ニュース
» 2016年05月12日 16時20分 UPDATE

あのスタジアムのビールを再現するお手軽ビールサーバー、「ビールアワースタジアム」

市販の350mlビール缶をそのまま使えるガン型ビールサーバー「ビールアワースタジアム」がタカラトミーアーツから登場。価格は2300円。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 タカラトミーアーツは、電池不要のガン型ビールサーバー「ビールアワースタジアム」を5月19日に発売する。価格は2300円(税別)。本体カラーはマグナムブラックとモルトイエローの2色展開。キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーの各種350mlビール缶や直径が56〜57mmの缶に対応する。

ガン型ビールサーバー「ビールアワースタジアム」の350mlビール缶装着イメージ。ビール缶は付属しない
利用イメージ。使い方は、缶ビールを本体にセットし、「ビアトリガー」でビールを注ぎ、本体を振り、「アワトリガー」で泡を注ぐ、という4ステップ
誤った利用イメージ
正しい利用イメージ

 2011年から販売している同社「ビールアワーシリーズ」の新製品。ガン型の本体から勢いよく泡を注ぐことができる。同社は「ビールを楽しもうという原点回帰の精神の元、玩具メーカーならではの発想で開発した」という。

 本体セットは、グリップ型の本体のほか、パイプ、バレル、缶ホルダー、缶リング、各種パッキンで構成される。圧力のみでビールを噴射する機構を採用し、電池や電源が不要で丸洗いが可能だ。本体サイズは、約155(幅)×71(奥行き)×275(高さ)mm。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう