キーワードを探す
検索

「iPhone X」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

CES 2024では、久しぶりにコンシューマー向けPCに盛り上がりが見られた。Microsoftが新たに「Copilotキー」の搭載を推奨するなど、いわゆる「AI PC」が活況を見せたからだ。AI PCの登場は、PCの性能に関する価値観を一新する可能性がある。

()

ITmedia Mobileでは、2023年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023」を開催しました。2023年1月1日から2023年12月中旬までに発売したスマートフォンからノミネートした主要機種の中から、2023年のベストスマホを決定します。ノミネート数は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」のそれぞれの部門で5機種ずつ。

()

ビックカメラグループのソフマップは買い取りサービスの「ラクウル」で、iPhoneの買取額を増額するキャンペーンを10月31日まで実施している。買い取りの手続きはWebかアプリから行う。例えば、2年前の2021年9月24日に発売されたiPhone 13(256GB)の買取額が通常8万2000円のところ、5000円増額の8万7000円で買い取ってもらえる。

()

KDDIはpovo2.0の「スマホギガトレード」に関するキャンペーンを実施する。期間は9月14日10時から10月31日23時59分まで。本キャンペーンは期間中にキャンペーン対象機種でスマホギガトレードを申し込み、買い取りが成立すると、通常時の買取額相当のトレードコードに加えて、データボーナス100GB(30日間)のプロモコードをプレゼントする。

()

Appleが、「iOS 17」「iPadOS 17」「watchOS 10」を9月19日に配信する。iOS 17では「電話」「FaceTime」「メッセージ」アプリに大きなアップデートを加える。iPadOS 17では、iPhoneと同様にロック画面のカスタマイズが可能になる。

()

楽天モバイルは9月1日、「iPhone購入&対象のiPhone下取りで、5,000ポイント還元」キャンペーンを開始した。終了日は未定となっている。本キャンペーンは対象のiPhoneを下取りし、対象のiPhoneを新たに購入すると、楽天ポイントを5000ポイント還元する。

()

近年のスマホを見ていると、どこか物足りなさを感じる。10年ほど前のスマホにはワクワクさせられたものだが、現在は成熟し、完成してしまった印象がある。これからは「折りたたみスマホ」の時代だと感じる。

()

2022年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」の結果発表。2022年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。審査員の配点とコメントを紹介します。

()

1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2022年10月のアクセス数のトップは、Androidスマホの「製品寿命」がiPhoneよりも短い理由を解説した記事でした。Androidスマホでも、製品寿命を長くしようという取り組みが行われるようになってきましたが、今後の端末の売れ行きにどのような影響が出るのか、楽しみです。

()

Face ID(顔認証)とノッチ付きディスプレイを初めて採用した「iPhone X」が登場してから5年経過しました。中古携帯電話ショップでは2万円台前半で買えるようになりましたが、あえてこれから買うというのは、アリなのでしょうか……?

()
キーワードを探す
ページトップに戻る