コラム
ふぉーんなハナシ:

「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」への機種変更 auユーザーは要注意?

間もなく発売する「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」と、11月に発売する「iPhone X」。これらの機種をau(KDDIと沖縄セルラー電話)で使おうとしている場合、状況によっては注意を要します。【修正】

 9月22日、いよいよ「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が発売されます。iPhoneの10周年記念モデルでもある「iPhone X」の発売が11月3日に控えていることもあり、ここ数年の中では一番「落ち着いた」発売日になるかもしれません。

 これら3機種のiPhoneをau(KDDI・沖縄セルラー電話)で使う場合、今までにはない「注意点」があります。

※ 実態により合わせるため、「黒いSIMは要交換 手数料は3000円(税別)」の文章を修正しました(9月20日19時45分)

気付いたきっかけは「ナンバーシェア」のWebサイト

 筆者が「注意点」に気付いたきっかけは、auのApple Watch Series 3向けサービス「ナンバーシェア」のWebサイトでこんな注釈を見つけたことです。

iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 6/iPhone 6 Plusについては、モバイルデータ通信設定で「音声通話およびデータ」を選択してご利用ください。


ナンバーシェアのサイトにある注釈。なぜかiPhone 8/8 Plusが抜けている

 普段意識しないかもしれませんが、au 4G LTEスマートフォンは黒いau ICカード(SIMカード)を使う「LTE契約」の機種と、灰色のau ICカードを使う「VoLTE契約」の機種に大別されます。前者は国内での3G(CDMA 1X/CDMA 1X WIN)通信に対応しているのに対し、後者は同通信に非対応となっています。

 従来のauのiPhoneは、原則として「LTE契約」のスマホと見なされ、黒いSIMカードを使ってきました。「じゃあどうやってVoLTEに対応しているの?」と疑問に思うかもしれませんが、引用した注釈にもある通り「モバイルデータ通信設定で『音声通話およびデータ』を選択」するとVoLTEが有効になる仕組みを取り入れています(iOS 8.4以降ではデフォルトでこの設定になっています)。


au 4G LTEスマホの契約は、黒いSIMカードを使う「LTE契約」(左)と、灰色のSIMカードを使う「VoLTE契約」(右)に大別される。今までのiPhoneは原則として左の黒いSIMカードを用いてきた

 iPhone 8/8 Plusがこの注釈に含まれていないことで、筆者はiPhone 8/8 Plus(と後日発売のiPhone X)はLTE契約非対応(=VoLTE専用端末)になった可能性を見いだしたのです。

auの製品情報をよく見てみると……

 さらにauのiPhone 8/8 PlusiPhone Xの製品情報サイトをよく見てみると、こんな注釈があります。

日本国内において3G通信はご利用いただけません。


auのiPhone Xの製品情報サイトにある注釈。国内での3G通信非対応の旨が書かれている。iPhone 8/8 Plusの製品情報サイトにも同様の記述がある

 これはauの3Gエリアでは使えないことはもちろんですが、遠回しにLTE契約(黒いSIMカード)では使えないことも示唆しています。

黒いSIMは要交換 手数料は3000円(税別)

 結論からいうと、iPhone 8/8 Plus以降のiPhoneはVoLTE専用端末として位置付けられ、従来の黒いSIMカードは“非対応”とされました

 そのため、黒いSIMカードでiPhoneを使っているユーザーは、iPhone 8/8 Plus/Xへの機種変更に合わせて契約変更を行う必要があります。au取扱店でこれらの機種を購入する場合は、契約変更の手続き(SIMカードの交換)を同時に行えます(※1)。Apple StoreなどでSIMロックフリー版を単体購入した場合は、auショップやPiPitで契約変更手続きを行えます。いずれの場合も、契約変更に伴う事務手数料として3000円(税別、以下同)が必要です。

※1 auオンラインショップで機種変更する場合、新しいSIMカードは本体と一緒に送付されます。到着後、契約者が所定の操作を行うことで契約変更の手続きが完了します(何もしなくても送付日から10日すると自動的に切り替わります)。詳しくはこちらを参照してください

 一方、灰色のSIMカードを使っているユーザーは、契約変更なしで機種変更できます。au取扱店で購入する場合、機種変更に伴う事務手数料として2000円が必要です。Apple StoreなどでSIMロックフリー版を購入する場合は、特に手数料はかかりません(SIMカードもそのまま使えます:※2)。

※2 SIMロックフリー、あるいはSIMロックを解除した「iPhone 6s」以降のiPhoneでもVoLTE契約用のSIMカードが使えます(参考記事


auの機種変更手数料。契約変更を伴う機種変更は3000円、契約変更を伴わない機種変更(端末増設)の場合は2000円の手数料が必要となる

au 3G(CDMA 1X/CDMA 1X WIN)の「終わりの始まり」?

 auは国内の他キャリア(NTTドコモ、ソフトバンク)とは異なる3G規格を採用しています。そのこともあり、auは4G LTEエリアを積極的に広げつつ、VoLTE対応端末への切り替えも精力的に進めています。今回、iPhone 8/8 PlusやiPhone XがVoLTE契約専用となったのも、その一環のようです。

 ただ、現在でも、ごくごくまれですが「4G LTE圏外」で「3G圏内」というエリアや、3Gの方が安定して通信できる場所は存在します。そのような所に足を踏み入れる人にとって、今までのiPhoneはある意味で「福音」でしたが、今後そうではなくなります。

 iPhone 8/8 PlusやiPhone XがVoLTE専用端末になったことは、ある意味でau 3Gの「終わりの始まり」を告げる出来事なのかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.