ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アナログレコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アナログレコード」に関する情報が集まったページです。

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
カセットテープからストリーミングへ 音楽再生メディア40年の栄枯盛衰を売上高の推移で振り返ると……
音楽リスニングスタイルも両極化? テープ再生からネット配信へ、そしてまたいつか来た道を戻るのか。(2021/3/12)

昭和の人気アイテムがカプセルトイに 「うたうパンダ」「おきあがりポロンちゃん」とか懐かしすぎる
じぶんちになくとも、親戚やら友だちやら誰かしらの家で見た思い出。(2021/1/11)

なつかしの「フエルアルバム」がカプセルトイに
「フエルアルバム」のミニチュアがカプセルトイになった。昭和40年代に流通したクマのイラスト入りの商品を基に、ナカバヤシが監修して本物の質感に近づけた。(2021/1/7)

電子ブックレット(メカ設計):
町工場の精密旋削加工技術と設計力が生んだアナログプレーヤー
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「研究開発型町工場」を掲げる由紀精密がエンジニアリング視点で一から設計したピュアオーディオ向けアナログレコードプレーヤー「AP-0」の開発秘話をまとめた「町工場の精密旋削加工技術と設計力が生んだアナログプレーヤー」をお送りします。(2021/1/6)

タイムアウト東京のオススメ:
500円のターンテーブル? Technicsの製品が手のひらサイズに
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/12/15)

「Technics」の名機がミニチュアに 「SL-1200MK2」などのアナログターンテーブルを精巧に再現
LP盤と組み合わせてスクラッチ感覚も楽しめる。(2020/10/8)

ユニバーサルカウンターの基礎知識(1):
さまざまな時間測定器やユニバーサルカウンターの測定項目
ユニバーサルカウンターについて解説する第1回。今回は、「カウンターが普及するまでに使われていた時間測定器」「カウンターが登場して以降の主な時間測定器」「ユニバーサルカウンターの主な測定項目」について説明する。(2020/9/10)

オンキヨーのアンプやデッキの精巧なミニチュアが8月発売 カセットテープの出し入れもできる
テープホルダーを開いたり、ケーブルを挿したりできるギミック付き。(2020/7/28)

アナログレコードをスマホでデジタル化する「ADレコ」 “PCいらず”の使い勝手に迫る
アイ・オー・データ機器の「ADレコ」(AD-1)は、スマートフォンを使ってアナログレコードやカセットテープの楽曲をデジタル化するアイテム。面倒なPCでの作業を省けます。(2020/7/17)

デザインの力:
「研究開発型」町工場が徹底的にこだわり抜いて開発したアナログプレーヤー
精密旋削加工を武器に、これまで培ってきたモノづくりの技術とノウハウ結集し、ピュアオーディオ向けアナログレコードプレーヤー「AP-0」を新規開発した由紀精密。その誕生の背景には、「研究開発型」町工場を標榜する同社ならではの強みと、ある1人の従業員の熱い思いがあった。(2020/7/16)

メカ設計メルマガ 編集後記:
設計者やエンジニアは「もっと遊ぶべきだ」という考え
何事においても「余裕」や「余力」は必要ですね。(2020/7/14)

5分で読める簡単解説:
いまさら聞けない「製造業のDX」
デジタル技術の進歩により現在大きな注目を集めている「DX」。このDXがどういうことで、製造業にとってどういう意味があるのかを5分で分かるように簡単に分かりやすく説明します。(2020/7/3)

PR:親のレコード、子ども時代の演奏会 懐かし音源をスマホでよみがえらせてみた
今だから聴きたい「あの頃の音源」。(2020/6/24)

CDの代わりにバウムクーヘンだと……? 「ゲスの極み乙女。」世界初の“賞味期限付きアルバム”をリリース
忘れられない味になりそう。(2020/5/3)

アナログレコードを立たせて再生するプレーヤー お部屋のインテリアに
垂直に近い85度の角度にレコード盤をセットし、そのまま回転、再生するレコードプレーヤーが登場。中国のオーディオ専業メーカー、Jasmine Audioが開発した。(2020/3/10)

体当たりッ!スマート家電事始め:
オーディオとAlexaのいい関係、Amazonの「Echo Input/Link」を試した
液晶画面付きやコンセント直差しタイプまで、Amazonのスマートスピーカー「Echoシリーズ」はますますバリエーションが増えている。今回はオーディオと相性の良い製品を試した。(2019/11/19)

アナログレコードにしてほしい曲は? ソニー・ミュージックダイレクトが企画募集
ソニー・ミュージックダイレクトが、アナログレコード盤の企画を公募し、数量限定で販売する新サービスを始めた。7月30日に公式サイト(プレオープン)と公式Twitterアカウントでリクエストの受け付けを開始している。(2019/7/31)

イノベーションのレシピ:
岐路に立つJDI、“B2C”の新規事業は起死回生の一手になるか
厳しい経営状況に直面するジャパンディスプレイ。同社は起死回生の一手として2018年4月に新規事業プロジェクト「JDI Future Trip Project」を立ち上げ、2019年度内にB2C製品を販売開始する予定だ。同事業で部長を務める井戸靖彦氏を始め、JDIの起死回生を担うメンバーたちに新規事業と製品にかける思いを聞いた。(2019/7/24)

イノベーター列伝:
アナログレコード復活の狼煙(のろし) 仕掛け人は電気通信事業者の異端児――オプテージ山下慶太氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/4/25)

JDI、アナログレコードみたいなインテリア家電を開発 映像、音、香りをコントロール
JDIがアナログレコードプレーヤーをモチーフとしたインテリア家電を開発中。円形ディスプレイとスピーカー、アロマディフューザーを一体化し、室内のムードをコントロールするという。(2019/3/5)

立ちどまるよふりむくよ:
「昭和レコードスピーカー」を39年前の元ネタと比べてみた(動画あり)
タカラトミーアーツ「昭和レコードスピーカー」と、その元ネタである39年前に発売されたアナログレコードプレーヤーを比較レビューしてみた。(2019/2/25)

立ちどまるよふりむくよ:
「昭和ミニラジカセ」がおしゃれなテレコすぎる件
このミニチュアカセットレコーダーにはなぜか惹かれてしまう。その理由がわかった。(2019/2/16)

ITmedia NEWS TV:
昭和を止めるな!? ミニチュアで“昭和”を振り返る
(2019/2/16)

ギフトショー春2019:
「砂嵐」「回転数」「キュルキュル」――ミニチュア家電「ザ・昭和シリーズ」を体験してきた
家具調テレビ、ポータブルレコードプレーヤー、ラジカセ。おもちゃだけどちゃんと使えて懐かしい。(2019/2/13)

懐かしい昭和の家電風ミニチュアガジェット登場 たたくと直るテレビに録音できるラジカセも
たたくと直るテレビからキュルキュルいうラジカセまで。(2019/2/5)

懐かしい家電をミニチュアに 「ザ・昭和シリーズ」発売 「砂嵐はたたいて直す」
タカラトミーアーツは、懐かしい昭和の人気電化製品をモチーフにしたミニチュアガジェット「昭和スマアトテレビジョン」「昭和レコードスピーカー」「昭和ミニラジカセ」を発売する。(2019/2/5)

MA2018ヒーロー任命式レポート:
出でよ! ものづくりの「ヒーロー」たち!――新体制で生まれ変わったMashup Awardsを象徴する11作品
2018年から、開発コンテスト「Mashup Awards(MA)」とMAの「決勝戦」がメインとなっていた年末の一大イベント「FESTA」が生まれ変わった。本稿では、その概要と、プレゼンテーションが行われた11作品を紹介する。(2019/2/1)

マシーナリーともコラム:
補完が見事! 理想の二次創作! 解釈一致!!! なぜ人類はもっとアニメ版「美味しんぼ」の話をしないのか
世界は大体「美味しんぼ」でできている。(2018/9/16)

Sonos、古いスピーカーも繋げる「Sonos Amp」を599ドルで来年2月発売へ
日本市場に参入した米オーディオメーカーSonosが、新アンプ「Sonos Amp」を発表した。来年2月に発売。価格は599ドル(約6万7000円)だ。(2018/8/30)

体当たりッ!スマート家電事始め:
ステレオ仕様の異端児 パナソニックのスマートスピーカー「SC-GA10」開発秘話
Googleアシスタント対応スマートスピーカーの中で、アナログ入力やステレオ構成のスピーカー、DLNA対応を実現しているパナソニック「SC-GA10」。異端ともいえる仕様はどうして実現できたのか。開発担当者に詳しい話を聞いた。(2018/8/26)

レコードみたいなバウムクーヘン ARでくるくる回って音が鳴る
見て聞いて食べて。(2018/6/22)

シュアがフォノカートリッジ生産を終了へ
米Shureが「18年夏にフォノ製品の生産を終了する」と発表した。「フォノグラフカートリッジ製品部門でシュアの厳しい基準を維持することが困難になっている」という。(2018/5/1)

SME、アナログレコードの自社生産を復活 第1弾は大滝詠一とビリー・ジョエル
2人は世界初の商業用CDを発売したアーティストでもあります。(2018/1/27)

29年ぶり:
ソニー・ミュージック、アナログレコード自社生産復活
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、約29年ぶりにアナログレコードを一貫して自社生産できるようになった。(2018/1/25)

アナログレコード国内生産、16年ぶり100万枚超
2017年1〜12月のアナログレコードの国内生産枚数が106万枚と、16年ぶりに100万枚を上回った。過去10年間で最も落ち込んだ09年と比べると約10倍に。(2018/1/25)

さあ、人間の仕事を味わおう――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(後編)
2017年の「デジタルトップテン」も、残すところあと3つ。ここに並ぶものはいずれも“人間の業(わざ)”が成せる、人と技術の深遠な関係を見つめるものだ。(2017/12/31)

2人のオーディオ評論家がレコードレーベルを立ち上げ 「最高の音楽を最上の音質で」
オーディオ評論家の麻倉怜士氏と潮晴男氏が新しいレコードレーベル「Ultra Art Record」を立ち上げた。「最高の音楽を最上の音質で」をコンセプトにオーディオ機器のチェックにも使用できる音質を目指す。(2017/12/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeは「Let It Beを再生して」で曲をかける? アルバムをかける?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」での音楽再生についてお届けする。(2017/11/2)

オリジナルのアナログレコードを1枚から制作できるサービス
自分の演奏や思い出の音源を世界で1枚だけのアナログレコードにする。そんなオンラインサービス「CUT&REC」が正式サービスを開始した。(2017/10/24)

デアゴスティーニ、アナログレコードが付いてくる「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」――創刊号「アビイ・ロード」は1990円
(2017/8/1)

話題のアナログレコード! 気になる人のための手頃で満足度の高い機器購入ガイド
(2017/8/1)

ヤマハがHi-Fiアンプに“自動音場補正機能”を搭載した理由
(2017/7/26)

楽器とオーディオのコラボが生んだジャンル違いの兄弟機――カワイ「NOVUS NV10」とオンキヨー「A-9150」
(2017/6/29)

「音楽の多様な楽しみかたを提案したい」 SMEがアナログレコード制作を再開する理由
SME広報部を取材しました。(2017/6/29)

ソニー、レコード国内生産を29年ぶり再開 人気再燃受け
ソニーが日本国内でアナログレコードの自社生産を29年ぶりに再開へ。(2017/6/29)

手頃な価格と安心感――新生「アイワ」が目指すもの
(2017/6/26)

2万円で買えるアナログターンテーブル、ティアック「TN-100」登場――USB出力付き
(2017/6/7)

落書きレコードばかりを集めた「あなたの知らない『汚レコード』の世界展」開催中 第一人者が語る“汚レコード”の魅力とは
買い取りも行い、「面白いレコード」は査定価格がアップ!(2017/6/6)

ザ・ビートルズファン注目、「サージェント・ペパーズ〜」仕様のアナログレコードプレーヤーが登場
(2017/6/1)

変わるオーディオイベント、“音源”とコラボした「OTOTEN 2017」
(2017/5/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。