ニュース
» 2016年08月19日 19時14分 UPDATE

オヤイデ、イヤフォン交換ケーブル「Re:cord」に2.5mm 4極バランス対応モデルなど4種8製品を追加

オヤイデ電気のリケーブルブランド「Re:cord」からShure「SEシリーズ」などで使用できるMMCX-2.5mm 4極バランスタイプをはじめ、4種8製品が新登場。

[ITmedia]

 オヤイデ電気は8月19日、同社プロデュースのリケーブルブランド「Re:cord」(リ:コード)に4種8モデルの新製品を追加すると発表した。8月26日に発売予定で、価格はすべてオープンプライス。店頭では各1万2000円前後になる見込みだ(税別)。

MMCX-2.5mm 4極バランスプラグの「Palette 8 MX-A BAL」はレッド、ブルー、グリーン、ホワイトの4色をラインアップ

 Re:cord第2弾は、バランス出力端子を備えたDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)などの増加を背景に、Shure「SEシリーズ」などで使用できるMMCX-2.5mm 4極バランスプラグの「Palette 8 MX-A BAL」が新登場。ほかにもカスタムIEM(インイヤーモニター)で使用されている2pinと3.5mm(シングルエンド)の「Palette 8 CT-2P」および2pin-2.5mm 4極バランスタイプの「Palette 8 CT-2P BA」、そしてEtymotic Research「ER-4P」用の3.5mm(シングルエンド)タイプの「Palette 8 ER-4P」が追加された。長さはすべて1.2mだ。

2pin-2.5mm 4極バランスプラグの「Palette 8 CT-2P BAL Solid Black」(ブラックのみ)

 ケーブルはすべて8本撚りで、導体はオヤイデ電気が開発した「102 SSC」を採用。「ストレートで明瞭(めいりょう)なサウンドキャラクターを備え、適用イヤフォンの細部表現力や全体の空気感、臨場感の向上の貢献する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう