ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月29日 07時50分 UPDATE

HP、2010年までにエネルギー消費量を20%削減

目標達成のため、エネルギー効率のよい製品やサービスの提供や、世界各国の拠点における省エネ努力を強化していく。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packardは3月28日、世界全体での同社のエネルギー消費量を、2010年までに20%削減するという目標を発表した。目標達成のため、HPはエネルギー効率のよい製品やサービスを顧客に提供するとともに、世界各国の拠点における省エネ努力を強化していく。

 同社は世界環境戦略として、製品、社内業務、サプライチェーン管理の3分野で省エネに取り組んでいる。また最近では、電力効率80%を実現する米環境保護庁のEnergyStar 4.0規格を満たす初のビジネス向けデスクトップPCをリリースした。データセンター向けには、冷却費用を20〜45%削減可能なエネルギー管理システムDynamic Smart Coolingを開発。また北米でのプリンタ用カートリッジ再生事業では、2007年に3700万ポンドの二酸化炭素削減が見込まれるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.