ニュース
» 2016年04月20日 16時52分 UPDATE

ニコンのDXフォーマット新フラッグシップ「D500」、4月28日発売決定

ニコンが「D500」 の発売日を発表。3月から4月下旬に延期されていたが、晴れて4月28日の発売が決まった。

[園部修,ITmedia]

 ニコンイメージングジャパンは4月20日、APS-Cサイズ相当のDXフォーマットに対応したCMOSセンサーを採用するデジタル一眼レフカメラ「D500」を、4月28日から販売すると発表した。当初3月の発売を予定していたが、「好評につき、発売に必要な台数をご用意できないため」との理由で4月下旬に延期していた。価格はオープンプライス。実売予想価格はボディが26万円前後(税込)、「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」が付属するD500 16-80 VRレンズキットが34万円前後(税込)。

D500 D500

 D500本体のほか、「D500 16-80 VR レンズキット」「ワイヤレストランスミッター WT-7」「マルチパワーバッテリーパック MB-D17」「セミソフトケース CF-DC8」「ストラップ AN-DC17」「USBケーブル用端子カバー UF-7」「ステレオミニプラグケーブル用端子カバー UF-8」といった関連製品も同日発売になる。

 D500は、153点AFシステムや新画像処理エンジン「EXPEED 5」など、フラッグシップモデルのD5に採用された最新システムをふんだんに取り入れたDXフォーマットの最上位モデル。有効2088万画素のDXフォーマット(23.5×15.7ミリ)CMOSセンサーに、新開発したという「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」を組み合わせた。AFポイントは153点で、このうち中央部と周辺部の99点がクロスセンサ−となっている。常用感度はISO100〜51200、減感はISO50相当(Lo 1)、増感はISO1640000相当(Hi 5)をサポート。フリッカー低減機能も用意した。

D500 D5と共通のAFシステムを搭載。連写速度は秒間10コマ

 連写速度は10コマ/秒。バッファメモリを増量し、14ビット記録のロスレス圧縮RAWデータでも200コマまでの連続撮影が可能だという。4K UHD(3840×2160)/30pでの動画撮影もサポートしており、高精細な映像撮影などにも利用可能。フルHD、HD動画撮影時には、上下、左右、回転の3方向のブレの影響を軽減する「電子手ブレ補正機能」や、白とび、黒つぶれを抑えた自然な明るさの映像が得られる「アクティブD-ライティング」も使用可能だ。

D500 背面にはチルト式のモニターを搭載
D500 モニターは3.2型で約236万ピクセル

 背面の液晶モニターは3.2型(約236万ピクセル)で、タッチセンサーを搭載。タッチAFやタッチシャッターなども利用できる。上が最大約90度、下は最大約75度まで稼働するチルト式で、多様なアングルでの撮影が可能となっている。

 外形寸法は約147×115×81ミリ。重さは約860グラム(バッテリーおよびXQDカードを含む、ボディーキャップを除く)。メモリカードはXQDカードとSDXC/SDHC/SDメモリーカードが利用できる。

D500 D500の左側面
D500 D500の右側面
D500 ボディがD300と比べて薄くなり、グリップは深くなっている
D500 操作系はFXフォーマットフラッグシップのD5と共通化している
D500 上面と背面はマグネシウム合金製

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう