ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月27日 07時51分 UPDATE

Vonage、Verizonとの特許訴訟で和解

VonageとVerizonが、1年以上にわたった特許訴訟で和解。Vonageは、Verizonに最高1億2000万ドルを支払う。

[ITmedia]

 IP電話サービスの米Vonageは10月25日、米大手電話会社Verizonとの特許訴訟で和解に至ったと発表した。Vonageは、最高1億2000万ドルの和解金をVerizonに支払う。

 この訴訟は2006年6月、VerizonがVonageを特許侵害で米バージニア州東部地区連邦地裁に訴えたもので、2007年3月には、VonageがVerizon特許3件を侵害したとする評決が下された。Vonageはこれを不服として控訴。米連邦巡回控訴裁判所は9月、特許1件については差し戻したが、残る特許2件については第一審の評決を支持。Vonageは、この特許2件について、再審理を求めている。

 和解金額は、連邦巡回控訴審がVonageによる再審理要求にどう対応するかで決まるという。同社によると、和解金は最高で1億2000万ドルに上る見込みだが、特許2件のいずれかについて再審理要求が受け入れられた場合には、Vonageが支払う和解金は8000万ドルになる。

 Vonageは、この特許訴訟の過程で既に8800万ドルを第三者に預託するなどしており、この和解により新たに費用計上が必要なのは、最高でも3200万ドルとなる。

関連キーワード

特許 | Verizon | IP電話


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.