ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

月刊ムー公認の「河童捕獲キット」発売決定 アウトドアブランドとのコラボで実現、キュウリホルダーも付いてくる
尻子玉を取られないように。(2022/5/20)

「povo2.0」、対応端末に楽天オリジナルスマホ2機種を追加 「Rakuten Hand 5G」など
KDDIは、オンライン専用ブランド「povo2.0」の対応端末に、楽天モバイルのオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」と「Rakuten Hand 5G」を追加した。(2022/5/20)

タンパク質を手軽に摂取:
キユーピー、“殻なしゆでたまご”から「ほんのりしお味」 一部コンビニで発売
キユーピーが、たまご商品ブランドの「キユーピーのたまご」から「ゆでたまご ほんのりしお味」を、5月24日より関東エリアの一部コンビニエンスストアで販売する。(2022/5/20)

イオン長浦にダイソーと併設しオープン:
ダイソー、300円ショップ「THREEPPY」が千葉・イオン長浦にオープン
 100円ショップのダイソーを展開する大創産業(広島県東広島市)は、新形態ブランドの300円ショップ「THREEPPY(スリーピー)」を5月20日、イオン長浦(千葉県袖ヶ浦市)にオープンすると発表した。従来のコンセプトをリブランディングしたTHREEPPYとなり、リブランディング後の千葉県内への出店は初めてとなる。(2022/5/18)

Marketing Dive:
Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告支出を調査したMediaRadarの分析によると、AmazonやWalmart、Targetなどが絶好調だ。(2022/5/18)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
歌手・リアーナの下着ブランドが大成功 下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とは
米国で、下着をオンラインで購入する人が増えている。その中でも、歌手のリアーナが立ち上げたブランドが注目を集めている。成功の背景にある、下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とAI活用の方法とは――。(2022/5/18)

複数の「ギア」を発売予定:
オーディオテクニカのアウトドアブランド「AUTEC CAMP」 2022年初夏始動
音響機器の製造と販売を行うオーディオテクニカが、今年夏にアウトドアブランド「AUTEC CAMP」を立ち上げると発表した。(2022/5/17)

白シャツの下に着て目立たないブラは何色? 下着ブランドのプロデューサーが教える「本当に透けにくい下着の色」が参考になる
下着選びに役立ちそう。(2022/5/17)

ふぉーんなハナシ:
楽天モバイルの0円終了でahamo、povo、LINEMOが勝利宣言?
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、業界に大きな衝撃を与えました。このプランでは、Rakuten UN-LIMIT VIで提供していた「1GB以下なら月額0円」を撤廃し、3GBまでは一律で月額1078円(税込みとします。この発表を受けて(?)、色めきだったのが、ahamo、povo、LINEMOの3ブランド。(2022/5/16)

日本CTO協会が発表:
企業の「テックブランド力」調査 「Google LLC」を抜き、1位は「メルカリ」に
ソフトウェアエンジニアをはじめとする技術者に調査した企業の「テックブランド力」。上位30社を「Developer eXperience AWARD 2022」の受賞企業として表彰。1位は「メルカリ」だった。(2022/5/18)

「楽天を煽るなw」「いいぞもっとやれ」 大手3キャリアのサブブランドが相次いで自社アピール! タイミング的に勘ぐってしまう人が続出
お前ら……!?(2022/5/14)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【5月最新版】 大容量や使い放題のプランがお得に
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。だが、キャンペーンを利用すればさらにお得にサービスを利用できる。(2022/5/15)

2022年度はキャリアショップが大幅減の可能性 MCAが調査
MCAは、5月13日に国内通信キャリア各社の「キャリアショップ」に関する調査結果を発表。半年前から112店増加し全国8026店舗となった一方、楽天モバイルやUQ mobileなどは増えたがメインブランドは減少している。(2022/5/13)

オーディオテクニカがキャンプ用品ブランドを立ち上げた理由 たき火台など初夏発売へ
オーディオテクニカは12日、新規事業としてアウトドア用品ブランドを立ち上げると発表した。たき火台を含む複数のキャンプギアを初夏に発売する。(2022/5/12)

5月13日から:
ローソン、老舗お茶ブランド「森半」監修の抹茶スイーツ・パンを5品発売
ローソンは老舗お茶ブランド「森半」監修の抹茶スイーツ・パンを発売する。自宅で手軽に「専門店のおいしさ」「ご当地の味」を楽しんでもらうことが目的。モンブランやどら焼き、あんぱんなど5品。(2022/5/12)

MSI、“エヴァ”コラボデザインのゲーミングPCパーツ4製品を発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、eスポーツブランド「EVANGELION e:PROJECT」とコラボレーションしたゲーミングPCパーツを発表した。(2022/5/12)

Marketing Dive:
メタバースネイティブとしての「α世代」 攻略の鍵は?
「α世代」は結局のところ「Z世代」以前の世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこのコホート(世代)を理解する必要があるのか。α世代攻略が生死を分ける3つの産業を例に解説する(2022/5/12)

ソフトバンクが「Xperia 1 IV」「Xperia 10 IV」を6月上旬以降に発売 Y!mobileから「Xperia Ace III」も
ソフトバンクは、ソニー製スマートフォン「Xperia 1 IV」「Xperia 10 IV」をソフトバンクブランド、「Xperia Ace III」をY!mobileブランドから発売する。いずれも5G通信に対応している。価格は改めて案内される。(2022/5/11)

「玄人志向」のサポート掲示板が終了へ、15年の歴史に幕 閉鎖後は過去の投稿も閲覧不可に
 PCパーツなどを手掛けるCFD販売は5月11日、同社のPCパーツブランド「玄人志向」が提供してきた掲示板「玄人フォーラム(BBS)」を終了すると発表した。(2022/5/11)

エンタメ・ホテルが多数:
顧客満足が高い企業、1位は「宝塚歌劇団」 10年以上業種別で1位を取り続けている企業は?
顧客満足が高い企業・ブランドランキングの結果を発表した。上位にはエンターテインメント・通信販売・飲食などの業種が多くランクイン。業種別のランキングで10年以上に渡り1位を獲得し続けている企業・ブランドは6社だった。(2022/5/11)

ジブリ公式ブランド「どんぐり共和国」から浴衣が初登場 「花火×トトロ」「鉄線花×ジジ」の和風デザインにキュンとする
夏にぴったりのデザイン。(2022/5/11)

Amazon、大手3キャリアのオンライン専用プランを販売開始 最大1万2000ポイント還元も
アマゾンジャパンがAmazon.co.jp(以下、Amazon)で大手3キャリアのオンライン専用ブランドの販売を始めた。NTTドコモの「ahamo」、KDDIの「povo2.0」、ソフトバンクの「LINEMO」をAmazon経由で申し込めるようになった。最大1万2000ポイント還元も行われる。(2022/5/10)

ノーコードでアプリを開発するヤプリが明かす:
PR:「成果をたたき出す」企業アプリの共通点
企業の公式アプリは、うまく運用すればブランドのファンとのつながりを深め、購買額や購買回数を上昇させることが可能だ。「成果を出す」企業アプリの共通点はどこにあるのか。また、開発のためのリソースを持たない小売事業者がアプリを制作する手だてはあるのだろうか。(2022/5/16)

Marketing Dive:
Z世代の次、史上最大の消費力を持つ「α世代」とは?
「α世代」とは誰か。今までの世代とはどう違うのか。ブランドはなぜこの世代を理解する必要があるのか。識者が考察する(本稿は3回シリーズの第1弾)。(2022/5/9)

子どもとスマホの関係:
子どものスマホ、通信事業者はどこを選ぶべき? キャリアかMVNOか、それとも?
我が子にスマホを持たせることを決めたら、通信事業者をどこにするのかを検討するでしょう。今は、キャリア、キャリアのサブブランド、MVNOと多くの選択肢があります。子どもが利用する通信事業者を選ぶ場合、ポイントとなるのはフィルタリングでしょう。(2022/5/6)

CFD販売、ハイエンド M.2 NVMe SSD「PG4NZLシリーズ」発売
シー・エフ・デー販売は、同社の「CFD Gaming」ブランドから、M.2タイプ(PCIE Gen4×4接続)のSSD「PG4NZL」シリーズを発売する(2022/5/2)

エイサー、デザイナー向け裸眼3D立体視PCを一般向けにも発売
日本エイサーは、裸眼での3D立体視を実現するSpatialLabsテクノロジーを搭載した、クリエイター向けブランドConceptD 7 SpatialLabs Edition 「CN715-73G-SL76Z」を、一般向けにも発売した。同社の直販サイト価格は64万6800円(税込み)。(2022/5/2)

8銘柄を発表:
JT、キャメルから430円の新シリーズ「キャメル・クラフト」 6月発売
JTは、キャメルブランドから新シリーズ「キャメル・クラフト」8銘柄を発売すると発表した。(2022/5/2)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【4月30日最新版】 特価スマホや高額還元を見逃すな
ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileとauのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/4/30)

専門家のイロメガネ:
吉野家、ミスターチーズケーキ、牛宮城、食品表示で炎上が絶えない根本原因
元雨上がり決死隊の宮迫博之さんの焼き肉店で、メニュー表記をめぐってトラブルが発生し、大きく報道された。高級チーズケーキを販売するMr. CHEESECAKEでもTwitterでの炎上騒ぎがあった。表示をめぐる問題はたびたび発生しているが、一度発覚すると企業のブランドを大きく損なう。企業はどうすればいいのか。(2022/4/29)

リコーとサイボウズが業務提携 「リコー版kintone」を巡る両社の思惑は?
リコーとサイボウズが業務提携を結ぶと発表した。ノーコード開発ツール「kintone」をベースに「リコーブランド版kintone」(仮称)を共同開発。10月に国内で提供を開始する。北米、欧州にも順次展開し、2026年3月までに100億円規模の売り上げを目指す。(2022/4/28)

Ryzen 5 5600を搭載するコンパクトゲーミングPC「G-GEAR mini」を発売
ヤマダデンキは、TSUKUMOブランドで展開するコンパクトゲーミングPC「G-GEAR mini」の最新Ryzen 5シリーズ搭載モデル3機種を4月28日より発売する。価格は13万2800円から18万7800円(いずれも税込み)(2022/4/28)

リコーとサイボウズが業務提携 「リコーブランド版kintone」(仮)で国内外でDX伴走型サポートを提供
リコーとサイボウズは、国内外での伴走型サポートによるDX推進を目的に業務提携に合意した。両社が共同開発する「リコーブランド版kintone」(仮称)をリコーが抱える国内外の顧客に提供する。(2022/4/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
エルメス店舗開店日に5億円散財の女性も。中国で「超富裕層のロレックス」化するバーキン
ラグジュアリーブランドが絶好調だ。ルイ・ヴィトンやティファニーなど名だたるブランドを傘下に持つLVMHグループと、高級バッグのバーキンで知られるエルメスの決算では、中国マーケットの存在感の大きさが鮮明となった。特に高級バッグは投資商品の色も帯び、富裕層は頻繁な値上げも価値が上がると歓迎しているようだ。(2022/4/28)

G-Tune、第12世代Core搭載ゲーミングPCにB660チップセット搭載マザーボード採用モデルを追加
マウスコンピューターは、「G-Tune」ブランド製ゲーミングPCのラインアップにIntel B660チップセット採用マザーボード搭載モデルを追加した。(2022/4/27)

アンバサダーに武井壮さんが就任:
人の動きで抗菌する繊維「PIECLEX」、製品化が軌道に
繊維製品の開発、製造、販売を手掛けるピエクレックスは2022年4月26日、同社のブランドアンバサダーに就任した武井壮さんの就任式を開催するとともに、製品や技術を紹介する記者説明会を行った。(2022/4/27)

3Dプリンタニュース:
積層痕の美を生かすeスポーツ用インテリアの実現に向けて超大型3Dプリンタ活用
ExtraBoldは、前田技研のMG東京ファクトリーと共同で、eスポーツ専用インテリア「GT EXPERIENCE CONCEPT」の開発と製作を行った。D-WEBERの自社プロジェクトブランド「4DESIGN by DW」の取り組みとして企画されたもので、自動車フォトグラファーの北畠主税氏がプロデューサーを務め、D-WEBER 代表取締役の水野健一氏がデザインを担当。コンセプトモデルの製作には、ExtraBoldの大型3D付加製造機「EXF-12」が用いられた。(2022/4/27)

中国で初のホンダブランドEVを26日発売
中国ではEVの販売拡大が見込まれており、ホンダは事業拡大へアクセルを踏む考えだ。(2022/4/26)

偽サイトに使われるドメインの傾向は? 2021年のフィッシング詐欺は2.3万件超え
JPCERT/CCによると、2021年に発生したフィッシングサイト関連のインシデント件数は2万3104件で、1月当たり2000件超えが続いている。フィッシングサイトにかたられる傾向が高い業種やブランド名、フィッシングサイト用ドメインのパターンから、攻撃者の意図を把握しておこう。(2022/4/26)

総務省「スマホ乗り換え相談所」で見えた、脱・格安スマホと乗り換えの壁
2021年は政府の呼びかけにより、オンラインブランドの提供開始や「スマホ乗り換え相談所」の実証実験が行われた。この「スマホ乗り換え相談所モデル事業」の効果や課題について振り返っていく。(2022/4/26)

「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」を発売:
「ファミマル」アルコール初参入の理由は? 背景にある「変化」
ファミリーマートは4月26日、プライベートブランド「ファミマル」として初のアルコール商品である「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」シリーズの販売を始める。アルコール初参入の理由とは?(2022/4/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「HUAWEI Mate X2」の生まれ変わり? Honorの折りたたみスマホ「HONOR Magic V」
中国で今、最も勢いがある印象のHonor。もともとHuaweiのサブブランドだったが、2021年第4四半期の中国国内スマホ出荷量は国内メーカーで1位となった。同社初の折りたたみスマホ「HONOR Magic V」を紹介する。(2022/4/25)

ユニクロ、ファッションブランド「マルニ」とコラボレーション 公式InstagramとTwitterに動画を投稿
これは楽しみ!(2022/4/24)

IIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルのキャンペーンまとめ【4月】 激安スマホを見逃すな
新年度を迎えた4月では、MVNO各ブランドでも多数のキャンペーンを実施している。特に多いのがオプションの無料提供だ。今回はIIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルで4月に実施しているキャンペーンをまとめた。(2022/4/23)

コスト削減:
「タレ」「からし」抜いて納豆を安く イトーヨーカドーの低価格ブランド、累計販売金額が20億円を突破
イトーヨーカ堂が展開するプライベートブランド「ザ・プライス」。4月に累計販売金額が20億円を突破した。安さの秘密とは?(2022/4/22)

今日のリサーチ:
2022年のマーケターの課題は「ブランド認知の向上」「測定におけるサイロの回避」「パーソナライズ戦略」
ニールセンがまとめた2022年のアニュアルマーケティングレポートにのハイライト部分を紹介します。(2022/4/22)

ぞっこんスーツ:
AOKI、パジャマスーツ“アンバサダー”に岡副麻希らを起用 認知度向上でカジュアル領域3倍に
AOKIは4月21日、カジュアル領域の柱と位置付けるパジャマスーツの新作とブランディング戦略を発表した。(2022/4/22)

マツダ本社内:
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始 全面リニューアルでブランド発信拠点としての機能を強化
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始する。施設全体の空間デザインや展示内容を刷新し、ブランド発信拠点としての機能を強化する。歴史とマツダのコンセプトを体感できる、ストーリー性のある展示にした。(2022/4/21)

株式会社ブランドジャーナリズムが設立 編集の力で企業の発信活動を支援
メディア業界でのビジネス経験を持つ林亜季氏、西舘亜希子氏、川口あい氏は4月20日、編集の力で企業や人の発信活動を支援するブランドジャーナリズム(東京都港区)を設立したと発表した(2022/4/21)

キッチンが“家具”になる:
パナソニック、キッチンの新ブランド「カレサ」立ち上げ
パナソニックハウジングソリューションズは4月21日、キッチンの新ブランド「Caresa(カレサ)」を立ち上げると発表した。6月2日から展示・販売を開始する。キッチンを住宅設備ではなく、「家具」と捉えたビジネス展開で、価値観が多様化する消費者にアピールする狙いだ。(2022/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。