ニュース
» 2016年04月12日 17時06分 UPDATE

ユキム、独エラックのイネーブルドスピーカー「TS3030」を発売

ユキムは、独ELAC(エラック)のイネーブルドスピーカー「TS3030」を4月下旬に発売する。

[ITmedia]

 ユキムは、独ELAC(エラック)のイネーブルドスピーカー「TS3030」を4月下旬に発売する。価格はペアで11万円(税別)。Dolby Atomos再生時、天井スピーカーの代わりに設置するスピーカー。天井の反射を利用して、あたかも天井にスピーカーがあるかのような効果を生み出す。

ts_elacsp01.jpg 「TS3030」

 TS3030は同軸2Wayユニットを採用した密閉型。「BS302」と共通の20mmシルクドームツイーターに新規開発の85×115mmのだ円形ウーファーを組み合わせた。同社の260LINEや400LINEとの組みあわせを想定しているという。周波数特性は85〜3万5000Hz、インピーダンスは4Ω。

 キャビネットは、MDFとアルミパネルを使い分けて剛性をアップ。底面には壁に引っ掛けることのできる取り付け穴も配置しており、「スピーカーの上に設置する以外にもさまざまな用途が想定されている」(ユキム)という。

ts_elacsp02.jpg スピーカー端子はスプリングロック式

 1台あたりのサイズは160(幅)×245(奥行き)×112(高さ)mm。重量は2.5kg。スピーカー端子はスプリングロック式(バナナプラグ不可)。

関連キーワード

スピーカー | Dolby Atmos | サラウンド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう