ニュース
» 2016年09月02日 13時01分 UPDATE

IFA 2016:黄金色に輝く「ウォークマン」も――ソニーの新フラグシップライン「Signature Series」

ソニーは、オーディオ製品の新しいフラッグシップモデルとして「Signature Series」(シグネチャーシリーズ)を発表した。ハイレゾ対応ヘッドフォン「MDR-Z1R」、ウォークマンの「NW-WM1Z」「NW-WM1A」、ヘッドフォンアンプ「TA-ZH1ES」の4機種。

[ITmedia]

 ソニーは、オーディオ製品の新しいフラッグシップモデルとして「Signature Series」(シグネチャーシリーズ)4機種を発表した。ラインアップは、ハイレゾ対応ヘッドフォン「MDR-Z1R」、ウォークマンの「NW-WM1Z」「NW-WM1A」、ヘッドフォンアンプ「TA-ZH1ES」の4機種。「IFA 2016」の基調講演で社長兼CEOの平井一夫氏が明らかにした。

「Signature Series」(シグネチャーシリーズ)4機種

 常識にとらわれることなく、素材や構造から見直して高音質を徹底的に突き詰めたという新シリーズ。今年3月にJEITAが規格化したポータブル機器向けの新しい4.4mm 5極バランス端子を備えている点も特徴だ。「ヘッドフォンによる音楽体験を“聴く”から“感じる”領域へ革新する」(同社)。欧州では10月以降に順次発売する。

無酸素銅シャーシに金メッキを施したウォークマン

「NW-WM1Z」のサイズは65.3(幅)×123(高さ)×19.9(奥行き)mm。重量は455gだ。256GBのフラッシュメモリを内蔵する(NW-WM1Aは128GB)

 中でも目をひくのは、黄金色に輝く「NW-WM1Z」だろう。これは、無酸素銅で作られたシャーシに金メッキを施したというものだ。またアンプからヘッドフォンジャックに至る内部配線にキンバーケーブル製の線材を用いるなど、まさに素材から見直した製品となっている。一方の「NW-WM1A」は、アルミニウム仕上げ。色を除き、外観に差異は見えないが、価格はNW-WM1Zが3300ユーロ、NW-WM1Aは1200ユーロと大きな差がある。

無酸素銅で作られたシャーシ(左)

「NW-WM1A」はアルミ製で色はブラック

 MDR-Z1Rは、新しいフラグシッヘッドフォンだ。70mm径のドライバーは、12万Hzの超高域まで再生する能力を持つという。グリルには「フィボナッチ数列」を参考にしたパターンデザインとし、ハイレゾオーディオソースを忠実に再現するとしている。このほかステンレス鋼のワイヤーメッシュを採用したハウジングプロテクター、人間工学に基づいてデザインされた本革イヤーパッド、βチタン採用の軽量ヘッドバンドなど、「すべてのコンポーネントがハイクラス」(同社)。価格は2200ユーロだ。

「MDR-Z1R」
箱も豪華

 A-ZH1ESは、新しいリファレンスを目指して開発したという、バランス出力対応の据え置き型ヘッドフォンアンプ。PCMでは最大768kHz/32bit、DSDは22.4MHzまで再生する能力を持ち、新開発の「D.A(デジタル、アナログ)ハイブリッドアンプ」は、S-Master HXにアナログアンプを組み合わせたというものだ。価格は2000ユーロ。

「A-ZH1ES」
背面端子

業界最高クラスのNC製のうを持つワイヤレスヘッドフォンも

 このほか、ハイレゾ対応のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン「MDR-1000X」、同じくハイレゾ対応ヘッドフォン「MHC-GT7DW」や、Extra Bassシリーズのスポーツタイプワイヤレスヘッドフォン「MDR-XB80BS」「MDR-XB50BS」、ハイレゾ対応ウォークマンの新しいエントリーモデル「NW-A30シリーズ」なども発表している。A30シリーズは、3.1インチ液晶パネルにタッチパネルを搭載して操作性を高めたという。

「MDR-1000X」の使用イメージ。業界最高クラスのノイズキャンセル性能を誇り、周囲の環境に左右されず高音質で音楽を楽しめるという。装着したまま空港のアナウンスなど周囲の音を取り込んだり、会話の声だけを聴き取ったりすることもできる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう