ニュース
» 2006年10月05日 07時53分 UPDATE

ジョブズCEOも認識――Apple、ストックオプションの違反事実が判明

過去のストックオプション付与に関連する内部調査で、会計上の記載に実際に違反があったことが判明。当時からジョブズCEOが事実を認識していたことも明らかになった。

[ITmedia]

 米Apple Computerは10月4日、ストックオプション付与関連での内部調査結果を発表した。会計上の記載について、実際に違反があり、スティーブ・ジョブズCEOも、当時から違反の事実を認識していたことが分かった。また、1996〜2004年にわたり同社の最高財務責任者(CFO)を努めたフレッド・アンダーソン氏が、取締役会から辞任することも併せて発表している。

 Appleの発表によると、1997年から2002年1月までの間に付与されたことになっているストックオプションのうち一部(日付で15件分)について、実際の付与日とは異なる、オプション付与が承認される以前の日付が使われたようだという。うち数件については、ジョブズCEOも当時から認識していたが、その事実による利益は得ておらず、会計上の影響については認識していなかったという。

 こうした不正に関しては、Appleの元幹部2名が深く関与していたと見られており、同社では詳細を米証券取引委員会(SEC)に提出する予定。

 ジョブズCEOは「私の監督下でこうした問題が起こり、Appleの株主や従業員に対し申し訳ない」とコメント。同様の問題が再発しないよう、迅速な対応を取るとした。

 この調査結果を受け、Appleでは過去の財務報告の修正が必要となると見られるが、金額は未確定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -