ニュース
» 2016年07月22日 14時00分 UPDATE

高精細音源格納:音を追求する提督たちへ、「試製一六式高音質聴音機」受注開始

タカラトミーアーツは、同社公式通販サイト「e組」(いーぐみ)で「艦隊これくしょんー艦これー 試製一六式高音質聴音機」の受注を開始した。艦これ仕様のハイレゾ対応ポータブルプレーヤーとヘッドフォンをセットにしたもの。

[ITmedia]

 タカラトミーアーツは7月22日、同社公式通販サイト「e組」(いーぐみ)で「艦隊これくしょんー艦これー 試製一六式高音質聴音機」の受注を開始した。受付期間は7月22日(金)14時から9月22日(月)の23時59分まで。価格は12万9000円(税別)。

「艦隊これくしょんー艦これー 試製一六式高音質聴音機」。2016 DMM.com POWERCHORD STUDIO/C2/KADOKAWA All Rights Reserved.

 オンキヨーのハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「DP-X1」とヘッドフォンの「H500M」を“艦これ仕様”にアレンジしたオリジナルセット。同梱(どうこん)されるSDカードには2016年5月7日に開催された「艦これ クラシックスタイルオーケストラ with 東京フィルハーモニー交響楽団」で演奏されたクラシック編曲バージョンの艦これ楽曲をハイレゾ音源として格納している。全18曲。

オンキヨー「DP-X1」。ESSのDAC「ES9018K2M」とアンプ「SABRE 9601K」を2基ずつ搭載し、バランス駆動をサポートしたAndroid搭載ハイレゾ対応プレーヤーだ。最大384kHz/24bitのPCM音源(WAV、FLAC、ALAC、AIFF)や11.2MHzまでのDSD、MQAの再生が可能。一方の「H500M」は40mm径ドライバーを搭載したヘッドフォン。7〜4万Hzのワイドレンジ再生が可能だ
裏面に戦艦「大和」をモチーフにしたシルエットをレーザー刻印

左右のハウジング部分に人気キャラクター「大和」のシルエットとエンジンテレグラフをイメージしたデザイン

 DP-X1には、裏面に戦艦「大和」をモチーフにしたシルエットをレーザー刻印。一方のH500Mは、左右のハウジング部分に人気キャラクター「大和」のシルエットとエンジンテレグラフをイメージしたデザインを施した。なお、商品の発送は12月を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう