ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ニコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

第24回R&R 建築再生展2019:
建設現場で部品の製作や修繕ができる金属3Dプリンタ、ニコン
ニコンは、「第24回R&R 建築再生展2019」で、3D金属プリンタ「Lasermeister 100A」を披露。積層造形やレーザー加工による小型の建設部材の製作、修繕、加工を提案した。(2019/6/19)

光加工機「Lasermeister 100A」:
光学技術に強みを持つニコンが本気で作った“常識破り”の金属3Dプリンタ
ニコンは、金属材料の付加積層造形をはじめとした多様な金属加工機能を提供する光加工機「Lasermeister 100A」の販売を開始した。なぜ、ニコンが金属3Dプリンタを開発するに至ったのか? その背景や狙いについて開発担当者に聞いた。(2019/6/6)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ポテンシャルを感じたニコンの金属3Dプリンタ、課題はどこで強みを発揮できるか
なかなかユニークな装置です。(2019/6/4)

ニコンのミラーレス、一部で「十分に手ブレ補正効かない」不具合 点検修理へ
ニコンのミラーレス一眼カメラ「Z 7」と「Z 6」の一部で十分な手ブレ補正効果が得られない不具合があることが分かった。対象製品は無償修理する。(2019/5/16)

3Dプリンタニュース:
簡単な操作で、多様な金属加工に対応する光加工機
ニコンは、簡単な操作でさまざまな金属加工に対応する光加工機「Lasermeister 100A」を発表した。一般的な金属加工機で行われる「段取り」と呼ばれる準備作業が不要で、加工対象を自動で認識して加工を開始する。(2019/4/26)

異例の機種「Df」はなぜ生まれたか:
カメラ開発40年「ミスター・ニコン」に聞く 楽しみ抜いた“名機”開発の裏側
40年以上カメラ開発の現場を歩んできた、ニコンの後藤哲朗さん。2013年発売の「Df」には、後藤さんのカメラへの熱い思いが込められている。「便利で使いやすい」とは違うDfの価値とは? 楽しむことを忘れずに取り組んできた開発の経験について聞いた。(2019/3/22)

分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き
ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。(2019/3/15)

狙いはボリュームゾーン:
分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き
ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。2月28日〜3月3日にパシフィコ横浜で開かれたアジア最大のカメラ見本市「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。(2019/3/15)

ミラーレス合戦、広がる価格帯 カメラ見本市「CP+」でアピール
アジア最大のカメラ見本市「CP+」が28日、横浜市で3月3日までの日程で開幕する。これを前にカメラ各社が相次いでミラーレスカメラの新機種を発表、プロ仕様の高級機から手頃な小型・軽量機まで価格帯も広がってきた。昨年はニコンとキヤノンが本格参入し、ミラーレスの国内出荷台数が一眼レフを上回っており、商戦が盛り上がりそうだ。(2019/2/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月24日〜12月30日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5600 ダブルズームキット」3週連続2位
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」の連続トップは22週に。キヤノンのトップ3独占をニコン「D5600 ダブルズームキット」が阻止している。(2019/1/28)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
画素数が少ないメリットも 出来のいい弟分「Nikon Z 6」
ニコンの「Z 7」は良さそうだけど、高いよなあと思っていたみなさま、お待たせしました、って感じ。弟分の「Z 6」の登場である。(2018/11/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月15日〜10月21日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5600 ダブルズームキット」がキヤノン勢のトップ3独占崩す
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が12連勝。3週続いたキヤノン勢のトップ3独占はニコン「D5600 ダブルズームキット」が阻止。(2018/11/13)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
今一番注目されてるフルサイズミラーレス一眼、キヤノン「EOS R」
ソニー、ニコンに続きキヤノンから登場したフルサイズミラーレス一眼「EOS R」である。AFはすごく速くて暗所にも強いなど基本性能は高い。コントロールリング付きのマウントアダプターも使ってみた。(2018/10/27)

ニコンのZマウント初号機「Z 7」の実力は?
とうとう来ました、ニコンのZマウント初号機「Z 7」。ミラーレス一眼のために開発されたZマウントを搭載したZ 7が手元に来たのでさっそくチェックである。(2018/10/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月24日〜9月30日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」4位後退で3カ月ぶりキヤノントップ3独占
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が連勝を9に伸ばした。ニコン勢は4位に下がり、キヤノン勢がトップ3を独占した。(2018/10/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月17日〜9月23日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3カ月ぶり2位浮上
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は8連勝。7週2位を守ったニコン勢に替わって、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が2位。(2018/10/5)

前代未聞の“巨大コンパクトカメラ” ニコン「P1000」で月を狙う
いやもうデジカメ史上もっとも荒唐無稽、といっても過言じゃないカメラが発売されたのである。巨大なコンパクトカメラ、ニコンの「P1000」。125倍ズームである。(2018/10/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月10日〜9月16日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」7連勝
トップは変わらずキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で7週連続。2位は前回に続いてニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」。(2018/10/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月3日〜9月9日):
デジタル一眼ランキングの激しい2位争い、ニコンが入れ替わりながらも6週連続死守
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6連勝。今回も動き、2位にニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」が入った。(2018/9/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月27日〜9月2日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5600 ダブルズームキット」が2位返り咲き
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」5連勝。2位以下はまたも動きがあり、2位にニコン「D5600 ダブルズームキット」が2週ぶりに上がった。(2018/9/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月20日〜8月26日):
デジタル一眼ランキング2位「D5300」3位「D5600」、ニコン勢約2年2カ月ぶり
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」4連勝。2位と3位はニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」と「D5600 ダブルズームキット」。トップ3内にニコン勢2機種が入るのは約2年2カ月ぶり。(2018/9/11)

FAニュース:
精密被検物を素早く測定する、シリーズ最高精度のCNC画像測定システム
ニコンは、CNC画像測定システム「NEXIV」シリーズ最高精度となる「NEXIV VMZ-H3030」を発表した。半導体パッケージや電子部品、機械部品など、精密な被検物の寸法を高速、高精度に自動測定する。(2018/9/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月13日〜8月19日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」3連勝
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が3連勝。ニコンは「D5300 AF-P ダブルズームキット」が2週ぶりにランキングに帰ってきてトップ10に3機種が入った。(2018/9/3)

ニコンは「Zマウント」でカメラの王道を行く
ニコンが新しい「Zマウント」を採用したフルサイズミラーレス機「ニコン Z」2機種を発表した。カメラとしての王道を行くべく、土台を作ったミラーレス一眼といっていい。(2018/8/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月6日〜8月12日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」2連勝
前回トップ奪還のキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が連勝も、ニコン「D5600 ダブルズームキット」も2位に踏みとどまった。(2018/9/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月30日〜8月5日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」がすぐさまトップ奪還
前回ニコン「D5600 ダブルズームキット」に奪われたトップを、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が奪い返す。(2018/8/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月23日〜7月29日):
デジタル一眼ランキング、「D5600 ダブルズームキット」がニコン勢1年5カ月ぶりのトップ
ニコン「D5600 ダブルズームキット」がトップで、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」の9連勝を阻止。(2018/8/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月16日〜7月22日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」8連勝
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は8週連続のトップ。キヤノン、ニコン、オリンパス、それぞれ3機種ずつがトップ10入り。(2018/8/2)

ニコン、フルサイズミラーレス開発を正式発表 一眼レフも「継続」
新マウントのフルサイズミラーレスの開発を正式発表。マウントアダプターを介してFマウントも利用可。(2018/7/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月9日〜7月15日):
デジタル一眼ランキング、8週ぶりにニコン3機種がランクイン
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が7週連続トップ。トップ3は前回と変わらず、3位にニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2018/7/31)

ニコン、謎のティーザー動画 フルサイズミラーレス機か
ニコンは7月23日、謎のカメラが映ったティーザー動画を公開した。フランジバックが短く、ミラーボックスがないと思われる真っ黒なカメラが登場する。(2018/7/23)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月2日〜7月8日):
オリンパス好調、デジタル一眼ランキングに3機種ランクイン
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6週連続。トップ3のキヤノン勢独占は3週で崩れ3位にニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2018/7/24)

ニコン、光学125倍ズーム搭載「COOLPIX P1000」海外発表 3000ミリ相当の超望遠撮影
ニコン米国法人が3000ミリ相当の125倍ズームレンズを搭載するレンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX P1000」を発表した。9月発売。(2018/7/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月4日〜6月10日):
デジタル一眼ランキング、ニコンがじわり上昇「D5600 ダブルズームキット」3位
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。一方9週続いたキヤノン勢のトップ3独占状態が崩れた。(2018/6/20)

第10.5世代プレートサイズ対応:
ニコン、FPD露光装置の新製品「FX-103S」「FX-103SH」を発売
ニコンは、FPD露光装置の新製品「FX-103S」「FX-103SH」を発売した。第10.5世代プレートサイズ対応で、4Kテレビや8Kテレビ、高精細タブレットの液晶パネル、有機ELパネルなどの量産に最適だという。(2018/4/6)

FAニュース:
高精細大型パネルの生産に適した、高タクトタイム高解像度のFPD露光装置
ニコンは、第10.5世代のプレートサイズに対応するFPD露光装置の新製品「FX-103S」「FX-103SH」を発売した。FX-103Sは、従来機「FX-101S」との比較で高タクトタイムを達成。FX-103SHは、高解像機能を備えている。(2018/3/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月26日〜3月4日):
デジタル一眼ランキングに、ニコン「D3400 ダブルズームキット」が初登場
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が4週ぶりにトップ返り咲き。2016年発売のニコン「D3400 ダブルズームキット」が初のトップ10入り。(2018/3/19)

ロボデックス:
ニコンがロボット用アクチュエータに参入へ、センサー不要で精密制御を可能に
ニコンは「ロボデックス 2018」において、ロボット用の一体型アクチュエーターを出展した。同社は従来アクチュエータ用のエンコーダーなどは製品化していたが、アクチュエータ本体の製品化に取り組む。(2018/1/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月30日〜11月5日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が初のトップ
デジ一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が初めて1位に。「D5300 AF-P ダブルズームキット」はニコン機として久々のトップ3入り。(2017/11/9)

ニコンが中国の生産子会社を清算へ スマホ台頭でコンデジ不振
ニコンは、中国の生産子会社Nikon Imaging Chinaの操業を停止する。スマホの台頭によりコンパクトデジタルカメラの市場が急速に縮小したため。(2017/10/30)

これ1台で何でも撮れる最強一眼レフ、ニコン「D850」
ニコンの「D850」である。高画素機でありながら連写速度も上げてきて、その気になれば1台で何でも撮れる最強の一眼レフだ。(2017/9/26)

男性写真家ばかりのニコンのキャンペーンに「性差別」と批判の声
「女性の写真家はどこ?」「性差別だ」などの声が上がっていました。(2017/9/17)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月4日〜9月10日):
デジタル一眼ランキングにニコンの新フルサイズ機「D850」登場
デジタル一眼ランキングに、ニコンの新フルサイズ機「D850」が早くも登場した。トップは「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が12連勝。(2017/9/20)

ニコン「D850」開発を発表 「D810」後継機
ニコンがプロ向けのデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」の開発を進めていると発表した。(2017/7/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月3日〜7月9日):
デジ一眼ランキングは前回から変化なし コンデジランキングはニコンが久々トップ
デジタル一眼ランキングは前回とまったく同じトップ10。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3連勝。コンパクトデジカメランキングはニコンが9カ月ぶりの1位。(2017/7/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月1日〜5月7日):
ニコンの新エントリーモデル「D5600 ダブルズームキット」が総合ランキングに登場
前回のニコン「D5300 AF-P ダブルズームキット」に続いて、ニコンの新エントリーモデル「D5600 ダブルズームキット」が総合ランキングに登場。(2017/5/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月24日〜4月30日):
ニコン反撃開始、新レンズキット「D5300 AF-P ダブルズームキット」が初登場
4週ぶりにキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」がトップ。キヤノンの優勢は変わらないが、ニコンの新レンズキット「D5300 AF-P ダブルズームキット」が初ランクイン。(2017/5/10)

2001年に続き2度目:
ニコンとASML、半導体露光装置で特許係争
ニコンは2017年4月24日、半導体露光技術に関して特許の侵害があるとして、ASMLと、ASMLのサプライヤーであるCarl Zeissを提訴した。この発表の直後となる4月28日(オランダ時間)、ASMLは特許侵害を強く否定し、ニコンに対して対抗訴訟を起こすと発表した。(2017/5/2)

ニコン「D7500」6月発売 D7000シリーズ初の4K撮影対応
D7000シリーズとして初めて4K撮影に対応。DXフォーマットのフラッグシップモデル「D500」と同じ画像処理エンジン、CMOSセンサーを採用している。(2017/4/12)

ニコンブランドからスマホ専用メガネレンズ発売 下部の度数が異なる設計で目の筋肉をサポート
レンズ全体にブルーライトカットコートを採用し、目への負担を軽減。(2017/4/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。