生成AIの処理も可能になった「Snapdragon 8 Gen 3」 スマホの競争軸は新たなステージに石野純也のMobile Eye(1/3 ページ)

» 2023年10月28日 09時00分 公開
[石野純也ITmedia]

 Qualcommは、10月24日から26日(現地時間)にかけ、米ハワイ州マウイで「Snapdragon Summit 2023」を開催した。同イベントでは、PC向けプラットフォームとしてCPUを刷新した「Snapdragon X Elite」に加え、次期ハイエンドスマートフォンに搭載される「Snapdragon 8 Gen 3」を発表した。

Snapdragon 8 Gen 3 Qualcommは、米ハワイ州マウイでSnapdragon Summitを開催。スマホ向けには、Snapdragon 8 Gen 3を発表した

 MシリーズのApple Silicon対抗として注目を集めたSnapdragon X Eliteだが、スマホ向けのSnapdragon 8 Gen 3もAIの演算処理を担う「Hexagon NPU」を約2倍の性能に強化しており、着実な進化を遂げている。両プラットフォームとも、AI性能は最大の特徴。Metaの大規模言語モデル「Llama 2」に対応するなど、AIのエコシステムも拡大している。ここでは、そんなSnapdragonの特徴を踏まえ、2024年のハイエンドスマホの姿や新しい競争軸を占っていきたい。

Snapdragon 8 Gen 3
Snapdragon 8 Gen 3
Snapdragon 8 Gen 3 会期初日の基調講演には、CEOのクリスチアーノ・アモン氏ら同社の幹部が登壇。生成AIによりユーザー体験が変化していることが語られた

CPU、GPU以上に大きく性能が上がったNPU、生成AIの処理も可能に

 ハイエンドスマホ向けの新たなプロセッサとなるのが、Snapdragon 8 Gen 3だ。型番をジェネレーション表記に変更してから3世代目となり、現行のハイエンドモデルに搭載される「Snapdragon 8 Gen 2」から、パフォーマンスや省電力性能を向上させている。Qualcommによると、CPUの「Kryo」は30%、GPUの「Adreno」は25%、前モデルから性能が向上しているという。

Snapdragon 8 Gen 3 CPU、GPUはそれぞれ30%、25%ずつ性能が向上している一方で、NPUは約2倍と数値が大きく跳ね上がっている

 一方で、CPU、GPU以上に大幅な進化を遂げているのが、NPU(Neural Processing Unit)に名称を変えたHexagonだ。もともとHexagonは、DSP(Digital Signal Processor)と呼ばれていたが、Snapdragon 8 Gen 3でその名称を変更。機械学習などのAIを処理するプロセッサとしての役割を明確化した。そのHexagonは、Snapdragon 8 Gen 2比で98%高速化しており、2倍ほど性能を伸ばした。

 3割程度のCPU、GPUと比べて大きな進化といえ、Qualcommの注力領域であることがうかがえる。1秒間の演算回数は45TOPS(45兆回)に増強されている。こうしたNPUの性能向上に加え、QualcommはMetaと提携。同社が開発した大規模言語モデルの「Llama 2」に、スマホ向けプラットフォームとして初めて対応している。

Snapdragon 8 Gen 3
Snapdragon 8 Gen 3 NPUの処理能力は45TOPSに達した。大規模言語モデルのLlama 2にも、スマホ向けチップとして初めて対応する

 QualcommはAIの処理にCPU、GPU、NPUを最適な形で組み合わせるヘテロジニアスコンピューティングというアプローチを取っており、Snapdragon 8 Gen 3でも、この仕組みは変わっていない。これを担うのが「Qualcomm AI Engine」だ。トータルでの性能が向上した結果、最大で100億のパラメーターを端末上で処理できるようになった。これにより、生成AIへの対応が強化された格好だ。

 Qualcommのシニアバイスプレジデント、アレックス・カトウジアン氏は、会期初日の24日に開催された基調講演で、「AI搭載デバイスの新時代を迎えるにあたり、Snapdragonが生成AIのためのプラットフォームとして選ばれるよう、新しく、画期的な体験や機能を提供していく」と宣言した。では、生成AIを生かしたスマホの機能とはどのようなものか。同社がSnapdragon Summitで示したデモから、その一端が垣間見える。

Snapdragon 8 Gen 3 Snapdragon 8 Gen 3を披露したカトウジアン氏
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  4. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  9. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー