ニュース
» 2017年02月28日 20時14分 UPDATE

Mobile World Congress 2017:200kbps以下でも「すばらしい視聴体験」――Netflixがモバイル向け新エンコード技術を開発中

[ITmedia]

 「Mobile World Congress 2017」の基調講演に米Netflixのリード・ヘイスティングスCEOが登壇。モバイルでのHDRコンテンツをサポートすることに加え、モバイル環境向けの新しいエンコード技術を開発していることを明らかにした。

リード・ヘイスティングスCEO

 HDR化では、まずLGの新型スマートフォン「LG G6」をサポート。「今後は大型デバイスだけではなく、小さなスクリーンでも高画質の映像を体験できるようになる」(ヘイスティングス氏)とアピールした。

「LG G6」

 一方の新しいエンコード技術は、ビットレートが200kbps以下でも「すばらしい視聴体験ができる」というもの。「狭い帯域でも高画質の映像を提供するため、Netflixはブロードバンドやモバイルに生かせるイノベーティブなエンコーディング技術の開発に取り組んでいる。近々、モバイルデバイス向けの新しい動画エンコードを公開予定だ」(同氏)

 同氏によると、アジア圏でも特に日本や韓国、インドはほかの地域に比べてモバイル視聴が多い傾向にあるという。新しいエンコード技術が実用化されれば、例えば「データ利用制限が2GBの人でも、Netflixを30時間まで視聴できる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう