今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年02月06日 15時45分 公開

楽天ペイ(アプリ決済)が「楽天Edy」機能を実装 Android版のみ

Android版の「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリで、おサイフケータイ用「楽天Edy」を直接扱えるようになった。アプリ内からカードを新規発行できる他、ポイントチャージやクレジットチャージ(制約あり)なども利用できる。既に発行済みのおサイフケータイ用楽天Edyを使うことも可能だ。

[井上翔,ITmedia]

 楽天ペイメントと楽天Edyは2月6日、スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」のAndroid版アプリを更新し、「楽天Edy」を直接利用するための機能を追加した。おサイフケータイを搭載するAndroid端末において、同アプリをインストールまたはアップデートすることで利用できる。

楽天ペイアプリのアップデート後 楽天ペイ(アプリ決済)のAndroid版で楽天Edyを直接扱えるように
アップデートが必要 おサイフケータイ搭載Android端末で、アプリを最新版に更新すれば利用できる

新機能の概要

 楽天ペイアプリにおける楽天Edy機能は、おサイフケータイへの楽天Edyの新規発行、楽天スーパーポイントからの「ポイントチャージ」、楽天カードからの「(クレジット)チャージ」(※1)など、単体の「楽天Edyアプリ」とほぼ同じ使い方ができる。

 楽天EdyアプリやGoogle Pay経由で発行した楽天Edyがある場合は、そのカードをそのまま使うこともできる。逆に、楽天ペイアプリから発行した楽天Edyを楽天EdyアプリやGoogle Payアプリで扱うことも可能だ。

新規発行画面画面 楽天Edyを使っていない場合は、楽天ペイアプリから新規発行可能(写真=左)。新規発行後の画面(写真=右)
Google Pay 楽天ペイアプリで発行した楽天Edyは、楽天EdyアプリやGoogle Payアプリ(写真)でも扱える

 なお、楽天ペイアプリにおける楽天Edyは、以下の機能には対応しない。必要に応じて楽天Edyアプリを別途インストールしよう。

  • 楽天カード以外のクレジットカードによるチャージ(※1、※2)
  • クレジットカードによる「オートチャージ」(※1、※2)
  • 銀行口座チャージ(※3)
  • その他の楽天Edy(カードタイプ)に対するチャージ

(※1)カードを登録した翌日の正午(午後12時)から利用できます
(※2)特定の会社が発行したクレジットカードのみ利用できます。詳しくはこちらを確認してください
(※3)利用開始までに最長で3日間かかります。チャージに対応する金融機関はこちらを確認してください

楽天の上位会員向けキャンペーンも開催(終了時期未定)

 Android版楽天ペイアプリが楽天Edyに対応したことを記念して、「シルバー」ランク以上の楽天会員を対象とするキャンペーンを実施する。

 シルバーランク以上の楽天会員がAndroid版楽天ペイアプリで楽天Edyを登録すると、登録月の翌月上旬に「Edyギフト」200円分がもれなく付与される。付与後、楽天ペイアプリなどで受け取り操作をすることで、楽天Edyの残高として利用できる。

 ただし、このキャンペーンは過去に楽天Edyを使ったことがある端末は対象外となる。

キャンペーン シルバーランク以上の楽天会員向けキャンペーンを実施

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう