ニュース
» 2007年01月16日 20時19分 UPDATE

薄い・2画面・BRAVIA──ドコモ春モデルは「極める」シリーズ

ドコモの春モデルは、折りたたみW-CDMA最薄端末やDSケータイ、BRAVIAケータイなど10機種。「それぞれに『極める』シリーズ」だという。

[ITmedia]

 NTTドコモが1月16日発表した春モデル10機種は、折りたたみ式W-CDMA端末で世界最薄の機種や、「ニンテンドーDS」のように2画面を備えた機種、ソニーの液晶テレビと同じ「BRAVIA」ブランドを冠した画質・音質重視の機種がそろった。ドコモによると「春モデルは、それぞれに『極める』シリーズ」だという。

photo 初の“DSケータイ”「D800iDS」を披露する森担当部長。タッチパネルで「スピードセレクター」も再現しており、「くるくるとどこかの音楽プレーヤーみたいに操作できる」

 「ケータイだからコンパクト、薄い。ここに今回はこだわった」──都内で開かれた発表会で、同社プロダクト部の森健一担当部長は703iシリーズ8機種についてこう話した。折りたたみ式のW-CDMA端末では世界最薄となる11.4ミリを実現した「N703iμ」「P703iμ」や、9.9ミリのストレートタイプ「D703i」、防水型では国内最薄という「F703i」などをそろえた。

 シリーズ平均の厚さは702iで22ミリ超、902iで21ミリ超だったが、703iシリーズは一気に15.5ミリにまで薄型化。重さの平均も100.1グラムに落とし、「コンパクトはケータイの基本」(森氏)と強調。ソフトバンクモバイルの孫正義社長による「薄い=ソフトバンクにしたい」という宣言に真っ向から対抗した形になった。

 ただし「ちっちゃく、軽くしても機能はぎゅっと詰め込んだ」(森氏)。703iシリーズ8機種のうち、大容量なメガアプリに5機種で対応するなど、「ちょっと前の90xシリーズの機能も入っている」(同)と、高機能化にも妥協はしなかったことを強調。佐藤可士和氏とのコラボレーション第2弾となる「N703iD」など、デザイン性の向上も忘れていない。

photophoto

 普及型の703iシリーズに加え、高機能タイプも2機種を発表。「ケータイの新しい可能性を示す」──森氏が胸を張った新製品が、初の2画面端末となる「D800iDS」だ。一昨年の「CEATEC JAPAN」に参考出展された試作機がもとになっている(関連記事参照)

 最大の特徴は、ニンテンドーDSと同様に上部と下部にそれぞれ液晶ディスプレイを備えた点。下部はタッチパネルに対応。数字表示をタッチして電話番号を入力したり、メールの文字をタッチペンで手書き入力する──といったことが可能だ。「D902iS」でおなじみの回転式インタフェース「スピードセレクター」もタッチパネルで再現。「ユーザーのスタイルに合わせてインタフェースを選べる」のがポイントだ。

photo 「BRAVIAの技術を使った機種はあったが、『BRAVIAケータイはドコモだけ』」

 新製品で唯一のワンセグ端末となるソニー・エリクソン・モバイルの「SO903iTV」は、ソニーの液晶テレビブランド「BRAVIA」を冠した世界初の端末。ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載し、ワンセグ視聴に適した色彩表現や、引き締まった黒を表現できるという。

「調達価格は従来と同じか、それ以下」

 森氏によると、703iシリーズは「調達価格は従来の70xシリーズと同じか、それ以下になっている」という。「詳しくは言えないが」と明言は避けたが、販売価格の低価格化もありえそうだ。

 ただ、昨年秋冬に投入した903iシリーズの店頭価格も下落しており、「ハイエンドは90x、普及帯は70x」という棲み分けは、実勢価格上はあやふやになってきているという指摘もある、これに対して森氏は「販売政策があり、適切な形になるのでは」と述べるにとどまった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -