ニュース
» 2007年05月24日 13時51分 UPDATE

Googleは方向を誤った? Dell PCに潜む「スパイウェア的」ソフトに疑問の声

OpenDNS創業者によれば、Googleとの提携でDell製PCにインストールされているプログラムは正体不明で削除が極めて難しく、ユーザー体験を劇的に悪化させるという。

[ITmedia]

 GoogleとDellが手を組んで、「スパイウェアすれすれ」のソフトをDellのPCにインストールしている――。米OpenDNSの創業者がこんな問題を提起した。

 OpenDNSは、ネット閲覧のパフォーマンス向上をうたったDNSサービスを提供している新興企業。創業者のデビッド・ウレビッチCEOが5月22日、ブログでGoogleの行為に対して疑問を投げ掛けた。

 GoogleとDellは約1年前に発表した提携に基づき、DellのPCにGoogle Toolbarを搭載している。これにより、GoogleがIE 7のデフォルトの検索エンジンとなり、広告リンクのクリックで得た収入はDellとGoogleの間で分配される仕組みになっている。

 同氏が問題視しているのは、ユーザーのURL入力にタイプミスがあった場合に表示される、DellブランドのGoogle検索結果ページだ。ブログに掲載されたスクリーンショットを見ると、ページ上部と右側は広告リンクで埋め尽くされ、正規の検索結果はほとんど見えない状態になっている。

 この状態は、Google Toolbarをアンインストールしても解除されないという。これはDellとGoogleがインストールしている「2番目のプログラム」のせいだと同氏は言う。これにより、通常ならブラウザが解決しようとするあらゆる種類のクエリーが妨害されてしまうという。

 このプログラムをスパイウェアと呼んだのは、正体が分かりにくく、アンインストールするのが非常に難しいためだと同氏は説明。Googleは削除しにくく、良くないページを強制的にユーザーに見させるソフトの導入に踏み切ることで、これまでと違う一歩を踏み出したようだと指摘している。

 同氏はこの行為を「Googleの方向を誤った取り組み」と呼び、ユーザー体験が劇的に悪化すると分かっていながらこのようなものを提供していると批判。「Googleは自社のルーツに対して忠実でいるのだろうか」と疑問を投げ掛けている。

関連キーワード

Dell | Google | スパイウェア


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -