ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天Edy」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天Edy」に関する情報が集まったページです。

Mobile Weekly Top10:
5月分のスマホ決済キャンペーン/グローバルモデルは「グローバル」じゃない?
楽天Edyは、今年(2021年)でサービス開始から20周年を迎えます。ITmedia Mobileも、今年で創刊から20周年を迎えます。運命的なものを感じます……。(2021/5/10)

Edy、Suicaやdポイントの新規設定で計50万円分の山分けキャンペーン おサイフライフ+にて
おサイフケータイ・電子マネーのサービスまとめアプリ「おサイフライフ+」は、合計50万円分の電子マネー/ポイント山分けキャンペーンを開催。5月11日〜5月25日に対象の電子マネー/ポイントを新規設定したユーザー全員が対象。(2021/5/10)

“推しのアクキー”で電子決済 FeliCa内蔵キーホルダー、ソニーが販売 第1弾は「まどマギ」
ソニーが、電子マネー「楽天Edy」の支払いに使えるアクリル製キーホルダー「推し払いキーホルダー」の試験販売を始めると発表。第1弾として、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキーホルダー2種を販売する。(2021/4/30)

「楽天Edy」がサービス20周年の特集ページ公開 最大100万ポイント山分けキャンペーンも実施
電子マネー「楽天Edy」がサービス開始20周年を記念した特集ページを公開した。これを記念したキャンペーン第1弾として、最大100万ポイントの山分けを行う。(2021/4/28)

楽天EdyやモバイルSuicaの利用で最大1万円還元 おサイフライフ+でキャンペーン
おサイフケータイ・電子マネーのサービスまとめアプリ「おサイフライフ+」が還元キャンペーン開催。4月の毎週火曜日に対象の電子マネーを利用すると1決済当たり最大2500円分相当、4電子マネー利用で最大1万円分相当が当たる。(2021/4/5)

スマホ非接触決済サービス、満足度1位は「楽天Edy」 MMDの調査より
MMD研究所は、1月27日に「2021年1月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。総合満足度1位は「楽天Edy」で、利用頻度が最も高いのは「モバイルWAON」となった。(2021/1/27)

利用サービス上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」――MMD研究所のスマホ決済(非接触)調査
MMD研究所が「2021年1月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用サービスの上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」となり、利用検討サービスの上位は「楽天Edy」「モバイルSuica」「Visaのタッチ決済」となった。(2021/1/22)

楽天、148万件の情報流出か 不正アクセス5年間  
楽天は25日、楽天市場や電子決済サービス「楽天Edy」、楽天カードで148万件超の企業や個人情報が流出した可能性があると発表した。(2020/12/26)

楽天市場や楽天Edyに外部から不正アクセス 148万件強の個人情報流出の可能性
楽天、楽天カード、楽天Edyは、社外の営業管理システムに外部からアクセスがあったことを告知した。原因はセキュリティ設定の不備。個人情報の悪用など実害を被った場合、誠意を持って対応するとしている。(2020/12/25)

Androidおサイフケータイの「楽天Edy」がGoogle Playの都度決済で利用可能に ポイントも付与(要設定)
Androidおサイフケータイの「楽天Edy」が、Google Playのアプリやコンテンツの都度決済に対応した。事前に設定したポイントプログラムのポイントをためることも可能で、「楽天ポイント」を登録すれば決済200円ごとに1ポイントが付与される。(2020/10/29)

マイナポイントに楽天ポイント・Edyを上乗せ! 「楽天ペイ」「楽天Edy」でキャンペーンスタート
ポイ活で人気の楽天ポイントがもらえる!(2020/8/19)

「楽天ペイ」「楽天Edy」がマイナポイント上乗せキャンペーンを実施
楽天ペイメントと楽天Edyは、マイナポイントを「楽天ペイ(アプリ決済)」または「楽天Edy」で申し込んだユーザーを対象とした独自の上乗せキャンペーンを開催。最大5800円分の「楽天ポイント」付与などを行う。(2020/8/19)

Mobile Weekly Top10:
楽天モバイルのグループシナジー、発揮なるか?/“一択”な「Pixel 4a」はどこまで売れるか?
楽天モバイルが、楽天グループの決済サービス(楽天ペイ、楽天Edy)と共同で新規契約者を対象とする還元キャンペーンを開始しました。(2020/8/11)

楽天モバイル、コンビニで「楽天ペイ」「楽天Edy」の20%還元キャンペーン
楽天モバイルらは、対象のコンビニエンスストアで「楽天ペイ」「楽天Edy」を利用すると支払い金額の20%分の楽天ポイントを還元するキャンペーンを開催。期間は8月31日まで。(2020/8/3)

非接触決済サービスの満足度は「楽天Edy」、利用頻度は「モバイルWAON」がトップ
MMD研究所は、7月30日に「2020年7月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。非接触決済サービスの利用頻度が最も高いのは「モバイルWAON」で、利用者の約7割が1週間に1回以上利用。上位6サービスの総合満足度1位は「楽天Edy」となった。(2020/7/30)

スマホ非接触決済の利用経験ありは2割、利用上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」
MMD研究所は、7月28日に「2020年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表。利用サービス・利用検討ともに上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」となった。(2020/7/28)

楽天ペイなら計26.5%還元 楽天ペイメントら3社が「マイナポイント」の詳細を案内
楽天グループの楽天カード、楽天ペイメント、楽天Edyの3社は、総務省が実施する「マイナポイント事業」における決済事業者として、各決済サービスで「マイナポイント」への申込受付を7月に開始する。3社は6月17日、各サービスサイトにてマイナポイント事業の特設ページを開設した。(2020/6/17)

Mobile Weekly Top10:
「TCL」ブランドのスマホが日本上陸/楽天ペイが「Edy」を統合(Android版のみ)
Alcatel(アルカテル)やBlackBerryからライセンス供与を受けて、両ブランドのスマートフォンを販売してきたTCL。そんな同社が自らのブランドを冠したスマホを日本で発売しました。取り扱うのは、BlackBerryブランドのスマホを日本に導入したFOXです。(2020/2/13)

「楽天ペイ」が「楽天Edy」と連携 Edyの残高チャージなど可能に 当初はAndroid版のみ
「楽天ペイ」に、電子マネー「楽天Edy」の機能が搭載。楽天Edyの利用登録や、「楽天スーパーポイント」「楽天カード」を利用した残高チャージが可能になった。当初はAndroid版のみ対応する。(2020/2/6)

楽天ペイ(アプリ決済)が「楽天Edy」機能を実装 Android版のみ
Android版の「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリで、おサイフケータイ用「楽天Edy」を直接扱えるようになった。アプリ内からカードを新規発行できる他、ポイントチャージやクレジットチャージ(制約あり)なども利用できる。既に発行済みのおサイフケータイ用楽天Edyを使うことも可能だ。(2020/2/6)

PayPayと楽天Edyが利用率トップ MMDのスマホ決済調査
MMD研究所は、1月23日に「2020年1月 スマートフォン決済利用動向調査」の結果を発表。普段の支払い方法で「現金」が減少した一方、「スマホ決済」が15.3ポイント増加した。QRコード決済/非接触決済の認知・利用検討・利用経験は「PayPay」「楽天Edy」がトップ。(2020/1/23)

残高の確認や受け取りに対応 「楽天Edy」を読み取るiPhoneアプリ登場
iPhone 7以降のiPhoneで、カードタイプの「楽天Edy」の残高を確認できるアプリが登場。Edyギフトの受け取りにも対応している。(2019/10/28)

仮想通貨で電子マネーをチャージ可能に 「au WALLET」「楽天Edy」「nanaco」が対象
ディーカレットが、仮想通貨を使って電子マネーをチャージできるサービスを始めた。「au WALLETプリペイドカード」「楽天Edy」「nanaco」のいずれかの電子マネーに交換できる。(2019/8/21)

仮想通貨から電子マネーにチャージ可能に ディーカレット
ディーカレットが8月21日、仮想通貨から電子マネーにチャージできるサービスを開始した。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類から、au Wallet、楽天Edy、nanacoの3つの電子マネーにチャージできる(2019/8/21)

東北地方最大の「楽天モバイル 仙台一番町店」オープン 同店限定のキャッシュレスキャンペーンも実施
楽天モバイルが仙台市青葉区に東北地方最大の店舗をオープン。これを記念し、同店限定で公式マスコットなどが参加するじゃんけん大会や「楽天ペイ(アプリ決済)」「楽天Edyアプリ」新規利用者へポイントを付与するキャンペーンを行う。(2019/7/12)

吉野家で「iD」と「楽天Edy」 きょうから利用可能に
吉野家が電子マネー「iD(アイディ)」と「楽天Edy(エディ)」を7月4日から導入。吉野家の国内店舗1161店(同日時点)で利用できるようになった。(2019/7/4)

「楽天ペイ」アプリで個人間送金が可能に、最大20%還元キャンペーンも
楽天が、「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリを大幅更新。同社が手がけるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を使った個人間送金機能を実装した他、Android版アプリでは「楽天Edy」アプリへのショートカットも追加した。(2019/3/18)

iPhoneでもEdyが使えるようになる? 新「楽天ペイ」アプリで変わること
楽天が、2019年3月18日に「楽天ペイ」アプリをバージョンアップする。これにより、楽天ペイ、楽天Edy、楽天スーパーポイントを1つのアプリで管理できるようになる。具体的に何が変わるのか? 現時点で分かっていることを整理する。(2019/2/15)

Edyと楽天ポイントを統合した新「楽天ペイ」アプリ、2019年3月に提供
楽天が、新たな「楽天ペイ」アプリを2019年3月18日に提供する。楽天ペイと楽天Edy、楽天スーパーポイントを一元管理できる。従来の楽天ペイアプリをアップデートする形。(2019/2/12)

スマートスタジアム構想を打ち出す楽天:
現金利用不可「楽天生命パーク宮城」と「ノエビアスタジアム神戸」が完全キャッシュレスへ
楽天グループのプロ野球、プロサッカーチームのホームスタジアム2カ所が、完全キャッシュレス化に対応。現金決済の取りやめ、QRコード決済「楽天ペイ」、電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」、各種クレジットカードとデビットカードだけに対応する。(2019/1/10)

モバイル決済サービスの使い方:
「楽天Edy」は対応店舗の多さが魅力 ただしiPhoneで使うには工夫が必要
「楽天Edy」は老舗のモバイル決済サービス。コンビニから飲食店まで幅広い店舗で使えるのが魅力だが、iPhoneで使うには工夫が必要だ。楽天Edyの使い方や、メリット、デメリットを解説する。(2018/10/6)

セブン銀行のATMが「交通系電子マネー」「楽天 Edy」のチャージに対応 10月15日から
セブン銀行が、自社のATMにおいて10月15日から「Suica」「PASMO」を始めとする交通系電子マネーと「楽天 Edy」のチャージと残高確認に対応する。チャージは1000円単位で、手数料などは不要だ。(2018/9/14)

セブン銀行ATMで「Suica」や「楽天Edy」がチャージ可能に 10月15日から
これは便利。(2018/9/13)

セブン銀行ATMで「Suica」や「PASMO」のチャージ可能に 10月から
セブン銀行のATMで交通系マネー9種と「楽天Edy」のチャージや残高確認が可能になる。10月15日から。(2018/9/13)

「楽天ペイ」アプリに「Edy」統合へ 個人間送金も予定
楽天は、「楽天ペイ」「楽天Edy」「楽天スーパーポイント」を1つのアプリで管理できるようにする予定。個人間送金も開始する。時期は未定。(2018/8/7)

「楽天Edyアプリ」、Edyカードのポイントチャージやクレジットカードチャージに対応
Android専用「楽天Edyアプリ」に新機能が追加。端末へ「Edyカード」などをかざすと登録情報を読み取り、Edyカードへのポイントチャージや楽天会員情報に登録しているクレジットカードからのチャージが可能となる。UIも改善し、新機能追加を記念して最大Edy5000円分プレゼントキャンペーンも行う。(2018/7/5)

モバイル決済サービスの使い方:
“おサイフケータイ”を初めて使う人にオススメ 「Google Pay」のメリットを解説
「Google Pay」は、楽天Edy、nanaco、Suica、WAONの電子マネーサービスを一括で管理できる。現在はGoogle Payで支払うと電子マネーが当たるキャンペーンも実施している。そんなGoogle Payを使うメリットを解説する。(2018/6/30)

Google Payが「Suica」と「WAON」に対応 乗り換えるメリットは?
Googleは5月24日、モバイル決済サービス「Google Pay」に「Suica」と「WAON」を追加した。ユーザーは「楽天Edy」と「nanaco」に加え、4つの電子マネーをGoogle Payで一元管理できるようになる。一方、既存ユーザーが乗り換えるメリットはあるのだろうか。(2018/5/24)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

ゲーセンで「Suica」「楽天Edy」などチャージ可能に セガ、今夏展開へ
「Suica」「楽天Edy」などの電子マネーを1台でチャージできる機器を、セガがアミューズメント施設向けに今夏発売へ。(2017/2/10)

楽天カード&楽天Edy、ローソンの支払いで楽天スーパーポイントが2倍たまるキャンペーン
楽天カードと楽天Edyは、ローソンでの支払いに「楽天カード」または「楽天Edy」を使うと「楽天スーパーポイント」が通常の2倍たまるキャンペーンを開始した。第1弾の期間は1月4日から4月2日まで。(2017/1/5)

石川温のスマホ業界新聞:
Apple Payに続いて、グーグル「Android Pay」が日本上陸――楽天Edyのみの対応は「妥協の産物」なのか、それとも…
12月13日、Googleの「Android Pay」のサービスが日本でも始まった。Android 7.0以降で使える「HCE-F」に今後対応するかどうかで、サービスの存在感や寿命は変わってきそうな感じだ。(2016/12/26)

おサイフケータイで実現:
「Android Pay」が日本でも利用可能に まずは「楽天Edy」から
Googleのデジタルウォレット「Android Pay」が、日本においてサービスを開始した。ただし、非接触決済機能は日本国内で広く普及している「おサイフケータイ(モバイルFeliCa)」を利用する。(2016/12/13)

Android向けの決済サービス「Android Pay」、日本でスタート 楽天Edyの対応店舗で支払える
楽天ポイントカードなどさまざまなポイントもためられる。(2016/12/13)

「Android Pay」日本で開始 まず楽天Edyに対応
Android端末向け決済サービス「Android Pay」の日本国内での提供がスタートした。当初は楽天Edyのみ対応する。(2016/12/13)

コナミとセガ、ゲーセンで「Suica」「楽天Edy」など使えるサービス 今秋から試験導入
コナミとセガが、ゲームセンターなど向けに、「Suica」「楽天Edy」「PASELI」などの電子マネーに対応する決済サービスを開発。今秋から一部店舗に試験導入するという。(2016/10/6)

コナミとセガ、ゲームセンターで各種電子マネーを使えるサービス発表 今秋から試験導入
Suica、楽天Edyやnanacoなどのさまざまな電子マネーを1つのシステムで利用可能。(2016/10/6)

業界初、複数の電子マネーに対応したチャージ機 楽天Edyが開発
業界で初めて、複数の電子マネーに対応できる多機能チャージ機を楽天Edyが開発した。(2016/5/27)

auの4Gケータイ「AQUOS K」が「楽天Edy」に対応
auの4G LTEケータイ「AQUOS K」シリーズが「楽天Edy」に対応した。「GRATINA 4G」も6月以降に対応する。(2016/5/18)

「ゲーセンの電子マネー」メリットは? コナミとセガが協業検討、タイトーは楽天Edyとタッグ
アミューズメント施設向け電子マネーをめぐり、コナミとセガが協業を検討。タイトーも楽天Edy付きメンバーカードの発行を発表した。(2016/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。