ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年01月15日 21時26分 公開

バースピーカーだけのシンプルなサウンドバー、ソニーが発売

ソニーはサウンドバーの新製品「HT-S200F」および「HT-S100F」を1月下旬から順次発売する。サブウーファーなどが付属しないシンプルなサウンドバーだ。

[ITmedia]

` ソニーは1月15日、サウンドバーの新製品「HT-S200F」および「HT-S100F」を発表した。サブウーファーなどが付属しないシンプルなサウンドバー。1月下旬から順次発売する。価格はオープンプライス。

HT-S200Fの設置イメージ

 2機種とも高さを64mm、奥行き100mm未満に抑え、限られたスペースにも設置できるという。ARC(オーディオリターンチャンネル)対応のHDMI端子を備え、テレビとケーブル1本で接続可能。HDMI CEC(コンシューマーエレクトロニクスコントロール)により、テレビのリモコンで音量調整などの操作が可能だ。

HT-S200Fは、コンパクトながらもサブウーファーを内蔵

 上位モデルのHT-S200Fは、コンパクトながらもサブウーファーを内蔵した2.1ch構成で、パワフルな低音も楽しめるという。同社の「S-Force PRO フロントサラウンド」で広がりのある音場を実現した。チャコールブラックとクリームホワイトの2色をラインアップしており、店頭では各2万8000円前後になる見込み(税別)。

HT-S200Fは2色展開
HT-S100F

 一方のHT-S100Fは2chながらもツイーターとウーファーの2Way構成で、クリアな人の声を実現したという。カラーはブラックのみ。市場想定価は2万3000円前後となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.