ニュース
» 2008年04月26日 07時31分 UPDATE

世界の携帯市場、景気減速の中14.3%増――IDC調べ

ベンダー別では、Nokiaが引き続き首位。LG ElectronicsがSony Ericssonを抜き、4位に返り咲いた。

[ITmedia]

 調査会社の米IDCは4月24日、世界携帯電話出荷台数についての調査結果を発表した。第1四半期(1〜3月期)の出荷台数は2億9160万台で、ホリデーシーズンを含む前期を11.6%下回ったものの、前年同期からは14.3%増加した。

 今後数カ月の見通しについてIDCは、食品や燃料価格の上昇による可処分所得の減少、世界金融市場への懸念、経済成長の鈍化などで世界の携帯市場への圧力が高まるとみる。一方、新興国市場での低コスト携帯への需要が出荷の伸びをけん引するとし、「競争力のある価格設定と、革新的なサービスプラン」が市場全体を支えると予測する。平均販売価格(ASP)は、低コスト端末の需要増により低下するが、成熟市場を中心としたスマートフォンやBlackBerryといった「統合型携帯端末」の伸びにより、ある程度は相殺されるとみている。

 ベンダー別のランキングは、Nokiaがシェア39.6%を獲得して首位を維持。出荷台数は1億1550万台で2〜4位企業の出荷台数合計を上回る。2位はSamsungでシェア15.9%、3位はMotorolaでシェア9.4%。出荷台数が前年同期比40%減だったMotorolaに対し、Samsungは33%増で、2位の座をより確実なものとした。4位はLG Electronics。DivX携帯のViewtyやiPhone対抗機種のVoyagerとVenusなどの各機種が好調で、Sony Ericssonを抜き、2006年初頭以来の4位への返り咲きを果たした。

携帯電話メーカー上位5社の出荷台数およびシェア(2008年第1四半期)
メーカー 出荷台数(単位:百万台) シェア(%) 出荷台数増減(前年同期比、%)
Nokia 115.5 39.6 26.8
Samsung 46.3 15.9 33.0
Motorola 27.4 9.4 -39.7
LG Electronics 24.4 8.4 54.4
Sony Ericsson 22.3 7.6 2.3
その他 55.7 19.1 20.8
合計 291.6 100.0 14.3
(資料:IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -