ニュース
» 2016年06月27日 20時06分 UPDATE

たった24時間で自家製フルーツビネガー! OLALAの新提案

ツインバード工業は、“OLALA”(オララ)ブランドの新製品としてフルーツビネガーメーカー「EH-4686W」を9月に発売する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ツインバード工業は6月27日、“OLALA”(オララ)ブランドの新製品としてフルーツビネガーメーカー「EH-4686W」を発表した。価格は1万円(税別)で、9月下旬に発売する。

フルーツビネガーメーカー「EH-4686W」

 OLALAは、同社が2015年に立ち上げた女性向けの家電ブランド。コンパクトブレンダーの「KC-4675」に続く第2弾は、手軽にフルーツビネガーを作れるアイテムだ。「通常、酢に果物を入れてから1週間から3週間はかかるが、EH-4686Wではヒーターで50°Cを保持することで24時間でフルーツビネガーが完成する」(同社商品企画部の重田りん氏)

同社商品企画部の重田りん氏

 使い方は簡単。約700mLのガラスボトルに果物と酢(300〜400mL)を入れ、本体にセットしてボタンを押すだけ。24時間後にはランプが完成を知らせ、自動的に電源が切れる仕組みになっている。

ガラスボトルの容量は約700mL。HARIOの日本製だ

 完成したフルーツビネガーは、水や炭酸水で割ってサワードリンクにしたり、ドレッシングの変わりに野菜にかけたりと用途はさまざま。もちろん野菜のピクルスも作ることができる、なお、パッケージには季節のフルーツや野菜、ハーブなどを使った36種の作り方を解説したレシピ本が付属する。

 本体サイズは約130(幅)×130(奥行き)×305(高さ)mm。重量は約0.9kg。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう