ニュース
» 2017年01月30日 16時15分 UPDATE

1万5000円でMP3録音も――ライトユーザー向けの一体型CD/レコードプレーヤー

「レコード市場が盛り上がりを見せる一方、ライトユーザーやリターンユーザーに向けたプレーヤーが不足している」。長年、CDラジカセなどを手がけてきた小泉成器が初めてのレコードプレーヤーを投入する。

[ITmedia]

 小泉成器は、“マルチレコードプレーヤー”「SAD-9801」を2月1日から全国の家電量販店などで販売する。価格はオープン。店頭では1万5000円を切る見込みだ。

“マルチレコードプレーヤー”「SAD-9801」
amazon

 1台でアナログレコードやCD、ワイドFM対応のFMラジオなどを楽しめる多機能プレーヤー。ステレオスピーカーやアンプも内蔵した一体型のため、設置作業や操作はシンプルだ。

操作ボタンの下にCDドライブ

 アナログレコードは33 1/3、45、78回転の切り替えが可能。再生面すべての曲が終了すると回転を自動でストップするなど初心者にも優しい機能を備えた。さらにレコードあるいはCDを再生中に「USB録音」ボタンを押すと、USB接続したメモリにMP3フォーマットで録音することも可能だという。本体サイズは360(幅)×480(奥行き)×145(高さ)mm。重量は約3.1kg。

フロントのUSB端子にメモリを接続するとレコードやCDをMP3フォーマットで録音することができる

 長年、CDラジカセなどを手がけてきた小泉成器だが、意外にもレコードプレーヤーを開発したのは初。同社は、「レコード市場が盛り上がりを見せる一方、ライトユーザーやリターンユーザーに向けたプレーヤーが不足している」と指摘。ユーザーに求められる機能をカバーしながら、手軽に購入できるプレーヤーとして開発したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう