ニュース
» 2016年04月21日 15時29分 UPDATE

パイオニア、Diracブランドの代理店契約を締結――音響補正技術を連携を強化

パイオニアは、スウェーデンのDirac Researchと国内総代理店契約を締結。総代理店としてDiracの音響補正技術に関するライセンス提供を手がける。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パイオニアは4月21日、スウェーデンのDirac Researchと日本国内における総代理店契約の締結を発表した。Dirac ResearchはDiracブランドとして、車載オーディオ、音響機器、劇場用音響機器メーカーなどを展開する音響統合専門シンクタンク。パイオニアは、本契約によって「国内におけるDiracの音響補正技術に関するライセンス提供を総代理店として行う」(同社)という。

hm_pa02.jpg Diracブランドのロゴ
hm_pa01.jpg パイオニアが販売中のUSBスピーカー「DESK LIVE」(ISS-C270A-S、2014年発売)。Dirac Researchの「Dirac HD Sound」を採用している

 パイオニアは「今後、当社のスピーカー技術に同社の音響補正技術を連携させ、当社のスピーカー外販事業におけるスピーカーソリューションシステムとして、PC やオーディオ機器、アミューズメント機器事業など幅広い企業向けに提案する予定」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう