ニュース
» 2008年03月14日 08時32分 UPDATE

AOL、SNSのBeboを8億5000万ドルで買収

米国3位のSNSを傘下に置くことで、AOLは広告ベースのソーシャルメディア事業をさらに強化する。

[ITmedia]

 米Time Warner傘下のAOLは3月13日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の米Beboの買収で合意に達したと発表した。買収金額は8億5000万ドル。この買収によりAOLは、インスタントメッセージング(IM)サービスのAIMやICQを合わせ、約8000万人のユニークユーザーからなるネットワークを形成できるため、「成長著しいソーシャルメディア界で優位に立てる」としている。

 世界中に4000万人以上の利用者を持つというBeboは、英国では最有力SNSの1つで、アイルランドやニュージーランドでは1位、米国でも3位のSNS。プラットフォーム「Open Media」を各種メディア企業に開放し、MTV NetworksやCBS、BBCなどがBeboユーザーにコンテンツを配信している。

 AOLは、5日に開発者向けプログラムの新版「Open AIM 2.0」を立ち上げ、各種サイトやアプリケーションへのAIM統合をさらに簡易化するため、プロトコルを公開したばかり。ADTECHやBuy.atなどのオンライン広告企業買収に10億ドル近くを投じ、広告事業の拡大に努める一方、昨年17カ国で新サイトを開設、2008年も米国外の30カ国に進出する計画を持つなど、国際化を進めている。Beboについては「AOLのパーソナルコミュニケーションネットワークを完全に補完するものであり、当社をソーシャルメディアの主導的位置につけるもの」としている。

 買収後、Bebo社長のジョアンナ・シールズ氏はAOLのロン・グラント社長兼COO(最高執行責任者)に直属し、Beboの事業運営を継続する。

関連キーワード

AOL | SNS | 買収


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -