ニュース
» 2018年01月19日 21時29分 公開

1度で約2倍の食材を調理 フィリップス「ノンフライヤー」に新モデル

フィリップスが「ノンフライヤー」の新モデルを1月19日から全国の家電量販店で順次販売。従来機とほぼ同じスペックで、食材を2段に重ねて調理できる「ダブルレイヤー」が付属するようになった。

[ITmedia]

 油を使わずに揚げ物などを作ることができるフィリップスの「ノンフライヤー」に新モデルが登場した。基本スペックは従来のHD9227/52とほぼ同じだが、食材を2段に重ねて調理できるダブルレイヤーが付属する。価格はオープンで、店頭では2万9570円(税込)程度になる見込み。1月19日から全国の家電量販店で順次販売する。

photo 新モデルのノンフライヤー「HD9216/66」
photo ダブルレイヤー(フィリップスの製品ページより)

 2.2L(800g)の本体容量や1425Wの消費電力、80〜200°Cの温度調節、内容器やバスケットのノンスティック加工などは従来機と共通。本体サイズは287(幅)×384(奥行き)×315(高さ)mmと変わらないが、重さは5.8kgとやや重めに、カラーバリエーションは赤のみになった。

「HD9216/66」の特徴

 また、オリジナルレシピは付属せず、ノンフライヤーの特設サイトで公開。揚げ物はもちろん、焼き物や蒸し料理も作れるという。

photo 焼き豚や鶏ハムも作れる(特設サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう