ニュース
» 2007年08月21日 18時20分 UPDATE

ローソン、8月23日からEdyに対応――おサイフケータイを想定したサーチ機能を運用

ローソンは8月23日から全国の店舗でEdyに対応、全店舗でEdy/iD/QUICPayの3方式のFeliCa決済が利用できるようになる。複数の決済方式をインストールしたおサイフケータイを想定し、ユーザーが決済方式を選択しやすいオペレーションを導入する。

[Business Media 誠]

 ローソンは8月21日、プリペイド型電子マネー「Edy」の取り扱いを8月23日より開始することを発表した。全国のローソン、ナチュラルローソン全店(約8500店)で順次Edyを導入する。また、11月を目処に、店頭でのEdyチャージ(入金)にも対応する予定だ。

 ローソンではすでに、FeliCaクレジット「iD」を3月に(2月27日の記事参照)、「QUICPay」を7月に導入しており(5月14日の記事参照)、8月23日以降はEdy、iD、QUICPayの3方式が利用できることになる。

サーチ機能付きマルチリーダー/ライターを採用

 単機能のカードであれば問題ないが、おサイフケータイの場合、1つの携帯で複数のFeliCa決済サービスが利用できることがある。今回ローソンでは3方式対応に合わせ、おサイフケータイにインストールされている決済方式をサーチできる機能を搭載したリーダー/ライターを運用する。

 おサイフケータイで支払いをする場合、ユーザー側に向いたPOSレジの液晶画面に、Edy、iD、QUICPayの3種類のボタンが表示される。ユーザーはボタンを押して決済方式を選択してからおサイフケータイをかざすと支払いができる。

 複数のFeliCa決済方式がインストールされたおサイフケータイを先にリーダー/ライターにかざしておくと、液晶画面には、Edy、iD、QUICPayのうち、そのおサイフケータイで利用できる決済サービスのボタンだけが表示される。

ay_edy01.jpg サーチ機能付きマルチリーダー/ライターの利用イメージ
ay_edy02.jpg 液晶画面に表示される、決済方式選択画面

 iDとEdy、QUICPayとEdyなど、2種類の決済方式に対応したリーダー/ライターは増えているが、3方式以上に対応したリーダー/ライターはまだ少ない。複数の決済方式に対応した店舗では、どのようなオペレーションがユーザーにとって使いやすいのか、しばらくはマルチリーダー/ライターの運用も試行錯誤が続きそうだ。

 参考→イオン系スーパーに導入されている、iD/Suica・PASMO/WAON対応リーダー/ライターの場合(4月27日の記事参照)

関連キーワード

Edy | コンビニ | QUICPay| iD | Suica | 電子マネー


Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -