ニュース
» 2016年11月29日 14時05分 UPDATE

ソリッドなデザインとキレのあるサウンド――JVCからハイレゾ対応ヘッドフォン「HA-SD7」登場

JVCケンウッドはソリッドなデザインとキレのあるサウンドがコンセプトの新シリーズ「SOLIDAGE」(ソリデージ)からハイレゾ対応ヘッドフォンを発売する。にブルー、ブラック、グレーの3色をラインアップ。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは11月29日、ハイレゾ対応のヘッドフォンの新製品「HA-SD7」を発表した。ソリッドなデザインとキレのあるサウンドがコンセプトの新シリーズ「SOLIDAGE」(ソリデージ)の新ラインアップ。12月上旬にブルー、ブラック、グレーの3色を発売する。価格はオープン。店頭では1万5000円前後になる見込みだ(税別)。

「HA-SD7」のブルー

 スピン加工を加えたアルミオーナメントとステンレス製のスライダーで高級感を演出したオーバーヘッド型。ファッションの定番色を基調としながら、メタル素材がアクセントになったシンプルなフォルムだ。本体重量は200gで、コンパクトに持ち運べる折りたたみ機構付きとなっている。

ブラックとグレー

 ドライバーはチタンコード振動板を採用した40mm径で、鮮やかな中高域とキレのある重低音サウンドが特長だという。同社では、「力強くキレのあるベース音やタイトかつソリッドなドラムサウンドを再現する」としている。

 再生周波数帯域は6〜4万Hz、感度は104dB、インピーダンスは32Ω。ケーブルは1.2mの両出し、プラグはL型の3.5mmステレオミニ(金メッキ)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう