーマンスなクルマです。(2020/5/13)

エコカー技術:
環境に優しいクルマは好印象だが9割が価格重視、BMWが日本で調査
BMWの日本法人ビー・エム・ダブリューは2020年4月24日、次世代車に関する意識調査の結果を発表した。回答者の7割が環境に優しいクルマを求めており、次世代車ドライバーへの好感度も高い一方で、車両本体価格やランニングコストを重視する傾向も強い結果が示された。(2020/4/28)

お金がないならダンボールで作ればいい BMWのスーパーバイク「S1000RR」を再現した自作レプリカが予想以上にすごい
これがダンボール……!?(2020/4/13)

ぐぽぉーんって音がしそう モノアイ型ロボットみたいなSF感バリバリ ロシアのカスタムバイクが話題に
BMWの「R NineT」をベースにしています。(2020/4/10)

その辺のクルマより排気量デカい…… BMW、1800ccボクサーツイン搭載の怪物バイク「R18」発売
1800ccってマジですかぁぁぁ。【写真48枚】(2020/4/9)

トルクマシマシで燃料代も節約! BMW 1シリーズに「クリーンディーゼル」搭載の新モデル
FFになった3代目1シリーズに新エンジンが追加〜。(2020/4/3)

電気自動車:
BMWが「i4」のコンセプトモデルを世界初公開、量産は2021年
BMWは2020年3月3日、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「Concept i4」を発表した。走行距離はWLTPモードで600kmの走行が可能だ。(2020/3/4)

最大300馬力、5秒足らずで時速100キロ!? BMW、コンパクトカー「ミニ」新型ハイパフォーマンスモデルを発表、価格は615万円
静止状態から時速100キロまで約4.9秒とハイパフォーマンス。(2020/2/17)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントの試乗レポート:
FRという個性を捨てて、BMW「1シリーズ」は生き残れるのか
ついにこの時が来てしまった。BMW「1シリーズ」のFF(前輪駆動)化だ。は後輪駆動にこだわりを持っていて、2003年式のSUBARU「レガシィB4」を最後に、メインのクルマは常にFRだ。新型1シリーズ(以下型式名のF40)への第一印象はネガティブだ。でも乗ってみなければ語れない。(2020/2/13)

優雅な外観でパワフルな走りが楽しめる BMW、最上級4ドアクーペに600馬力を超えるチューンドモデル「M8 グランクーペ」を追加
ツーリングからサーキットまで活躍できる4ドアクーペです。(2020/1/31)

BMWと「パックマン」がまさかのコラボ 2シリーズ グランクーペで「4ドアの常識を食い尽くして覆しちゃうぞ」とアピール
以前は「バカボン」、今回はパックマンです。(2020/1/29)

CES2020:
中国発の超大画面インフォテインメント、アプリ開発者向けプラットフォームを公開
中国の電気自動車(EV)ベンチャーBYTONは2020年1月5日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のプレスカンファレンスにおいて、2020年から量産を開始するSUVタイプのEV「M-BYTE」を北米で初披露した。北米での販売価格は4万5000ドル(約486万円)を予定している。BYTONは日産自動車やBMWのOBが立ち上げた。(2020/1/7)

製造マネジメントニュース:
三菱商事とNTTが地図大手HEREの筆頭株主に、デジタル変革で位置情報活用
三菱商事とNTTは2019年12月20日、デジタルトランスフォーメーション(DX)による産業バリューチェーンの変革を目的とした業務提携に合意したと発表した。その一環で、地図データ大手のHERE Technologiesの株式の3割を取得する。この取引が完了すると、HEREの株主はAudi、Bosch、BMW、Continental、Intel Capital、三菱商事、Mercedes-Benz、NTT、パイオニアの9社になる。(2019/12/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーにとっての安全性と、ボルボ
自動車メーカーの安全に対するスタンスは、大別して3つあると筆者は思っている。代表的なメーカーでいえば、1つ目がテスラ、2つ目がダイムラーやBMW、そして3つ目が日本の自動車メーカーだ。という中でボルボは少し特殊だと思っている。ご存じの通り、「安全」というキーワードは、ボルボというブランドの価値の中で大きな部分を占める。(2019/12/16)

BMW、CarPlayのサブスク料金制を中止
BMWが、Appleの「CarPlay」で課していた年額1万3900円のサブスクリプション料金を廃止する。i3やi8などの一部のモデルでは5万1500円の一括支払いの使用料が必要だ。(2019/12/5)

スマートファクトリー:
BMWがスマート工場化を加速、ベッコフの産業用PCを2030年までに10万台導入へ
ドイツのBeckhoff Automation(以下、ベッコフ)は2019年11月14日(現地時間)、自動車メーカーBMWの工場に対して2030年までに産業用PCとコントロールパネルを供給する契約を結んだと発表した。納入台数は合計で10万台に及ぶという。(2019/12/2)

そういうクルマじゃねぇから! ロシアの旅行会社、BMWの高級セダンを軍用トラックと合体させる暴挙 森林ツアーで人気に
ロシアらしい、豪快さのあるオフロードカーではあります。(2019/11/18)

まさかの実写化も 「天才バカボン」がBMWとコラボ、アメコミ調に変身したイケおじパパが登場なのだ
アメコミ風な絵柄で描かれた、Webムービーも公開中です。(2019/11/9)

豪BMW、E46 3シリーズ約1万2000台リコール タカタ製エアバッグ搭載97年〜00年製造車種が対象
日本での対応については未発表。(2019/11/8)

BMW、新型「X1」を発表 デザイン一新、大型キドニーグリルで迫力アップ
人気コンパクトSUVがより個性を強調。(2019/10/3)

ド派手やで 「BMW 7シリーズ」に西日本限定の強烈カラー特別仕様車【写真44枚】
真っ黒仕様はあの「世界で最も黒い黒」のアレを思い出しますよぉぉ。(2019/10/1)

BMW「X1」にPHVモデル、バッテリーだけで最大57キロ走れる【画像33枚】
キドニーグリルがもりっとでっかくなったX1の2020年MC版に設定。(2019/9/26)

つけいるスキがない ドローン爆撃にも対策した最強の防弾仕様車「BMW X5 Protection VR6」爆誕
あらゆる攻撃を想定した要人防護用の最強仕様。(2019/9/17)

FF化で残念!? でっけーキドニーグリルで主張 BMWが新型「1シリーズ」を発表
「FFでも心配ない」とする走りの技術を国内初採用。(2019/9/2)

「世界で最も黒い黒」ウソのように真っ黒なBMWがデビュー、すごすぎる黒すごすぎる
まるで2次元、3次元でも2次元。(2019/8/30)

スピン経済の歩き方:
なぜ「BMW」は叩かれるのか “自己チュードライバー”のアイコンになる日
あおり運転をしている「BMW」の映像が、何度も流れている。“暴走カップル”がようやく逮捕されたわけだが、気になることがある。それは「BMW=ネガティブ」なイメージにならないかである。「そんなことはないでしょ」と思われたかもしれないが、実は……。(2019/8/20)

アンディ・ウォーホルがペイントした「BMW M1 アートカー」公開 40年前の車両、存在感すごすぎ
お値段……? いくらくらいかも想像できません。(2019/8/1)

優美なGTカー BMW 6シリーズグランツーリスモにクリーンディーゼル仕様「623d」を追加
大人な人向けのラグジュアリーハッチバック。【画像84枚】(2019/7/29)

BMW、Appleの「CarPlay」オプションを年額1万3900円のサブスク制に
BMWが2019年以降に販売する新車でAppleの「CarPlay」を使うには、月額130円(お試し料金)、年額1万3900円のサブスクリプション料金が必要になる。CarPlay対応メーカーは多いが、サービス利用を有償にするのはBMWが初めてだ。(2019/7/29)

BMW怪物クーペの美しきオープン仕様 写真で見る「M8カブリオレ」
流麗なボディーに過激なV8ツインターボ625馬力。【写真46枚】(2019/7/25)

「ハーレーもBMWも、電動車なら中免で乗れる」 日本の二輪免許制度のうれしい謎
電動バイク時代の日本は、もしかして天国か。(2019/7/10)

BMW、新型「X6」発表 クーペ型SUVを刷新 日本の夜の街を疾走する公式写真も公開
ブレードランナー風? な国際広報写真が公開されています。(2019/7/3)

BMWが電動バイク「Vision DC ロードスター」披露 伝統のボクサーエンジンスタイルに未来的デザイン
電動でもBMWのバイクっぽさを目指したとのこと。(2019/6/27)

BMW、新たなる「M」のフラッグシップ「M8」発表 625馬力の怪力クーペ
8シリーズ譲りの優美さも兼ね備えています。(2019/6/26)

BMW、新型SUV「X7」発表 ラグジュアリーな最上級モデル 530馬力の「M50i」も設定
3列シートの広大な室内空間を実現しています。(2019/6/24)

BMW、最高510馬力のスーパーSUV「X3 M」「X4 M」発表 ミドルクラスSUVに初のMモデル
X3とX4に初のMモデル登場。(2019/6/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スープラはBMW Z4なのか?
スープラ/Z4共同開発企画の原点は、トヨタにあった。そして、特徴的なディメンジョンを決め、開発にGOサインが出てからは、スープラとZ4はそれぞれ独自に開発を進めた。共通基盤を開発してからは、それぞれの理想とするクーペとオープンカーを作るために完全に交流を絶って、それぞれが理想とするクルマを作った。スープラのチーフエンジニアが語る、開発インサイドストーリー。(2019/6/24)

BMW、最上級クーペの4ドアモデル「8シリーズ グランクーペ」発表 実用性も兼ね備える
これなら奥さんも許してくれる(買えるなら)。(2019/6/19)

BMW、新型「3シリーズ ツーリング」発表 ワゴンもフルモデルチェンジ、374馬力の高性能版「M340i」も
セダンに続きワゴンもフルモデルチェンジ。(2019/6/18)

ベンチマークテストも:
ASUS「ROG Strix G G531GW」開封レビュー!
ASUSが、BMW DesignworksとのコラボデザインのゲーミングノートPC「ROG Strix」シリーズを6月21日から順次発売する。15.6型の注目モデルをチェックした。(2019/6/15)

BMWがボクサーエンジンの未来を示すバイク「Concept R18」発表 超絶美麗なビンテージ感出しまくり!
「雰囲気びんびんビンテージ」、でも中身は最新。(2019/5/28)

高速道路「手放し運転」に対応 美しい上級クーペ「BMW・8シリーズ」にクリーンディーゼル搭載モデル
自動運転レベル2の「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」、2019年夏以降に。(2019/5/21)

BMW・ベンツに“無料”で乗れる「0円マイカー」始動 条件は「レンタカーの管理」
DeNA SOMPO Mobilityが、個人間カーシェアサービス「Anyca」で「0円マイカー」のオーナー募集を始めた。駐車場を提供したり、レンタカーを管理したりすると高級車を無料で使える。(2019/5/16)

製造マネジメントニュース:
BMWグループとマイクロソフト、スマート工場の新たなプラットフォームを設立
ドイツのBMWグループと米国マイクロソフトは2019年4月2日(現地時間)、開催中のハノーバーメッセ(2019年4月1〜27日、ドイツ・ハノーバーメッセ)でスマートファクトリーのプラットフォームを共同で展開する「Open Manufacturing Platform(OMP)」を発表した。(2019/4/5)

スープラより一足お先に! BMW、華麗なオープンスポーツ「Z4」新型を日本発売
566万円から、340馬力の直6ツインターボ仕様も。(2019/3/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。