ニュース
» 2006年08月05日 08時11分 UPDATE

UWB対応でワイヤレス1394が実現へ

USBと同じように、IEEE 1394もUWBを使ったワイヤレス化が進められている。

[ITmedia]

 1394 Trade AssociationとHigh-Definition Audio-Video Network Alliance(HANA)による8月4日の発表によると、6日から開催の米CableLabsのサマーカンファレンスで、UWB(超広帯域無線)を使った1394(同軸)のワイヤレス化のデモンストレーションが行われる。Pulse-LinkやSamsung Electronicsの技術を使用した、HD(高精細)テレビやDVDプレーヤーなどのHD対応機器のネットワークが展示されるという。

 UWBによるワイヤレス1394は、家庭でのHD機器の増加やネットワーキングの普及による通信容量の増大に対応できるものとして期待されている。IPへのサポートも備えており、連邦通信委員会(FCC)の規定にも合致している。すでに複数の企業が供給を表明しており、2007年には対応するプロセッサが流通する見込み。

 IEEE 1394はFireWire、i-Linkの名前でも知られ、現在は400Mbpsのスループットを持つ。ハードディスクのインタフェース、miniDVやDVR、D-VHSなどの家電のインタフェースとして利用されている。米Microsoftは次期OS、Windows Vistaでの1394サポートを表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -