ニュース
» 2017年08月31日 15時01分 公開

“歌声を演奏する”「ボーカロイドキーボード」12月発売 試作7年、ヤマハ実現

キーボードで演奏したメロディーに合わせ、VOCALOIDが歌う「ボーカロイドキーボード」が12月発売。オリジナル曲を歌ってもらうことも可能。

[村田朱梨,ITmedia]

 ヤマハは8月31日、キーボードの演奏に合わせ、初音ミクなどのVOCALOIDに歌ってもらえる「ボーカロイドキーボード VKB-100」を12月に発売すると発表した。右手でメロディーを奏でると歌声が出て、左手でビブラートをかけるなど「表情付け」ができる。ユーザーのオリジナル曲を歌ってもらうことも可能だ。価格は4万円(税込、以下同)前後を想定している。

photo ボーカロイドキーボード「VKB-100」

 ボーカロイドキーボードには、あらかじめ5曲の歌詞情報を搭載。演奏者がその曲の通りに弾くと同じ音階でVOCALOIDが歌い、違う音で弾いてもメロディーに合わせて歌ってくれるという。右手でメロディーを奏でながら、左手でビブラートをかける、音のボリュームを変更、リバーブをかける――など表情付けが可能。

photo 演奏イメージ

 シンガーが歌う間は、キーボードから出力される音は1音のみで、コーラスパートを同時に弾いたり和音を奏でたりすることはできないという。

 あらかじめ選べるシンガーは「VY1」(ヤマハ提供)のみだが、「初音ミク」「Megpoid」「IA」「結月ゆかり」も追加できる。1人目の追加は無料、以降は1人あたり2400円での販売を予定している。いずれのシンガーも特定バージョンのものではなく、ボーカロイドキーボード向けに新開発したという。対応言語は日本語のみ。

photo 追加可能な4人のシンガー

 専用スマートフォンアプリを使い、シンガーやキーボードモードの切り替えをしたり、新しい歌詞情報を登録したりできる。ユーザーが作ったオリジナル曲をシンガーに歌ってもらうことも可能だ。対応OSなどアプリの詳細は未定。

photo アプリの利用イメージ

 通常のキーボードとしても利用可能。この場合は和音も出せる(ポリフォニック)。ただ基本的に「歌わせるためのキーボード」を想定しているという。「通常だとヤマハのキーボード製品は数百種類の音色を搭載しているが、ボーカロイドキーボードはシンセサイザーやギターなどベーシックなもの十数種類に絞った」(同社広報部)

試作を始めて7年 「より広く扱ってもらえるように」

 ボーカロイドキーボードの公式サイトには、歴代の試作品がずらりと並んでいる。「試作を始めて7年ほどになる」(広報部)という。

 開発当初はショルダーキーボードではなく、左側にテンキーを備え、PCのローマ字入力のように母音と子音を押さえながら演奏する――というものだったという。だが、イベントなどで披露したところ演奏しにくいことが分かり、現在の姿に落ち着いた。「ユーザーの意見を取り入れ、さまざまな機能を盛り込んで、より楽しめるようなものにした」

photo 歴代の試作品

 VOCALOIDの初音ミクは8月31日、デビューから10周年を迎えた(関連記事)。「初音ミクが広く浸透していく中で、カラオケなどでもVOCALOID曲が増えるなど盛り上がってきたが、ハードルの高さはあった」という。ボーカロイドキーボードによって「音楽制作の知識がない人にも、より広く扱ってもらえるようにしたい」(広報部)

 同製品は、初音ミク関連イベント「マジカルミライ2017」(千葉・幕張メッセ、9月1日〜3日)で演奏体験ができるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう