ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月12日 07時45分 UPDATE

Apple、ストックオプション問題でNASDAQに公聴会を要請

決算報告提出の遅延による、NASDAQからの上場廃止通知を受けたAppleが、公聴会を要請した。これによりNASDAQの判断が保留になり、その間AppleはNASDAQに留まることになる。

[ITmedia]

 米Appleは8月11日、NASDAQからの上場廃止通知を受領したことを受け、NASDAQに対して公聴会を要請すると発表した。これにより上場廃止の判断が保留になり、Appleは引き続きNASDAQ株式市場に留まる。

 Appleは、ストックオプション付与に関する問題について外部の専門家による調査を継続中で、その結果、米証券取引委員会(SEC)への4〜6月期決算報告の提出が遅れている。今回のNASDAQによる上場廃止通知は、この決算報告の提出遅延によるもの。Appleでは、4〜6月期決算報告は内部調査が完了次第、直ちに提出するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.