ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Y!mobileの「かんたんスマホ」が迷惑電話対策機能を追加 新色も3月7日発売
Y!mobileブランドで販売中のシニア向けスマートフォンに、迷惑電話対策機能が追加される。ソフトウェア更新を行えば追加料金なし(無料)で利用できる。3月7日には新色「シルバー」も追加する。(2019/2/21)

マウス、RTX 2060搭載デスクトップPCを各ブランドから発売
マウスコンピューターは、同社PCブランド「mouse」「DAIV」「G-Tune」からそれぞれGeForce RTX 2060搭載デスクトップPCの販売を開始する。(2019/2/21)

ZOZO初の減益へ ゾゾスーツのPB大誤算、アパレル各社離反も痛手
ZOZOが1998年の会社設立以来初の減益となる。「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。Twitterで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、出店を取りやめる“ZOZO離れ”が顕在化している。(2019/2/21)

今日のリサーチ:
企業のリアルイベント実施目的は「ブランドへの好意獲得」――GENEROSITY調べ
GENEROSITYは企業のリアルイベントに関するアンケート調査を実施しました。(2019/2/21)

バンダイ、AIカードゲーム「ゼノンザード」発表 HEROZと共同開発
バンダイがAIを活用したデジタルカードゲームのブランドを立ち上げた。第1弾として、スマートフォン向けアプリ「ゼノンザード」を発表。(2019/2/20)

SOLIDWORKS World 2019:
3D界のYoutubeを目指す――3DEXPERIENCE.WORKSが描くSOLIDWORKSの青写真
SOLIDWORKS World 2019では4つの発表を通じて、3DEXPERIENCEプラットフォームとの連携を深化させることを明らかにした。SOLIDWORKSブランドのCEO(最高経営責任者)であるジャン・パオロ・バッシ(Gian Paolo Bassi)氏は、SOLIDWORKSを3D市場におけるデファクトスタンダードとする青写真を描く。(2019/2/20)

製造マネジメントニュース:
ホンダが本田技研含めた体制変更、欧州では「電動化を機にブランド強化」
ホンダは2019年2月19日、東京都内で会見を開き、同年4月1日付の組織運営体制の変更と、四輪車の電動化に向けた生産体制の見直しについて発表した。(2019/2/20)

格安SIM業界初:
ユーザーからの“愛”でサブブランド対抗 mineo「アンバサダー制度」は吉か凶か
MVNO「mineo」を運営するケイ・オプティコムが2019年の事業戦略を発表。事業方針や契約数といった情報をコアユーザーに共有し、新サービスなどを一緒に考える「アンバサダー制度」を3月から開始するという。業界初の取り組みは、どのような成果をもたらすのだろうか。(2019/2/19)

IT管理者なら必ず押さえておきたい
「Windows 10 Enterprise」を理想の姿にする5つのカスタマイズ機能
システム管理者が「Windows 10」をカスタマイズするための5つの機能「カスタムログオン」「フィルターキー機能」「Shell Launcher」「ブランドではないブート」「統合書き込みフィルター(UWF)」について紹介する。(2019/2/16)

狙われる日本:
訪日外国人による「偽造クレカ」犯罪 その巧妙な手口とは……
インバウンド(訪日外国人客)による消費が増加する日本国内で、偽造クレジットカードで高級ブランド品などを購入する事件が相次いでいる。偽造対策が遅れている日本を外国人犯罪グループが標的にしており、摘発される外国人は急増。偽造カードの持ち込みやブランド品購入などの役割を細分化するなど、手口は巧妙化している。(2019/2/15)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク、NTTドコモの対抗馬は「ワイモバイル」で決まり――KDDIとUQモバイルはどんな戦略を練っていくのか
ソフトバンクが上場後初となる決算説明会を開催。「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドでドコモの料金値下げに対応する姿勢を示したが、これで難しいかじ取りを迫られるのがKDDIとUQコミュニケーションズだ。(2019/2/15)

SOLIDWORKS World 2019:
「xDesign」に続く、SOLIDWORKSブランド第2のxApp「xShape」登場
SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2019」において、Webブラウザベースの3次元設計環境「SOLIDWORKS xDesign」に続く、新たなxAppアプリケーションとして「SOLIDWORKS xShape」が発表された。その特長や狙いを解説する。(2019/2/13)

スマホ中心の金融を目指して――「auフィナンシャルホールディングス」4月発足 傘下企業のブランドは「au」に統一
スマホを中軸に据えた金融事業を展開すべく、KDDIが同事業を統括する中間持株会社を設立。傘下の関連会社は「au」を冠する社名に変更する(一部許認可取得後)。(2019/2/12)

モバイルバッテリーがPSEマーク必須に マークがあれば安心なのか
2月1日からモバイルバッテリーへのPSEマーク表示が義務化された。マークのある製品なら安心して使えるのだろうか。表示に必要な試験や検査について、モバイルバッテリーブランド「Anker」と「Cheero」に聞いてみた。(2019/2/12)

メルカリでApple製品を高く売るちょっとしたコツ
メルカリの取引ブランドランキングで上位に入るApple製品。できるだけ高く売るにはどうすればいい?(2019/2/8)

木造大スパン:
中大規模の木造建築市場に新ブランド「モクタス」で本格参入、東急建設
東急建設は2019年2月1日、今後拡大が見込まれる「中大規模木造建築市場」へ本格参入し、新ブランド「モクタス」を立ち上げた。新開発した8.19mスパンの木造中空間を創出する「連続斜め梁構法」などの木造建築技術を積極的に展開する。(2019/2/4)

「ソフトバンク」と「Y!mobile」 2ブランド併存戦略の“功罪”
ソフトバンクには「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドが併存している。同社は両ブランドの料金プラン設定などを変えることでより幅広いニーズに応えようとしているが、課題もある。両ブランドは、今後どうなるのだろうか。(2019/2/6)

「スープラ」が話題:
東京オートサロンに国内活性化のヒント カギは顧客目線の車造り
個性をとがらせた車が国内外の自動車イベントで存在感を発揮している。1月に開かれた改造車の祭典「東京オートサロン」は、スポーツカーブランドの競演も原動力となって、過去最多の来場者を獲得。米ミシガン州デトロイトで同月に開かれた北米国際自動車ショーでは、トヨタ自動車が17年ぶりに復活させたスポーツカー「スープラ」が話題を呼んだ。そこには、車ファンの裾野を広げるヒントが隠されている。(2019/2/6)

Y!mobileは2019年度上半期に分離プラン対応へ ソフトバンク宮内社長が言及
ソフトバンクが上場後初となる決算説明会を開催。同社の宮内謙社長が、ソフトバンクとY!mobileの両ブランドにおける「分離プラン」について言及した。(2019/2/5)

Spigen、ツートーンカラーが映えるiPhone XR/XS/XS Max用ケース「ジュープ」発売
Spigenの新ブランド「LA MANON」から、iPhone XR/XS/XS Max用の新型ケース「ジュープ」が登場する。TPU製の半透明インナーケースにポリカーボネート製のカバーを被せる二重構造で、ローズゴールドのラインをアクセントとしたツートーンカラーが映えるデザインに仕上がっている。(2019/2/5)

トランプ大統領も前向き:
「アメ車」救った中国市場 米産業界、摩擦緩和求め圧力
米国と中国が「貿易戦争」解消を目指す協議を進める中、米産業界から米政権に対して対立緩和を促す声が強まっている。米企業の成長を支えた対中貿易の低迷や、中国の景気減速への懸念が米株式市場を揺さぶる中、トランプ米大統領も「中国は合意を望んでいる」と協議進展に前向きだ。米国の製造業を代表する自動車メーカーの一部ブランドは中国販売のおかげで「存続の危機を脱した」とされ、米企業は中国との「切れぬ縁」を再確認している。(ワシントン 塩原永久)(2019/2/4)

NuAnsブランドの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE Lightning」発売 PSE法に適合済み
トリニティは、2月1日にNuAnsブランドの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE Lightning」を発売。電気用品安全法(PSE法)への適合やAppleの認定プログラム「MFi」にも認定され、より安全性を向上させている。また、USB Type-C対応モデルも後日発売する予定だ。(2019/2/1)

成功に必要なツールとパートナー
日本企業が世界で戦えるWebサイトを作るために必要なこと
一貫性のあるブランド体験のためのコミュニケーション基盤を、市場展開のスピードを損なうことなく運営するにはどうすればいいか。グローバル企業のWebサイト構築を成功させる秘訣(ひけつ)を探る。(2019/2/1)

「Social Transformation Series」第3弾:
トライバルメディアハウス、Instagramのストーリーズハイライトに特化した縦型動画パッケージサービスを提供
Instagramストーリーズハイライトの企画・コンサルティングと縦型動画制作を行うパッケージサービスが登場。ハイライトへの掲載を想定し、企業・ブランドの持つ世界観をInstagramに合わせた企画・制作を行う。(2019/1/31)

「LINEで偽ブランド取引」に対策 メルカリなどと連携
有名ブランドの模倣品を販売する業者などが、フリマアプリやネットオークションサイト上でLINE IDをやりとりしてLINE上で取引を行っているケースに対策。(2019/1/31)

LINE Payが「Visaクレジットカード」を2019年内に発行へ 年会費無料で初年度は3%還元
LINE Payが、Visaブランドが付与されたクレジットカードの発行を2019年内に開始する。詳細は別途発表されるが、初年度のカード利用還元率は「3%」と高めに設定される見通しだ。(2019/1/29)

ハウステンボスが「変なエネ」開始 再生可能エネルギー中心 テーマパークで発電した電力も
ハウステンボスが電力ベンチャーのみんな電力と提携し、「変なエネ」ブランドで家庭向け電力販売(取り次ぎ)を開始する。テーマパーク内の太陽光発電所で発電した電力を含む再生可能エネルギーが中心になるという。(2019/1/29)

Spigen、艶感のあるボディーのiPhone XS/XS Max/XR対応ケース「エテュイ」発売
Spigenは、新ブランド「LA MANON」からiPhone XS/XS Max/XR対応ケース「エテュイ」を発売。ポリカーボネート素材を使用し、上下2分割構造のケースに背面カバーを装着する3ピース構造となっている。艶感のあるブラック×ゴールドが目を惹くエレガントなデザインで、背面にはゴールドロゴをあしらっている。(2019/1/29)

ユニットコム 3D CAD編集・解析向けパソコン:
初心者からプロまで幅広く対応、3D CAD/解析業務に最適化されたデスクトップPC
ユニットコムは、iiyama PCブランドのSENSE∞から、CG・MOVIE GARAGEシリーズ「3D CAD編集・解析向けパソコン」の販売開始を発表した。(2019/1/29)

「アイコス3」「マルチ」コンビニ展開も:
アイコス専用たばこ「HEETS」全国展開スタート 安さと“海外仕様”の風味で攻める
フィリップモリスジャパンが、IQOS専用ヒートスティック「HEETS」を全国展開すると発表した。価格が税込470円と安いほか、既存の「Marlboro」ブランドとタバコ葉のブレンドが異なる点が特徴。(2019/1/28)

G-Tune、Core i7+RTX 2080搭載の“15周年記念モデル”を販売開始 記念キャンペーンも実施
マウスコンピューターは、ゲーミングPCブランド“G-Tune”の15周年を記念した特別モデルの販売を開始する。(2019/1/28)

2019年の学割、Y!mobileとUQ mobileはどちらがお得?
2019年も学割シーズンが到来した。3キャリアはもちろんだが、サブブランドのY!mobileとUQ mobileも学割を実施している。結論から言うと、UQ mobileの方がお得だと感じた。(2019/1/27)

製造業IoT:
AI関連の売上高10倍を目指すマクニカ、センサーからデータ処理までを包括提供
技術商社のマクニカは2019年1月24日、AI領域における統合ブランド「macnica.ai」を立ち上げることを発表した。AIソリューション関連の売上高は現在の30億円から5年後には300億円規模を狙うとしている。(2019/1/25)

FAニュース:
産業用コンピュータにモジュラータイプのAtomモデルを新たに追加
シュナイダーエレクトリックは、HMIのリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」から、産業用コンピュータ「PS5000」シリーズの新モデル「モジュラータイプのAtomモデル」を発売した。(2019/1/24)

『残念すぎるネコ』ファン必見! ファッションブランドZUCCaと猫写真家・沖昌之さんのコラボアイテムが登場
ユーモアたっぷりなにゃんこたちのアイテムはいかが?(2019/1/23)

止まらない“ZOZO離れ”……一律割引「ARIGATO」にブランド困惑
オンワードにミキハウス……。ZOZOTOWNから有名ブランドが続々と退く姿勢をみせている。同様に撤退を決めた有名アパレルブランドの役員が夕刊フジの直撃に「あまりにもビジネスの方向性として合致しない」とZOZOの経営手法に首をかしげた。(2019/1/21)

CADニュース:
NVIDIA Quadro P3200を搭載したモバイルワークステーション
マウスコンピューターは、法人向けPCブランド「MousePro」から、NVIDIA Quadro P3200を搭載した15.6型モバイルワークステーションを発売した。現行製品と比較して、システムのパフォーマンスが24%向上している。(2019/1/18)

止まらぬZOZO離れ……「ミキハウス」も出品見合わせ 全10%割引「ARIGATO」で
「1億円のお年玉企画」や「月旅行」などが話題のZOZO前澤友作社長だが、有名ブランドの“ゾゾ離れ”が止まらない。昨年末にオンワードがZOZOTOWNから退店を決めたのに続き、大手子供服ブランド「ミキハウス」も出品を見合わせたことが夕刊フジの取材で分かった。(2019/1/18)

Google、Fossilのスマートウォッチ関連知財と人材を4000万ドルで買収
Googleが、2015年からWear OS搭載スマートウォッチを製造販売しているファッションブランドのFossil Groupのスマートウォッチ関連IPと人材を4000万ドルで買収する。(2019/1/18)

高級ブランド品市場の3割を支える:
マックにトヨタも……D&Gだけじゃない! 中国市場、半端な理解の危険性
中国人の高級ブランド好きは有名である。今や高級ブランド品市場の32%を中国人消費者が支えており、今後も増え続けるというのが大方の予想だ。“巨龍”と称され、世界中で注目される中国市場だが、生半可な理解で進出すると、虎の尾を踏むことになりかねない。(ノンフィクション作家・青樹明子)(2019/1/18)

元FREETELの増田薫氏、小型ケータイ「Simple2」発売を予告? Twitterで
「FREETEL」ブランドで知られる増田薫氏が、Twitterで『小型携帯電話「Simple2」を世に出したい。先に海外で出しちゃうかも。』などと発言した。Twitterには「Simple2」とされる実機らしき画像も投稿されている。(2019/1/16)

「当初はほとんどが日本人客だったが……」:
訪日客は“ブランド牛”がお好き? 関西高級ホテルが「鉄板焼き」を強化
関西で訪日客をターゲットにした宿泊特化型ホテルの新規出店が続く中、飲食、宴会施設を持つ既存のホテルが相次いで、レストランの強化に乗り出している。宿泊特化型と差別化を図り、朝食のみの利用にとどまりがちな外国人宿泊客が飲食する機会を増やすのが狙いだ。なかでも、訪日客に根強い人気の「鉄板焼き」への注力が目立っている。(田村慶子)(2019/1/16)

Arm最新動向報告(2):
Armのサーバ向け戦略十年の計は実を結ぶか、新プロセッサ「Neoverse」
2018年後半に入って急激に動きを活発化させているArm。本連載では同社の最新動向について報告する。第2回のテーマはサーバ/クラウド向けの新たなブランド名として発表された「Neoverse」だ。(2019/1/16)

ソフトバンク、「AQUOS R2 compact」を1月18日に発売 約8万円
ソフトバンクは、1月18日にシャープ製スマートフォン「AQUOS R2 compact」を発売。約5.2型のフルHD+(1080×2280ピクセル)IGZO液晶を搭載し、独自のAIシステムを備えた有効画素数約2260万画素のアウトカメラも利用できる。「SoftBank SELECTION」ブランドからは発売に合わせ、アクセサリー計6アイテムを発売する。(2019/1/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
背面の「V」の字がカッコいい! ノッチなし、パンチホールを採用した「Honor V20」
2018年12月、パンチホールディスプレイを搭載したスマートフォンが3機種登場しました。画面の左上のカメラ部分に小穴、すなわち「パンチホール」を開けているのです。今回のその中からHuaweiのサブブランド製品「Honor V20」を紹介します。(2019/1/13)

ハイビームアシストなど標準装備:
日産「エクストレイル」一部改良 スポーティーブランド「AUTECH」も設定
日産自動車は、SUV「エクストレイル」の一部を仕様向上し、1月28日に発売する。カスタムカーブランド「AUTECH」も新たに設定した。(2019/1/11)

2月中旬から北海道限定で:
JT、「ゴールデンバット」ブランドの葉巻を発売 ラム酒風の甘い香りが特徴
JTが2月中旬から、「ゴールデンバット」ブランドのリトルシガー(葉巻の一種)を北海道の一部店舗限定で販売する。通常タイプとメンソールタイプを展開し、価格はともに270円。ラム酒風の甘い香りが特徴という。(2019/1/10)

ケイト・スペード、タッチスパネル対応スマートウォッチを2月下旬発売 4万円台
ケイト・スペード ニューヨークは、1月9日にタッチスクリーンスマートウォッチ「Scallop Smartwatch 2」を発表。ブランド初のタッチスクリーンを搭載し、心拍センサーやGPSトラッキングなどの機能も備えている。全3モデルの価格は4万2000円〜4万9000円(税込)で、2月下旬に先行発売を行う予定だ。(2019/1/9)

「投資が先行する」:
マツダ、新世代商品で攻勢へ 高効率エンジン、年内に2モデル
マツダは2019年から、新型エンジン「スカイアクティブX(エックス)」などの新世代技術を搭載した商品群で攻勢に出る。年内に第1弾の新型「マツダ3」を投入し、第2弾となるスポーツ用多目的車(SUV)の生産を国内で始める。足元の業績は振るわず、投資先行の厳しい局面が続くが、新商品でブランド力を大幅に引き上げ、将来の本格的な成長に向けて足場を固めたい考えだ。(2019/1/9)

CES 2019:
テクニクスのDJターンテーブル新型「SL-1200MK7」夏に製品化 「幅広いユーザー」向け「SL-1500C」も
パナソニックは「CES 2019」で、テクニクスブランドの新製品として、DJ用アナログターンテーブル「SL-1200MK7」を夏に製品化し、欧米や日本で発売すると発表した。レコード愛好家など「幅広いユーザー」をターゲットにしたターンテーブル「SL-1500C」も夏に発売する。(2019/1/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。