ニュース
» 2016年06月14日 15時17分 UPDATE

「テレビの未来はアプリケーション」――この秋、Apple TVが進化する

「WWDC2016」で新しいtvOSの概要が発表された。一般ユーザーは、今秋からApple TVの無料ソフトウェアアップデートとして新しいtvOSを利用できるようになる。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 アップルは6月14日、開発者向け会議「WWDC2016」の基調講演でMacOS、watchOS、tvOS、iOSという4つのプラットフォームをアップデートすると発表した。このうちApple TV向けのtvOSでは、「Siri」の機能拡張や「シングルサインオン」といった新しい機能が追加される。

第4世代Apple TV。日本でも1万8400円(税別)からで販売中

 米Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キュー氏は、「テレビの未来はアプリケーションだ。Apple TVに搭載されているSiriは、私たちがテレビを操作する方法に革新をもたらした。そしてこれからも拡張されたSiriの機能が、さらにすばやく視聴者に観たいコンテンツを届ける」と話す。

基調講演の様子。tvOSを紹介するエディー・キュー氏

 キュー氏によると、米国ではApple TV向けの6000以上のアプリケーションが提供されており、このうち1300本以上が動画チャンネルという。大量のコンテンツから好みの番組を見つけるのは手間だが、Siriはより効率的にコンテンツを見つけ出せる。

 例えば「野球に関する映画を表示して」「自動車についてのドキュメンタリーを探して」と話しかけると該当するコンテンツを教えてくれる。また「Live tune-in」という機能は、Siriに「CBSニュースを見たい」「ESPNを見たい」などと話しかけるだけで、対応するアプリのライブチャンネルを表示する。「従来よりもピンポイントの検索が可能になった」(アップル広報)

 

ユーザーの操作を簡略化するアップデート

 「シングルサインオン」機能は、ユーザーがサインインすると、Apple TV上にある関連のアプリでも自動的にログインが行われ、視聴者側の操作が簡略化できるというものだ。Apple TVとiOSの両方に提供されるが、当面は米国のみのサービスになるという。

「シングルサインオン」

 また、ユーザーがiOSデバイスにユニバーサルアプリケーションを追加すると、Apple TVに同じアプリを自動的にダウンロードする機能も用意する。ユーザーは何もしなくてもホーム画面に新しいアプリのアイコンが並ぶ。

iPhoneにMLBアプリをインストールするとApple TVのホーム画面にも「MLB」アプリが自動的に並ぶ

 このほかにも、ホームシアター環境などに向けてApple TVの背景に暗めのもの(ダーク)を選択できるようになったり、ゲームアプリがコントローラを最大4台までサポートできるなど、多くの機能が追加されるtvOS。さらに「HomeKit」用のツールもデベロッパーに提供されるため、Apple TVから照明機器など(HomeKit対応デバイス)をコントロールするアプリを作ることも可能だ。

 tvOSの開発者向けプレビューは同日提供を開始。一般ユーザーは、今秋からApple TVの無料ソフトウェアアップデートとして新しいtvOSを利用できるようになる。なお、日本でも同時期のアップデートを計画しているという。

※お詫びと訂正:SiriのAPI公開はtvOSの話ではありませんでした。お詫びして訂正いたします


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう