ニュース
» 2006年07月06日 14時47分 UPDATE

MS、OfficeでOpenDocumentをサポート

これまで独自フォーマットを推してきたMicrosoftだが、政府からの要望で、WordやExcelでOpenDocumentフォーマットを利用できるようにする。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月5日、Microsoft OfficeソフトでOpenDocumentフォーマットを扱えるようにする「Open XML Translator」プロジェクトを発表した。

 このプロジェクトでは、「2007 Microsoft Office」で導入されるMicrosoft独自のOffice Open XMLフォーマットと、ライバルのOpenOfficeなどで使われているOpenDocumentフォーマット(ODF)の互換性を実現するツールを開発する。

 Office Open XMLとOpenDocumentフォーマットはともにXMLをベースにしているが、互いに競合している。この2つを橋渡しするツールを提供するのは、政府機関から要望があったからだとMicrosoftは発表文で述べている。

 このツールは2007 Officeおよび幾つかの既存版Office向けにアドインとして無償でダウンロード提供される。オープンソースソフトとして開発され、BSDライセンスの下で公開される。

 Microsoftはこの日、Word 2007向けOpen XML TranslatorのプロトタイプをSourceForgeで公開した。完成版は2006年末までに提供される見込みだ。ExcelとPowerPoint向けアドインは2007年に提供され、旧版Office向けの変換ツールは無料の「Compatibility Pack」を通じて提供される予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -