ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

3Dプリンタニュース:
ハイエンドヘッドフォンの新たな挑戦、3Dプリンタによる量産で革新を生み出す
飯田ピアノが、独自開発のヘッドフォンブランド「KuraDa」として6年ぶりの新製品「KD-Q1」を発表。前モデルの「KD-P1」が切削加工を用いていたのに対し、KD-Q1は3Dプリンタで量産していることが大きな特徴になる。(2024/7/19)

Marketing Dive:
低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取り上げられる新興ブランドHOKA。好調な売れ行きの背景には、どのような戦略があるのか。(2024/7/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
中国製EVが「日本市場で好調」と言い張りたい、本当の理由
中国製EVが各国市場に進出し、新たな脅威となっている。しかし、安全性や品質の面で、日本では受け入れられないかもしれない。それでも日本に進出する理由は、日本で販売していることを手柄にして、新興国市場でブランドイメージを高められるからだ。(2024/7/19)

メルカリで買ったブランド財布を革職人が磨いたら…… 見違えるビフォーアフターに「ここまで甦らすなんて本当に感動」「良い着色」
宣伝のために実施している企画動画。(2024/7/19)

MSI、広色域表示に対応したビジネス向け27型4K液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、ビジネス向けディスプレイ「PRO」ブランドの新モデルとなる27型4K液晶ディスプレイ「PRO MP273U」を発表した。(2024/7/18)

「UQ mobile」の契約数が1000万回線を突破 記念キャンペーンを8月31日まで開催
KDDIと沖縄セルラー電話の格安ブランド「UQ mobile」の契約数が7月13日付で1000万回線を突破した。そのことを記念して、両社は7月19日から8月31日まで、「UQ mobile 契約数1000万回線突破 ありがとうキャンペーン」を開催する。(2024/7/18)

働き方DXを加速:
NEC、社員2万人に顔認証の「デジタル社員証」導入 どんな変化が?
NECが社内の働き方DXを加速させている。5月にはDX事業の新ブランド「BluStellar」(ブルーステラ)を発表。自社をゼロ番目のクライアントとして、働き方に関するさまざまなDXを強化している。社員2万人に顔認証のデジタル社員証を導入した狙いと変化の中身は?(2024/7/18)

工藤静香、ヴィトンの“40万円超バッグ”&夫・木村拓哉愛用ブランドのネックレス披露 「メンテナンスから帰ってきたばかり」
オシャレにコーディネートしている工藤さん。(2024/7/18)

PayPayカードが「Google Pay」に対応 Androidスマホでタッチ決済を利用可能(JCBブランドは後日)
PayPayカードが発行するVisa/Mastercardブランドのクレジットカードが「Google Pay」に正式対応した。NFC決済対応のAndroidスマートフォンやWear OSスマートウォッチと組み合わせることで、各ブランドのタッチ決済も利用可能だ。(2024/7/17)

シャープらしさ、取り戻せるのか CEO「(AI事業で)売上高100億円以上を目指す」
シャープの沖津雅浩社長兼最高経営責任者(CEO)は16日、社長就任後初の記者会見を開き、令和9年度に白物家電などを含む既存のブランド事業の営業利益率を7%に引き上げるとの方針を明らかにした。(2024/7/17)

「シャープらしさ取り戻す」 日本人中心の新体制で巻き返し 鴻海協力でAIなど新事業も
シャープの沖津雅浩社長兼最高経営責任者は16日、社長就任後初の記者会見を開き、令和9年度に白物家電などを含む既存のブランド事業の営業利益率を7%に引き上げるとの方針を明らかにした。(2024/7/17)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる試みが始まっています。ディオールやホンダなど世界の先進ブランドの事例を無料eBooにまとめました。(2024/7/17)

OM SYSTEMの新製品は「カレー」、楽天で販売開始 「肉の旨味とコクを凝縮」したドライキーマカレー
「OM SYSTEM」ブランドで、マイクロフォーサーズ規格のカメラなどを手掛けるOMデジタルソリューションズ(OMDS)から、「OM SYSTEM カレー」が登場した。楽天市場の同社公式ストアで7月16日から販売開始しており、「肉の旨味とコクを凝縮した数種類のスパイスが食欲そそるドライキーマカレー」としている。(2024/7/16)

Social Media Today:
マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォームに広告費を投資してきた大手ブランドも軌道修正を余儀なくされている。しかし、ターゲットに効果的にリーチできる有力なプラットフォームから手を引くことは大きな機会損失を意味する。マーケターはどうすればいいのか。(2024/7/16)

コンバース、日本初の旗艦店「CONVERSE STORE HARAJUKU」をオープン 新鮮なブランド体験を提案
コンバースジャパンは、日本初となる旗艦店「CONVERSE STORE HARAJUKU」を7月20日にオープンする。(2024/7/16)

キラキラした「コフレ」:
「文具×コスメ」でどうなった? キングジムの“シール”が人気の理由
キングジムが展開する文房具ブランド「COFFRET(コフレ)」が好調だ。コスメパレットを再現したデコレーションシールで、20〜50代の幅広い女性から人気を得ているという。どのように誕生し、なぜ人気を得ているのか。(2024/7/16)

ビジネス再生の成否を分けるもの
消滅寸前だった「ゾンビブランド」10選 なぜ復活できたのか?
業績が低迷し、世間から忘れ去られる寸前の「ゾンビブランド」は、崖っぷちの状態からどのように復活しているのか。ゾンビブランド10社が復活した方法とその理由を考察する。(2024/7/15)

Amazonプライムデー:
ウエスタンデジタルの容量44TB外付けHDDが20万円以下で買える! 各種SSDのセールも
Amazonプライムデーに先立つ「プライムデー先行セール」に、ウエスタンデジタルがWDブランドやSanDiskブランドのストレージ類を出品している。大容量44TBのデスクトップHDDや、6TBのポータブルHDDなど多種多様だ。ストレージ不足に悩んでいるならチェックしてみてほしい。(2024/7/14)

「フェルナンデス」破産へ 昭和44年創業のエレキギターメーカー
国産エレキギターメーカーの「フェルナンデス」が、自己破産を申請したと発表した。国産エレキギターブランド「FERNANDES」「BURNY」などを展開し、著名アーティストと契約したアーティストモデルも多く手がけていた。(2024/7/13)

日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと
日本HP傘下のゲーミングブランド「HyperX」から、さまざまなデバイスが発売された。ここでは、75%キーボードと軽量マウス、そしてバックパックを試してみた。(2024/7/12)

HyperX、左右対称デザインを採用したワイヤレスマウスなどゲーミングデバイス5製品を投入
日本HPは、HyperXブランド製となるワイヤレスゲーミングマウス/オーディオミキサーなど計5製品の販売を開始する。(2024/7/12)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ活用で生産時の廃棄物を削減、フットウェアブランドが新たな提案
シックスティーパーセントは、3Dプリンティング技術を活用したフットウェアブランド「ALIVEFORM」の製品を、オンラインセレクトストア「60%」で販売する。3Dプリンタを用いることで、生産廃棄物を最小限に抑えている。(2024/7/12)

PR:「Inspiron」に統合されたデルの法人向けPCブランドは安心して選べる? コスパに優れるRyzenモデルの実力を検証
デル・テクノロジーの法人向けPCブランドが「Inspiron」に統合された。Inspironで法人向け用途をこなせるのか? 本記事では統合の理由や、AMD Ryzen搭載のInspironビジネス向けモデル「Inspiron 14」「Inspiron 16」「Inspiron 14 2-in-1」の3モデルについて紹介したい。(2024/7/12)

ファミマ、純利益5.6%増 PBや新商品好調
ファミリーマートは7月10日、2025年2月期第1四半期(24年3〜5月)決算を発表した。当期純利益は154億8900万円と、前年同期比で5.6%増加。PBブランドや新商品が好調だったほか、生産性向上の取り組みも功を奏した。(2024/7/10)

IIJmio、mineo、NUROモバイル、イオンモバイルのキャンペーンまとめ【7月10日最新版】 スマホ特価で110円、基本料金割引も見逃すな
7月となり、MVNO各ブランドも多数のキャンペーンを実施しているが、特に多いのがオプションの無料提供だ。今回はIIJmio、mineo、NUROモバイル、イオンモバイルで実施しているキャンペーンをまとめた。(2024/7/10)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
PCと冷蔵庫の“悪魔合体” ハイネケンの謎過ぎるキャンペーンがネタだと言い切れない理由
デジタルネイティブのZ世代にアプローチしようと、世界の有名ブランドが「ゲーム」をマーケティングに取り入れています。ハイネケン、ホンダの先進事例を無料のeBooKでご紹介します。(2024/7/10)

外出先で目立たないウエストバッグ型の電動ファン、LOGOSがクラファン実施中 保冷剤で冷風も 
アウトドアブランド「LOGOS」を展開するロゴスは、服の中に風を送り込む電動ファン「野電 ボディエアコン・ツインクール」のクラウドファンディングを始めた。(2024/7/9)

LaCie、耐衝撃デザイン筐体を採用したType-C外付けポータブルSSD
エレコムは、LaCieブランド製となる耐衝撃仕様のType-C外付けポータブルSSD「Lacie RUGGED MINI SSD(MINIME)」シリーズの取り扱いを発表した。(2024/7/9)

NothingのサブブランドCMF、初のスマホ「Phone 1」を199ドルで発売へ
NothingはサブブランドCMFの初のスマートフォン「Phone 1」と、2代目になるスマートウォッチとイヤフォンを発表した。Phone 1は背面を交換できるのが特徴。スマートウォッチとイヤフォンは日本でも1万1000円で発売予定だ。(2024/7/9)

irumo、Y!mobile、UQ mobileのキャンペーンまとめ【7月9日最新版】 ミッドレンジスマホを割引価格で入手しよう
ドコモのサブブランドirumo、ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2024/7/9)

ホワイトボックスネットワークの始め方【後編】
「ホワイトボックススイッチ」によるネットワーク刷新のメリットとは?
「ホワイトボックススイッチネットワーク」は、特定ベンダーの製品に依存しないノーブランドのネットワーク機器だ。これを使うメリットや、ネットワーク構成の刷新方法とは。(2024/7/9)

2022年に本格参入:
7000万台を売った中国の電動二輪車「ヤディア」 日本でどう戦うのか
2001年に中国で誕生し、2017年から2022年までの6年連続で電動二輪車の販売台数ランキングで世界トップになったモビリティブランド「YADEA(ヤディア)」。2022年に日本に本格参入し、大手競合とどう戦うのか。(2024/7/8)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「心を痛めた」Appleの広告炎上を振り返る
iPad Proの広告動画「Crush!」が「不愉快だ」「心を痛めた」と炎上し、批判を浴びたApple。長年愛されるブランドであっても、失敗をなくすことは並大抵ではありません。一連の騒動を振り返り、マーケティングのヒントにしてはいかがでしょうか。(2024/7/7)

「カンヌライオンズ2024」に先立ち発表:
Pinterestが考える「広告主に役立つAIソリューション」とは?
PinterestはAIを活用したクリエイティブ制作、キャンペーンのパフォーマンス向上、ブランドセーフティーの測定などの詳細を新たに発表した。(2024/7/6)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【7月6日最新版】 スマホや基本料金の割引、お得な還元が充実
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。キャンペーンを利用すれば、さらにお得にサービスを利用できる。(2024/7/6)

Amazfit製スマートウォッチで「GPT-4o」を統合した音声操作サービスが利用可能に
中国Zepp Healthは、Amazfitブランド製スマートウォッチのOSアップデートを発表した。(2024/7/5)

広告にこんな反響があるとは! 大谷選手を起用したらどうなった? 人材サービス大手「ディップ」が実感したこと
大谷選手が、人材サービス大手のディップのブランドアンバサダーに就任した。その後、大きな広告効果が出ているという。その内容について同社の担当者に話を聞いた。(2024/7/5)

Microsoftの“AI PC”ブランドに待ち受ける現実【後編】
「Copilot+ PC」が“次期Windows PC”として人気になるとは言い切れない訳
Microsoftは2024年5月、AIワークロードの処理能力を強化した新PCブランド「Copilot+ PC」を発表した。Copilot+ PCは普及するのか。専門家が不可欠だと考えるものとは。(2024/7/5)

JBL、ハイレゾワイヤレスに対応した軽量設計の完全ワイヤレスイヤフォン
ハーマンインターナショナルは、JBLブランド製となる軽量設計の完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE BUDS 3」を発売する。(2024/7/4)

Xiaomi、耳をふさがないイヤフォン「OpenWear Stereo」を発売 1万4980円
Xiaomi Japanは7月4日に完全ワイヤレスイヤフォン「Xiaomi OpenWear Stereo」を発売した。本製品はXiaomiブランド初の耳をふさがないオープンイヤー型イヤフォン。市場想定価格は1万4980円(税込み)だ。(2024/7/4)

Pixio、240Hz駆動に対応した27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、Pixioブランド製となるフルHD表示対応の27型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX279Prime Neo」を発表した。(2024/7/3)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
どうする? “嫌われない広告”の出し方
ブランドセーフティーのリスクは消費者のブランド評価に影響を与えます。どんなコンテンツがネガティブであり、どう対策すべきなのか。今回の無料eBookのテーマは「ブランドセーフティー」です。(2024/7/3)

Pixio、180Hz駆動をサポートした23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、Pixioブランド製23.8型ゲーミング液晶ディスプレイ「PX248 Prime Plus」を発売する。(2024/7/2)

Marketing Dive:
「ニュース」に広告を出すのはリスク? 数字が語ること
Stagwellの調査によると、広告主は「ブランドセーフティー」を気にし過ぎるあまり、機会を逃している可能性がある。(2024/7/1)

Pixio、カラバリ4色を用意した160Hz駆動対応の27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
Hameeは、Pixioブランド製となる高リフレッシュレート表示対応の27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「PX27U WAVE」シリーズを発表した。(2024/7/1)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「dynabook」ブランドが登場から35周年/GmailやGoogle ドライブなどのサイドパネルに「Gemini 1.5 Pro」を統合
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、6月23日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/6/30)

プロダクトInsights:
ドンキ、韓国ブランドとコラボしたアウトドアグッズ発売 色使いにこだわり女性需要を意識
ドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH)は、韓国のビューティーブランド「AMUSE(アミューズ)」と共同開発したブランド「KiRAKiRA AMUSE(キラキラアミューズ)」を立ち上げた。6月28日からアウトドアグッズなど34アイテムを発売する。(2024/6/29)

イトーヨーカ堂、食品など100品目を約1割値下げ 低価格ブランドも強化
イトーヨーカ堂(東京都千代田区)は7月1日から、食料品と日用品のうち計100品目を値下げする。対象商品は調味料や徳用菓子、洗剤など。購入頻度の高い品目を買い求めやすくすることで、集客につなげたい考えだ。(2024/6/28)

Marketing Dive:
トイザらスがOpenAIの動画生成AI「Sora」を使って広告制作 コンセプト立案から最終納品までわずか3週間
玩具ブランドToys R Usの制作部門は広告代理店のNative Foreignと提携。OpenAIがαテスターのみに提供する動画生成AI「Sora」を使用してわずかな期間でブランド動画を制作した。(2024/6/28)

Microsoftの“AI PC”ブランドに待ち受ける現実【前編】
「Copilot+ PC」はなぜ扱いにくい? Windows新デバイスの“2つの欠点”
AIワークロードの処理能力を強化したMicrosoft新PCブランド「Copilot+ PC」は成功するのか。専門家は幾つか重要な要素が足りていないと指摘する。何が欠かせないのか。(2024/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。